1. ラブリサーチ
  2. コラム
  3. 夫婦で考える不妊と子宮とセックスの話
  4. 知らないうちに不妊の原因に―子宮の健康を脅かす性感染症って?

恋愛コラム 山本尚恵さんの不妊コラム

知らないうちに不妊の原因に―子宮の健康を脅かす性感染症って?

2014.11.26

性感染症は、相談しにくい悩みのトップ

女性の写真


セックスの悩みは人に相談しにくいものですが、「性感染症」いわゆる性病に関することは、特に相談しにくいのではないでしょうか。

性感染症の疑いがあっても自身でその悩みをため込んでしまい、恥ずかしさから病院を受診こともできず、結果として症状が進んでしまうこともしばしばあります。

しかし、そうしたことがきっかけとなり、不妊になってしまうケースも少なくありません。
そこで今回は、不妊と性感染症の関わりについてお話しします。


性感染症のはじまりは、おりものから

その前にまずは女性の皆さん、自分のおりものの様子を日々チェックしていますか?子宮頚管(子宮と膣を繋ぐ部分)や膣から分泌されるおりものには、膣内に雑菌が侵入するのを防ぐ働きがあります。そして、もしも菌に感染した場合、おりもののニオイや形状が変化して、異常を知らせてくれるのです。

つまり、おりものに異常がある=膣~子宮になんらかの異常がある可能性が高い、ということ。特にこんな症状の場合は要注意です。

・黄色いおりもの
トリコモナス膣炎に感染している可能性があります。強いかゆみを伴う場合は、ほぼ間違いないと言われています。トリコモナスでなくとも、おりものが黄色い場合は膣炎をおこしている可能性が高いので、病院を受診したほうがよいでしょう。

・白くてボロボロしたおりもの
白くてヨーグルトや豆腐のカスのようにボロボロしたおりものの場合、カンジダ症に感染している可能性大です。カンジダ症は、カビの一種であるカンジダ真菌の異常増殖によっておこり、強いかゆみを伴います。パートナーにも感染している可能性があるので、相手の性器にかゆみや湿疹などの異常がないか確認し、あれば病院を受診してもらいましょう。

そのほか、おりものの量が急激に異常なほど増えたり、排卵期でもないのに常に量が多かったりする場合、性感染症でなくとも異常があることが考えられます。

おりものの異常は、病気のサイン。まずは自分のおりものを、しっかりとチェックしてみましょう。


妊娠したい人は要注意、不妊の原因になるクラミジア感染症

しかし、いくら注意していても、感染したことに気づきにくい性感染症もあります。その感染症の名前は、クラミジア感染症。近年、男女ともに感染者が増加している病気です。

そして、このクラミジアが、不妊の原因を引きおこしてしまう性感染症なのです。具体的には以下のような影響があります。

目立った自覚症状がないので、病気が進行しやすい
       ↓
病気が進行することで、子宮や卵管へと炎症が広がる
       ↓
炎症をおこした卵管が癒着すると、卵子や受精卵の通るすき間がなくなり、不妊の原因になる

実際、卵管障害の約6割は、クラミジアに感染したことが原因といわれています。もっとひどくなると、卵管が完全に周囲と癒着してしまい、子宮外妊娠をおこすこともあります。

クラミジアのおもな感染ルートは、性行為による性器の接触。クラミジアに感染した人とセックスすると、うつる可能性があります。たった1回のセックスでも感染することがあるので、気になる人は、検査を受けてみるとよいかもしれません。

ちなみに、不妊治療の検査には、性感染症を検査する項目があります。現在かかっているかはもちろん、抗体を調べるので、過去にかかっていたかどうかもチェックできます。


クラミジアの治療はパートナーと一緒に

カップルの写真


クラミジアの感染が認められる場合、2週間ほど抗生物質を服用するのが一般的な治療法です。治療の際の最大のポイントは、「必ず夫やパートナーと一緒に治療を行うこと」です。病院は一緒でなくともよいですが、治療は同時進行で行ってください。

自分だけが治療をしても、相手が感染したままでは、再び感染してしまう可能性があります。必ずパートナーと一緒に治療をすること。これが、完治させるためのとても重要なポイントなのです。

思わぬ不妊の原因となってしまうこともある、性感染症。感染や進行を防ぐためには、おりものをはじめ、体調の変化に気を配ること、そして、気になる人はその都度検査にいくことです。

性感染症になってしまった場合、後ろめたさや恥ずかしさが先に立つかもしれませんが、自分の体やこの先産まれてくる赤ちゃんのことを考え、勇気を出して、治療の一歩を踏み出してみてください。


夫婦で考える不妊と子宮とセックスの話の恋愛コラム一覧

山本尚恵

山本尚恵

PR会社、マーケティングリサーチ会社、モバイルコンテンツ制作会社などでの勤務を経て、2009年よりフリーランスのライターに転身。
おもに妊娠や不妊に関する執筆を手がけ、医師や専門家への取材も多数。2014年4月に発売された「不妊治療ステップアップベストガイド」の執筆を担当。

詳細を見る

関連記事

【お知らせ】

2019/4/19
ゴールデンウィークの休業について

ジャムウツアー
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気のコラムランキング
  1. <%data?clatTitl%>
    1位愛液について。出る仕組み・原因は知ってる?  
  2. <%data?clatTitl%>
    2位騎乗位のやり方をマスターして、自分も感じて楽しむ!  
  3. <%data?clatTitl%>
    3位男性の性感帯を知って彼を気持ちよくさせちゃお!  
  4. <%data?clatTitl%>
    4位コンドームのつけ方【女性のためのコンドーム教科書】  
  5. <%data?clatTitl%>
    5位クリトリス勃起って本当?  
新着情報

コラムカテゴリ

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top