1. ラブリサーチ
  2. コラム
  3. 遠藤加奈のHコミュニケーション
  4. セックスしたいとき

恋愛コラム 彼ともっと仲良く、愛を深めたい!エッチの後の会話やエッチのテクニックなどHコミュニケーションを学んで、ステップアップ♪

セックスしたいとき (セックス観)

2008.03.14

アナタもある?疲れているのにギンギン!?

男性

「疲れ魔羅」って言葉知ってますか?

「つかれまら」と読みます。

残業続きで体も頭もヘトヘト。だけどなんとなく全体に火照ってる感じ。

徹夜明けで身体はガチガチに凝っていて、頭は眠さを通り越してやたらハイテンション!

なんていうときに、フッと気づくとペニスがギンギンにスタンドアップしていたり、帰り道にネオン街にふらふらと吸いよせられてしまったりすることを言います。

DNAが「子孫を残せ」って命令している、という説もあるんですよ。

あなたはご存知でしたか?

男性の方ならよくある話らしいですね。

寝る前になると、困ってしまうとか…。

とにかく頭も心も疲れていて、通常から考えれば絶対早く寝て体力を取り戻したほうがいいのにも関わらず、アソコだけが別の生き物のように「したくてたまらないんです~!」と自己主張している状態。

男性はギンギン状態がわかりやすいとは思いますが、女性ってどうなの?って思いますよね。

TPOに合わせて、オンナだってエッチしたいときがあります。

女性の場合は疲れているときは「エッチなことなんてしたくもないどころか、考えたくもない」という人が大多数のようです。

しかし、場合と状況によっては疲れているのにエッチしたいと思ったことがあるという人は少なくないようです。

特に多いのがパソコン仕事を集中して行って頭がやたらヒートアップしているときや、疲れ過ぎているのか、やけにハイテンションになっているとき。

そんなときにお酒を飲んだりすると、アソコが疼いてたまらなくなることがあるという女性は意外と多いようです。

疲れてくると、なぜかエッチしたくなる

カップル

女性でも、疲れているときにお酒を飲んで体が火照ってくると、こんな気分になることがあります。

なんだかやけくそみたいな気分になって、どんどん飲んで、じゃんじゃん食べて、明日のことや体力のことなんか気にせずひたすら今を楽しんじゃえ! という刹那的な気分。(私だけ!?)

で、翌日後悔するんです。

昨日の私はおかしかった…なんて。

そんなときに運よくパートナーが隣にいたら、激しくエッチしちゃうと思うんですよね。

日のことも考えず、もちろん仕事のことや時間のことはすっかり忘れ去って、アソコが痛くなるまで頑張ってしまう…。

そんな経験をしたことがある方も多いのでは?


ひたすらエッチで感じると、疲れも吹き飛ぶ

1回、2回といわず、一晩に「もう駄目だ」ってお互い体力が限界になるまでエッチしてしまうこともあります。

ちょっと休んだら3秒もしないうちに眠りに落ちるような限界のエッチをしたり。

そんな、社会人にはちょっとアンモラルなセックスですが、ときにはそんな愛し方もいいと思います。刹那的なセックスという感じですよね。

案外ストレス発散になって楽しいと思うのです。

悶々としていた気持ちがスーッと穏やかになれるかもしれない。

そしてその後、仕事がはかどるかもしれない。

我慢しているよりも、心がすっきりさせた方が、仕事がはかどるという方、結構多いようですよ。

そういったわけで、身体の「疲れ」をとびっきりのエッチで発散させてみるのも、私はオススメします!

⇒「今日も疲れたな…」を「今日はなんだかしたいなぁ」に変えてみる

⇒セックスの平均回数×満足度分布図

遠藤加奈のHコミュニケーションの恋愛コラム一覧

遠藤加奈(LC編集部)

LC編集部 遠藤 加奈 編集・ライター
1975年2月6日生まれ。みずがめ座 AB型
LC編集部として恋愛コラムを筆頭に、女性のお悩みに役立つコラムメルマガを執筆中。
好きなものは仕事の後のビール。

関連記事

2019決算セール
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気のコラムランキング
  1. <%data?clatTitl%>
    1位愛液について。出る仕組み・原因は知ってる?  
  2. <%data?clatTitl%>
    2位騎乗位のやり方をマスターして、自分も感じて楽しむ!  
  3. <%data?clatTitl%>
    3位男性の性感帯を知って彼を気持ちよくさせちゃお!  
  4. <%data?clatTitl%>
    4位コンドームのつけ方【女性のためのコンドーム教科書】  
  5. <%data?clatTitl%>
    5位クリトリス勃起って本当?  
新着情報

コラムカテゴリ

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
page top