1. ラブリサーチ
  2. コラム
  3. LCカラダ相談室
  4. 長くセックス

恋愛コラム LCカラダ相談室、ドクター関口がお悩みにアドバイス

長くセックスを楽しむためには?

2008.05.16

セックスライフについて、世界での取り組み その1

≪サンディエゴ・国際女性性機能学会にて≫

国際女性性機能学会とは?

みなさんこんにちは、おひさしぶりです。 女性医療クリニック・LUNAの関口由紀です。 今月は、2008年2月にカリフォルニアのサンディエゴで行われた 国際女性性機能学会の話題を2回に分けて報告します。 この国際女性性機能学会という会ですが、3日3晩かけて女性のセックスを真面目に討論しあう学会です。 今回は女医2名で参加したのですが、 初めて参加したK医師は、

“なぜみんなこんなに真面目に セックスの話題を話し続けられるのだろう”

と2日目あたりから、やや恐縮ぎみでした。 私は、前回は3年前に参加したのですが、 そのときと比べての印象は、 アメリカ人は大変だなということと、 研究はどんどん進んでいるんだな、という2つでした。

女性性機能障害とは?

以前にも書きましたように 女性性機能障害には大きく分けて

1)性的意欲障害

2)性的興奮障害

3)オルガズム障害

4)性行疼痛症

の4分類があるのですが

以前はこの4分類にほぼ等分に報告があったのです。 しかし今回圧倒的に報告が目立ったのは 1)性的意欲障害に関するものでした。

2日目の夜の懇親会の席上で、 学会会長に英語の堪能なK医師が 果敢に質問したところによりますと、 地位も名誉もお金も手に入れたアメリカの 男性エグゼクティブの最大の悩みは、 妻の性機能障害だとのことです。 50歳をすぎると女性の性的意欲(セックスなど)が 低下していく傾向があるのは、 全世界的に認められた現象です。

日本でも売春は違法ですが、アメリカでは、 文化的・宗教的に、エグゼクティブが、 売春婦を買ったことがばれた場合の社会的制裁は、 日本などとはくらべものにならないほど厳しいので、 社会的地位が高いカップルほど、 セックスする相手は配偶者に限られます。

妻が性機能障害に陥った場合、 男性エグゼクティブがセックスするためには、 高額な治療費も惜しげなく支払うそうです。 そして妻は愛する夫のために、 必死に治療するわけです。大変ですよね。

研究に関しては、骨盤底筋群のトレーニングが、 性機能を改善するということは 骨盤底体操を初めて提唱した ケーゲル先生が指摘しているのですが、 さらにこれを裏付ける報告がでていました。 また性的意欲を高める薬物療法が、 いくつか報告されておりました。 (次回に説明します。)

長くセックスを楽しむためには

ところで女性性機能障害の リスクファクターがあります。 Claytonらによれば、

50歳以上である。 結婚している。 大学卒ではない。 フルタイムの仕事をしていない。 喫煙している。(1日6~20本) 多量の抗うつ剤を飲んでいる。 多種類の薬を飲んでいる。 性機能障害を引き起こす病気にかかっている。 以前にうつ病の治療で、性機能障害になったことがある。 セックスを楽しんだ経験がない。 性機能を人生における重要ファクターと考えていない。

などが女性性機能障害の頻度を高める ファクターであるとのことです。 ところでどんな病気が 性機能障害を起こすかと申しますと、

糖尿病(潤滑障害)喫煙(全て)、 高血圧(潤滑障害とオルガズム障害)、 人工透析(膣の充血障害)、 腹圧性尿失禁(全て)、 精神疾患(オルガズム障害、性交疼痛症)

などが有名です。 また膣萎縮がすすむと性機能障害になるのですが、 そのリスクファクターとしてはCastelo-Brancoらが、

加齢、低女性ホルモン状態、 低男性ホルモン状態、2つ以上の病気を持っている、 多種類の薬を飲んでいる、生活が不規則である、 喫煙者である、セックスの回数が少ない、 経膣分娩をしていない等を挙げています。

こうしてみると喫煙は、女性性機能障害の 大きなリスクであることがわかります。 長くセックスを楽しむためには、 女性には禁煙が必要なようです。

 

関口先生のカラダ相談室のTOPに戻る
⇒関口先生のカラダ相談室のTOPに戻る

LCカラダ相談室の恋愛コラム一覧

関口由紀

横浜元町女性医療クリニック・LUNA理事長

1989年 山形大学医学部卒業。横浜市民病院臨床研修医を経て、1991年 横浜市立大学医学部泌尿器科助手。

その後横浜南共済病院、横浜市立港湾病院、横浜市立市民総合医療センター勤務を経て、2007年 横浜市立大学大学院医学部泌尿器病態学修了、客員准教授となる。

2009年 日本大学大学院グローバルビジネス研究科(MBA)修了
現在、横浜市立大学医学部付属病院で、女性泌尿器科外来を担当。
漢方に関しては、1994年より漢方の大家、丁宗鉄先生に師事し研鑽を行う。
2000年4月 日本東洋医学会専門医取得。
2004年4月 日本東洋医学会指導医認定。
2005年4月 横浜元町女性医療クリニック・LUNAを開設。
2007年3月 医療法人 LEADING GIRLSとして、新たなる出発。
2008年6月 婦人科を分院し、女性医療クリニックLUNA・ANNEXを開設。
2009年5月 骨盤底トレーニングンターとして、併設していたLUNA治療院を拡大。

詳細を見る

関連記事

グッズQA
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気のコラムランキング
  1. <%data?clatTitl%>
    1位愛液について。出る仕組み・原因は知ってる?  
  2. <%data?clatTitl%>
    2位騎乗位のやり方をマスターして、自分も感じて楽しむ!  
  3. <%data?clatTitl%>
    3位男性の性感帯を知って彼を気持ちよくさせちゃお!  
  4. <%data?clatTitl%>
    4位コンドームのつけ方【女性のためのコンドーム教科書】  
  5. <%data?clatTitl%>
    5位クリトリス勃起って本当?  
新着情報

コラムカテゴリ

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top