1. ラブリサーチ
  2. コラム
  3. LC男子研究所
  4. 理想のセックス

恋愛コラム 男子研究所、女子が思う《ちょっとH》な理想の男子

理想の男子セックス論、女の本音

2009.05.07

理想の男子論

いよいよ最終回!第20回目は、ズバリ『理想の男子』。研究員たちの思う、男子にはこうあって欲しい、という理想の姿がみえてきました!

理想の男子論

宮本:男子研究所、いよいよ今回が最終回となりました。ズバリ、理想の男子は?

マミ:シンプルに、怒らない人がいいな。気性が激しいのは日々ハラハラしちゃうし。

恵美:やさしい人ね。おだやかで、あまり神経質じゃないのがいいな。

小夜:ケチはNG。お金がないのはかまわないけど、ないならないなりに、2人で楽しみ方を見つけたいですね。

美奈子:自分が怒っているから、仕事が忙しいからって、女子にあたるのは許せないな。気を遣えないくらいイライラしているのはいや。

恵美:私は自分も、PMSとかでイライラしちゃうときがあるんだけど、こっちの気分をうまくいい方向にそらしてくれるような男子は頼もしいですね。

宮本:みなさん男子には穏やかさや、気さくな感じ、やさしい雰囲気を求めているのですね。

美奈子:異性でも同性でも、友達付き合いが上手な人がいい。

恵美:相手の気持ちをわかってあげられますもんね。

マミ:女子から女子の情報をちゃんと聞いているし、きちんとした友達付き合いができる人に変な人はいませんよ~。

小夜:このあいだ、男子3人、女子2人で家飲みをしたんですけど、うち2人はカップル。その彼氏の方が、残りの男子2人に比べて、すごくいろんなことに気づくんですよ。椅子をさりげなく運んでくれたり、皿洗いを手伝ってくれたり…。

美奈子:もしかして彼、女兄弟がいない?

小夜:いますいます!わざとらしくなく気が利くんですよ、すごくいいなと思いました。

宮本:女子の気まぐれに慣れていて、関わってきてくれる男子…。

恵美:ないがしろにせず、かまってくれる、話をきいてくれる、ちょっといじってくれる、それだけでいいんです。

マミ:ああ、どうせ気分が悪いんだろ、って感じで放って置かれるのはやですね。

美奈子:放っておくなんで論外! たまには女子をお姫様気分にしなくちゃ!

小夜:でも、女子の一挙手一投足に左右されすぎるのも「小さい」気がしません?

マミ:とにかくどんな状況でも、おおらかにポジティブに構えていて欲しいんですよね。

恵美:寡黙でいて、暗いわけじゃなく、よく話を聞いて、前向きな人!

全員:いいですね~!

マミ:寡黙…素敵だけど、案外ただ何も考えてないだけかも知れないですけどね。

小夜:それでも、ネガティブ、いじわる、ズル賢くなければイイんです。

宮本:やさしく、おおらかでポジティブ。男子諸君のハードルはまだまだ高い!かもしれませんが…。細かいことを気にするよりは、ど~んと構えているのがイチバンのようですね!もしかしたらこれは、女子にも言えることなのかもしれません。

~あとがきにそえて LC編集部:宮本愛~

今回20話に渡り、あらゆる角度から男子を研究してきました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

さて、私たち5名で多くを語ってきました。今回のコラムにあたり、こんなことを学びました。

人は鏡。ここで出てきた話は、自分達への反省や改善点なのかもしれません。男子も女子も、お互いをしっかり見て、楽しく付き合っていきたいものですね。もちろんおおらかに!それではまた、お会いできる日を楽しみにしています。


LC男子研究所のTOPに戻る
⇒【PC専用】LC男子研究所に戻る

LC男子研究所の恋愛コラム一覧

宮本 愛 (LC編集部)

LC編集部。
編集部では、遠藤加奈を始めとしたスタッフが、女性のお悩みを通じて、楽しく役立つ情報をお届けするコンテンツを企画、制作しています。

関連記事

リビドーがあったなら

さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
平泉春奈さんコラボ企画

【平泉春奈さんコラボ】連載恋愛小説スタート!

人気のコラムランキング
  1. <%data?clatTitl%>
    1位前戯のテクニック!女性をトリコにさせる前戯のポイントは?  
  2. <%data?clatTitl%>
    2位気持ちいいセックスを体で感じてセクシーボディに!  
  3. <%data?clatTitl%>
    3位バストでも感じる!そう思っている女性ってたくさんいますよ!!  
  4. <%data?clatTitl%>
    4位女性の性感帯とは!?  
  5. <%data?clatTitl%>
    5位セックスのとき、彼女を感じさせるテクニックとは?  
新着情報

コラムカテゴリ

バックナンバー

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top