1. ラブリサーチ
  2. コラム
  3. 遠藤加奈の恋愛&デート
  4. 実家泊り

恋愛コラム 恋愛・デートのちょっとHなラブコラム

実家でのデート!彼の家に行くときに気をつけるポイントって?

2008.03.15

パートナーの家族、何て呼んでる?

カップル

あなたはパートナーとのお付き合いどれくらいですか?私は結構長くて、う~ん…5年くらい、かなぁ。お付き合いが長くなると、当然彼の家に遊びに行ったり、逆に自分の実家に遊びに来てもらうことも出てきます。実家でデートですね。

このとき1番困るのが、彼のお父さん、お母さんの呼び方。こればっかりは、いつも口ごもるんです。

まだ結婚しているわけではないし、これから結婚するかも分からない。実家でデートの気まずいところ。ただ「今はいいお付き合いをさせて貰っていて、とても好き。仕事のことも理解している居心地のいい相手」という状態。

だからどうしても「お義母さん、お義父さん」と呼ぶのは気が引けるんですよね。

でもでも、意外と周りの友達に聞くと「自然にお義父さん、お義母さんとか呼んじゃう」「おじさん、おばさんだね」など、多種多様。実家でデート、あなたはどうでしょう?

いざ!彼の実家泊りデート!

カップル

そして、彼の実家へいざ!(遊びに行くだけだけど)となると、もちろん手土産は必須。彼に何が好きかを聞いておいて、それをわざわざ買いにいったり、いつもより綺麗な格好をしたりと…。結構面倒だったりもしますが「もし、いつか結婚したら?」という気持ちもなくはないので、いい関係を作っておくに越したことはないと思うんです。

素敵な彼の両親にはやはり気に入られたい、と。好みのお菓子にしても、お食事にしても常に抜け目ない私。素敵な結婚へのコツなのかしら。ふふふ。(予定はないんだけど…。)

そして、何度か遊びに行ったりすると、公認の仲に発展。そうするとですね。じわじわと出てくるのが「彼の実家にお泊り」のお誘い。

「加奈ちゃん今度●●祭があるから、小旅行がてら泊まったら?」
なんて気軽に言って頂ける。お泊り?!だとすると…。

このときくらいは辛抱、我慢!!

カップル

そうです!ここでチェックポイント!!彼の実家へお泊まりの際、「イチャイチャ&エッチ」はセーブよ、セーブ!!このときばかりは辛抱我慢!!

寝るときはお客様用のお部屋にひとりで寝るのですが、遅くまで2人でテレビを見ていたりすると、当然、イチャイチャしたい気分になっちゃう。

だけどここは彼のご両親のお家であって、彼の家ではない。そう思って、彼の両親の家のなかでは、できるだけイチャイチャもせず、もちろんセックスはせず、キスもしません。これは私なりの泊りデートの礼儀。

もちろん自分の実家でも同じ。加奈が生まれ育った場所ではあるけれど、両親の家であって自分の家ではない。自分の家は、今、ひとりで暮らしている東京のマンション。そこでは何をしても許されるけど、実家では血の繋がった両親とはいえ、一種の礼儀を持たないと。

身近でつい甘えたくなる存在だからこそ、恋人のような神経を使う人を家に呼ぶときは、両親を立て、気を遣うことにしています。
そんな気遣いを持っていると、彼と私の両親が自然に仲良く、なんてこともあるから。

開放されたときの私ときたら…!

カップル

で、泊まりデート終了!「お世話になりました~!」と言って彼の実家の玄関を後にした途端…!

彼にピトッとくっついたり、寄り添ったりして思う存分イチャイチャを楽しむ!も、もちろん彼のご両親が完全に見えなくなってから。(2回は振り返ってみる私。抜け目ない遠藤加奈。)これが私のやり方なのです。

人影のないところで、チュッてしてみたり、わざと顔をくっつけて話を聞いてみたり…!

このイチャイチャがね~~!!禁欲を破ったときのような爽快感があって、なんとも言えないんですよ(笑)。

私はこんなふうに彼のご実家とお付き合いしていますが、みなさんはどんなふうにお付き合いしていますか?

遠藤加奈の恋愛&デートの恋愛コラム一覧

関連記事

レモン2019
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気のコラムランキング
  1. <%data?clatTitl%>
    1位愛液について。出る仕組み・原因は知ってる?  
  2. <%data?clatTitl%>
    2位騎乗位のやり方をマスターして、自分も感じて楽しむ!  
  3. <%data?clatTitl%>
    3位男性の性感帯を知って彼を気持ちよくさせちゃお!  
  4. <%data?clatTitl%>
    4位コンドームのつけ方【女性のためのコンドーム教科書】  
  5. <%data?clatTitl%>
    5位クリトリス勃起って本当?  
新着情報

コラムカテゴリ

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top