1. ラブリサーチ
  2. コラム
  3. LCカラダ相談室
  4. 月経の症状

恋愛コラム LCカラダ相談室、ドクター関口がお悩みにアドバイス

月経の症状、これは何?どうしてる?

2008.03.17

月経にまつわる諸症状

≪CASE No.5:Eさん/30歳≫

月経にまつわる諸症状

28歳くらいから、月経前1週間くらいから月経終了まで下腹部の重い感じが持続するようになった。
月経の量も以前より増え、会社の検診では常に貧血を指摘されている。
婦人科を受診したが子宮筋腫や子宮内膜症は否定された。婦人科では、漢方薬かピルの服用をすすめられたが、 どちらにしようか迷っている。

≪アドバイス≫

女性医療では、よく言われることですが、10人くらい子どもを生んでいた時代の女性は、一生のうち20回くらいしか月経がなく、月経痛とも無縁の生活を送っていました。人類が子どもを1~2人しか生まないのを好むようになったのは、ここ50年くらいの現象です。

現代では、女性は、12歳―50歳の間に300回から400回も月経になります。月経とは子宮壁の最内層の子宮内膜という粘膜層が、卵巣が分泌するホルモンの影響をうけて、周期的にあつくなりそれが剥がれ落ちる現象です。これに伴って出血します。

毎月あるので、女性は、月経があるのが自然と考えていますが、 こんなことが他の粘膜(たとえば口の中とか、目の中とか…)に 起こったらと考えるとちょっとゾッとします。

この多すぎる排卵と月経が現代の婦人病の原因と言われているのです。よって排卵を抑えて月経を起こさないようにするのが、月経にまつわる諸症状の治療としては即効性があります。

排卵を抑えるもっとも確実な方法は、“妊娠”です。次に確実なのは、“ピル”をのむことです。 “ピル”には、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つが含まれ、これにより排卵を抑制します。よって避妊が目的の薬ですが、 現在避妊以外にも、生理周期の変更や月経困難症の緩和に広く用いられています。

しかし使用に際して注意しなければならないことがあります。喫煙者が内服すると血栓症のリスクが高まるため禁煙が必要なのです。さらに内服中は、年1~2回の定期的な血液検査、乳房検診、子宮癌検診なども受けるべきです。

東洋医学や代替医療という選択も

即効性を求めないのであれば、東洋医学や代替医療もお勧めです。 漢方、鍼灸、アロマセラピーetc…は、 ホルモン・免疫・自律神経のバランスを改善し健康な生活をとりもどすための重要なツールです。しっかり行えば月経不順ととものいろいろな体調不良が改善され、健康な体を取り戻すことができます。しかし東洋医学や代替医療で月経のトラブルを改善しようと考える場合は、ベースに“養生”は欠かせません。

起きる時間と寝る時間、そして食事時間は、最低限一定にして規則正しい生活を送り、さらに可能ならば食事と運動と休養にこだわらなければなりません。患者さんのよく説明することですが、世の中のすべての事象のリスクとリターンは 長い目でみれば一致しています。ローリスク・ハイリターンは、めったにありません。つまりある一定の確率で大きな副作用がでる治療は、そのリスクを理解して管理すれば即効的に大きな効果が得られます。

反対に副作用が少ない治療は、 効果を出すためには時間と本人の努力が必要なのです。治療法の選択は、自分自身で行ってください。 医師は、情報を差し上げ、自己決定のお手伝いをします。

“納得して自分で選択する。”ことが女性の人生ではとても大切なことです。

⇒生理周期のチェックに『LC女性のカラダ手帳』


関口先生のカラダ相談室のTOPに戻る
⇒関口先生のカラダ相談室のTOPに戻る

LCカラダ相談室の恋愛コラム一覧

関口由紀

横浜元町女性医療クリニック・LUNA理事長

1989年 山形大学医学部卒業。横浜市民病院臨床研修医を経て、1991年 横浜市立大学医学部泌尿器科助手。

その後横浜南共済病院、横浜市立港湾病院、横浜市立市民総合医療センター勤務を経て、2007年 横浜市立大学大学院医学部泌尿器病態学修了、客員准教授となる。

2009年 日本大学大学院グローバルビジネス研究科(MBA)修了
現在、横浜市立大学医学部付属病院で、女性泌尿器科外来を担当。
漢方に関しては、1994年より漢方の大家、丁宗鉄先生に師事し研鑽を行う。
2000年4月 日本東洋医学会専門医取得。
2004年4月 日本東洋医学会指導医認定。
2005年4月 横浜元町女性医療クリニック・LUNAを開設。
2007年3月 医療法人 LEADING GIRLSとして、新たなる出発。
2008年6月 婦人科を分院し、女性医療クリニックLUNA・ANNEXを開設。
2009年5月 骨盤底トレーニングンターとして、併設していたLUNA治療院を拡大。

詳細を見る

関連記事

イチゴ総合
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気のコラムランキング
  1. <%data?clatTitl%>
    1位前戯のテクニック!女性をトリコにさせる前戯のポイントは?  
  2. <%data?clatTitl%>
    2位気持ちいいセックスを体で感じてセクシーボディに!  
  3. <%data?clatTitl%>
    3位バストでも感じる!そう思っている女性ってたくさんいますよ!!  
  4. <%data?clatTitl%>
    4位女性の性感帯とは!?  
  5. <%data?clatTitl%>
    5位セックスのとき、彼女を感じさせるテクニックとは?  
新着情報

コラムカテゴリ

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top