1. ラブリサーチ
  2. コラム
  3. LC男子の品格~アダルト編~
  4. エッチのときの照明

恋愛コラム 男子の品格アダルト編、セックスの品格

エッチのときの照明は?

2011.06.17

エッチのときの照明

エッチのときの照明/イラスト1

男性の皆さん。エッチのときの照明って、どうしてますか?

実は照明がついている、ついていない、またそのタイミングで、彼女の燃え方も違ってきます。女性は、どんな照明だとより一層エッチに燃えるのでしょうか…。

本日は、実はエッチのときの大切な要素『照明』について考えたいと思います。

照明 ON or OFF どっちがいい?

実は、暗い方がいいです。その方が、女性は落ち着きます。セックスに没頭できるのです。

男性の中には、明るい方が好きな方もいるかもしれません。はっきり視覚で見えると、より興奮すると言うこともあるでしょう。

でも、女性は煌々と灯った蛍光の下に、全裸をすべてあまねくさらされると落ち着かないのです。ブラジャーやパンティの紐あとが気になったり、

「私のバスト、大きいかしら?」はたまた「小さいかしら?」

「乳首は大きすぎないかしら?」

「そこをあからさまに見られるのは恥ずかしい!!」

いろいろな心配ごとが頭をよぎってしまい、セックスを楽しむところではない…と、気持ちよくなれなくなってしまいます。それは、男性にとっても彼女が感じてくれていなかったら、とても残念なことですよね。

なので、セックスのときは、照明を落としてくれる方が女性にとっては嬉しいです。

その方が女性は安心してセックスに大胆になり、いつもと違う彼女をおねだりしても、見えないなら…と応えてくれる可能性大です!

真っ暗になっちゃうって?

できればメインの照明だけは消して、薄暗がりにしておく、とかいいですね!でも、いきなり真っ暗にして彼女を驚かせ、暗闇の中でお互いをまさぐり合うのも、興奮するシチュエーションかもしれません。

もし男性が消してくれなかったら、女性は「恥ずかしいから、電気消してね」とか、「恥ずかしいから、ちょっと暗くしていい?」と囁いてさっと消してしまいたいほど。照明は明るくない方が、女性はムードを感じるのです。

エッチの時の照明/イラスト2

どのタイミングで消すのがいいの?

部屋に入った最初から薄暗くても、味気ないですよね。
それに『やる気、まんまん?!』なんて彼女に思われてしまうかも。

服を着たままの、キスとかペッティングをしている最中、いちゃいちゃした段階では、まだ消さなくていいと思います。

消してくれたら嬉しい…と思うのは、衣服を脱ぐタイミング。下着を脱いで裸になる直前には、灯りを消して欲しいです。

男性からすると、女性の下着を脱がして裸にする前に、すっと立ち上がって、灯りを消すか照明を薄暗く落としてくれると、 スマートだな…と思います。

彼女の上着やスカートを脱がせた後、自分も上着を脱ぐのと合わせて、立ちあがって消すとタイミングがつかみやすいかもしれませんね!

ラブホテルでは、ベッドインしたときがちょうどいいです。
ラブホによって照明のスイッチや段階ボタンなど、場所に違いがありますから、入って部屋を探索しているあいだにさりげなくどこにあるか、確かめるとよいと思います。

そんな気遣いをしてくれる男性は、女性に好感をもたれますよ♪

●本日のおさらい●

エッチのときの照明は、薄暗くするか、消してしまいましょう。その方が女性は、大胆にセックスできます!

LC男子の品格~アダルト編~の恋愛コラム一覧

森沢ちひろ (ラブグッズアドバイザー)

LC編集部 グッズアドバイザー

1977年1月19日生まれ。やぎ座 A型
グッズの商品企画担当スタッフ。LCのグッズアドバイザーとして日々ラブグッズの企画、製作を行っている。
趣味は旅行、競馬。

関連記事

【アンケートのお願い】
恋愛を徹底調査! ⇒アンケートはこちら

イチゴ幸せ体験談
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気のコラムランキング
  1. <%data?clatTitl%>
    1位前戯のテクニック!女性をトリコにさせる前戯のポイントは?  
  2. <%data?clatTitl%>
    2位気持ちいいセックスを体で感じてセクシーボディに!  
  3. <%data?clatTitl%>
    3位バストでも感じる!そう思っている女性ってたくさんいますよ!!  
  4. <%data?clatTitl%>
    4位女性の性感帯とは!?  
  5. <%data?clatTitl%>
    5位セックスのとき、彼女を感じさせるテクニックとは?  
新着情報

コラムカテゴリ

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top