1. ラブリサーチ
  2. コラム
  3. 経済とセックスの移り変わり
  4. 経済とセックスの移り変わり その2 江戸時代ラブ&セックス

恋愛コラム あの時代、この時代…男女はどうだった? セックスと経済の移り変わり

江戸時代の結婚とセックスとは?歴史から現代性事情のルーツを探る!

2015.08.27

近くて遠い江戸時代の上流階級の結婚観

桜模様の内掛け

江戸時代は現代から見ると、近くて遠い観がありますね。とくに恋愛面についてはそうです。武士などの身分の高い家、あるいは大商人といったお金持ちの家に生まれた女性は、贅沢な生活ができますが、恋愛の自由はほぼ、ありません

初恋もまだなのに政略結婚させられてしまう例はよくありました。離婚歴は当時の女性にとって特に問題ではなく、結婚生活こそが女の仕事なのですね。いかに多くの子を授かれるかも大事ですから、セックスも重要視されました。

上流階級の女性は結婚前に春画を見せられ、性教育を受けたといいますよね。しかし、その内容は、おとなしいものばかりではありませんでした。生理期間中に夫がエッチしたがったら手や口を使って、もしくはアナルセックスで対応してあげるのが「理想の妻」とされる場合も…。上流階級の女性も、「理想の妻」の美名のもとに、刺激的なプレイを案外、経験していたのかもしれません。他の女性に夫を取られないように、夫の気持ちを惹きつけるために必死ということでもあるでしょうが。

結婚後に恋が始まる、江戸時代庶民の恋愛感

江戸時代の街並み

一方、庶民の恋愛事情は自由かと思いきや、別の意味で世知辛いのです。庶民は現代のワンルームマンションくらいの広さの長屋の個室で、一家全員で暮らしています。長屋の家賃は一ヶ月で(現代の価値で)一万円弱ほど。かなり安いため、マジメで、稼げる男性を見つけ、実家をなるべく早くに出て行くのが親と娘の両方にとって、ベストな選択肢でした(当時は14~15歳くらいで成人したとみなされました)。

ある女性との結婚を意識すると、庶民の男性は女性に、現代のように指輪ではなく、櫛を渡すことがありました。「く」るしく、「し」んどい生活かもしれないが、僕はあなたと共に生きていきたい…という願いを込めての櫛でした(ちなみに離婚するときは、夫にその櫛を投げつけることも)。

しかし庶民とはいっても、高給取りとされる職業(大工や、売るのがうまい行商人)の男性の妻になれば、現代の価値で月収50万円以上に相当する暮らしもできました。江戸時代の夫婦は、恋愛の結果ではなく、人生をともに生き抜くためのユニットとしてまずは結成、結婚後にお互い惚れていくイメージですね。

セックスも、子どもをたくさん授かって、自分たちの仕事を手伝ってもらわねばなりませんでしたから上流階級とはまた別の意味で、重視されました。恋愛事情はともかく、セックスは隣近所の目があるので、庶民は外でするのが基本です。基本は川辺の土手の物陰や農村部なら畑や山の中で、少しお金がある人はラブホテルに相当する出会い茶屋の個室を使いました。上流階級の話にも出てきましたが、庶民の男女が避妊目的でアナルセックスをすることもあったようです。

唯一恋愛の自由があった、江戸時代の小金持ち

江戸時代の商店

セックスの話はすこし横において、甘い恋愛を楽しめる人たちもいました。それは大金持ちでも庶民でもなく、小金持ちというべき人たちです。彼らにはモラトリウム期間がありました。つまり恋愛の自由が、「避妊に気をつける」とか、「結婚するまで」という期間限定ですが、ちゃんとあったのです。

たとえば「八百屋お七」の名前で有名になった若い女性がいます。井原西鶴の『好色五人女』にはこのお七が、火事の避難所で知り合った吉三郎というイケメンがどうしても忘れられず、彼がお寺に勤めるお小姓であると知ると会いたくて、親や使用人が寝しずまった深夜を狙い、彼の寝床に忍び込むという大胆なシーンがあります。

なお、お七は家を出ようとしていたとき、家で働いている女性に気付かれてしまったのですが、彼女はお七の邪魔はせず、避妊具として使われていた紙を、そっと手渡してくれました(江戸時代の避妊法の一つとして、和紙を女性器の中に折りたたんで入れました。あまり効果は期待できなさそうですが)。恋愛とはいっても、普通のデートは人目について噂になってしまうので、セックス一本勝負というイメージですね。

その夜は、お七から吉三郎に強引に乗っかっていって、思いを遂げることができましたが、その後はどうしても会いたくて、会えなくてということが続きました。「会いたくて震える」以上に心が病んでしまったお七は、「また火事があれば吉三郎さんと会えるかも」と放火。死罪になってしまったのでした。江戸時代も本気の恋は人を盲目にさせてしまったのですね。


経済とセックスの移り変わりの恋愛コラム一覧

堀江 宏樹(ほりえ ひろき)

1977年、大阪府生まれ。古今東西の恋愛史や、貴族文化などに精通。
『乙女の日本史』『女子のためのお江戸案内~恋とおしゃれと生き方と~』など、歴史を新しい切り口で紐解いた人気書籍を多数執筆している。

9月30日『三大遊郭 江戸吉原・京都島原・大坂新町』(幻冬舎)発売。
10月『乙女の真田丸』(主婦と生活社)発売予定。
橙通信/堀江宏樹ブログ http://hirokky.exblog.jp/

詳細を見る

関連記事

夜
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気のコラムランキング
  1. <%data?clatTitl%>
    1位前戯のテクニック!女性をトリコにさせる前戯のポイントは?  
  2. <%data?clatTitl%>
    2位気持ちいいセックスを体で感じてセクシーボディに!  
  3. <%data?clatTitl%>
    3位バストでも感じる!そう思っている女性ってたくさんいますよ!!  
  4. <%data?clatTitl%>
    4位女性の性感帯とは!?  
  5. <%data?clatTitl%>
    5位セックスのとき、彼女を感じさせるテクニックとは?  
新着情報

コラムカテゴリ

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top