1. ラブリサーチ
  2. コラム
  3. LCカラダ相談室
  4. 寝室事情

恋愛コラム LCカラダ相談室、ドクター関口がお悩みにアドバイス

となりの寝室事情を視聴して(2)

2008.06.23

DVD“となりの寝室事情”視聴して その2

夫婦/コミュニケーション

今回はDVD“となりの寝室事情”の第2巻と、第3巻の話題です。第2巻は、夫婦のコミュニケーションを高めるためには、夫婦体操・マッサージが必要だという内容です。

また会話の重要性も説いています。さらに出産後の膣のゆるみを改善するための骨盤底体操(ゲーゲル体操)を指導してDVDは終わります。

ところでケーゲル先生が、ケーゲル体操を、尿失禁とセックス両方に有効だと言ったのは、1940年代です。これは実にすごいことなのです。

このころは、アメリカではジョンウェインとかが西部劇をしていた時代で、セックスの際、夫は妻を喜ばせることが必要であるという意識は希薄でした。

妻にしても夫のためにケーゲル体操するなんて、とてもはしたない時代だったのです。

DVDでは、骨盤底筋を自覚するのに、排尿を止めようとするときに動く筋肉と説明されていましたが、最近は、骨盤底筋群を自覚するために排尿を止めることを、積極的には、勧めなくなくなっています。

排尿するときに常に骨盤底筋を締める癖がついてしまい、このため骨盤の痛みや、排尿困難などをうったえる患者さんがでてきたからです。

しかし1ヶ月に1回くらい骨盤底筋群体操の成果をみるために排尿を止めてみるくらいならばオーケーです。 どこを締めたらよいか分からない人は、代わりにまずはおならを止めてみてください。

実は、40歳をすぎると男も女もおならを我慢することができない人が増えてきます。そしておならを止める自信がついたら、さらに、パートナーのペニスを締めるイメージで膣をしめると、さらに尿もれ予防と治療に効果があります。ちなみに骨盤底体操の仕方も書いておきます。

骨盤底体操の仕方

1:まずは、姿勢を正して立つ。呼吸は自然に続けたまま、片手ずつ、お腹とお尻に手をあてる。

2:その姿勢のまま、身体に余計な力を入れずに、膣と肛門を軽くキュッと締めてみる。2~3回繰り返し締めたり、ゆるめたりをしてみる。

3:今度は、ゆっくりした動きでギューッと締める。そしてゆっくり緩める。これを2~3回繰り返します。

4:次は肛門や膣を締める意識にプラスして、骨盤底筋全体を身体の中に引き込むようにゆっくりグーッと持ち上げてみる。そしてゆっくり緩める。これも2~3回繰り返す。
この動作を、予防なら1日1~3セット、治療ならば1日3セット~10セットくりかえします。

体操のポイントは、
1・周囲の筋肉の力を利用せず、骨盤底の筋肉のみで運動をすること。
2・ゆっくりはっきりメリハリよく動かし、身体の中に引き込むように体操すること。
3・どんな体勢でも同じように体操ができるようさまざまな体勢で練習すること。
4・骨盤底筋体操を習慣化することです。

この運動はセックスだけではなく、すべての骨盤内の良性の病気の不快感を軽減してくれる効果があります。
出産後だけではなく、40歳以上のすべての女性に1日1セットはしてもらいたい運動です。

最後に第3巻は、EDの話題をたっぷりしていました。

ここで新鮮だったのは、前述の某お笑い芸人の2人が、泌尿器科に行って勃起補助薬を処方してもらうのが恥ずかしいと言っていたことです。“へー男性も、泌尿器科を受診するのが恥ずかしいんだ~”と日本で300人しかいない“女”の泌尿器科医である私は、自分の意識と、一般男性の意識の違い感心したのでした。

EDぎみの男性のみなさん、現在日本では、勃起補助薬は、どの泌尿器科でも気軽に処方してくれます。(ちなみに当院にも、妻が夫のために持っていくための勃起補助薬の在庫がございます。)どこで処方してもらえるかわからなければ各薬剤メーカーのホームページにクリニックを紹介が乗っています。

欧米では、中高年夫婦が、セックスを楽しむために、勃起補助薬を分け合って飲む時代がやってきています。用法、用量さえ守れば勃起補助薬は、いまや安全な生活必需品になっています。

関口先生のカラダ相談室のTOPに戻る
⇒関口先生のカラダ相談室のTOPに戻る

LCカラダ相談室の恋愛コラム一覧

関口由紀

横浜元町女性医療クリニック・LUNA理事長

1989年 山形大学医学部卒業。横浜市民病院臨床研修医を経て、1991年 横浜市立大学医学部泌尿器科助手。

その後横浜南共済病院、横浜市立港湾病院、横浜市立市民総合医療センター勤務を経て、2007年 横浜市立大学大学院医学部泌尿器病態学修了、客員准教授となる。

2009年 日本大学大学院グローバルビジネス研究科(MBA)修了
現在、横浜市立大学医学部付属病院で、女性泌尿器科外来を担当。
漢方に関しては、1994年より漢方の大家、丁宗鉄先生に師事し研鑽を行う。
2000年4月 日本東洋医学会専門医取得。
2004年4月 日本東洋医学会指導医認定。
2005年4月 横浜元町女性医療クリニック・LUNAを開設。
2007年3月 医療法人 LEADING GIRLSとして、新たなる出発。
2008年6月 婦人科を分院し、女性医療クリニックLUNA・ANNEXを開設。
2009年5月 骨盤底トレーニングンターとして、併設していたLUNA治療院を拡大。

詳細を見る

関連記事

【お知らせ】

2019/4/19
ゴールデンウィークの休業について

ジャムウツアー
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気のコラムランキング
  1. <%data?clatTitl%>
    1位愛液について。出る仕組み・原因は知ってる?  
  2. <%data?clatTitl%>
    2位騎乗位のやり方をマスターして、自分も感じて楽しむ!  
  3. <%data?clatTitl%>
    3位男性の性感帯を知って彼を気持ちよくさせちゃお!  
  4. <%data?clatTitl%>
    4位コンドームのつけ方【女性のためのコンドーム教科書】  
  5. <%data?clatTitl%>
    5位クリトリス勃起って本当?  
新着情報

コラムカテゴリ

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top