1. ラブリサーチ
  2. コラム
  3. LCカラダ相談室
  4. 老化と漢方

恋愛コラム LCカラダ相談室、ドクター関口がお悩みにアドバイス

気になる老化も漢方で対策

2008.09.26

しみ、しわ、たるみ…皮膚トラブルあれこれ

しみ、しわ、たるみ…

妊娠線という皮膚の話をしたので、今回は美肌の話をしてみようと思います。

しみ、しわ・たるみ、くすみ、吹き出物が、代表的な皮膚トラブルです。これらが存在すること、イコール美肌でないと定義すると、これらのトラブルがない、もしくは少ない肌が美肌ということになります。これらのトラブルを東洋医学的に考察してみたいと思います。

●しみ
しみは、顔面に起こる色素沈着です。血の滞る“お血”のために起こるとされています。性ホルモンのアンバランスや、微小循環不全がお血の原因です。お血治療の代表的な処方で、健康保険で“しみ”にも処方できる方剤が、桂枝茯苓丸加苡仁(けいしぶくりょうがんよくいにん)です。駆お血作用の強い桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)に、消炎作用のある、苡仁(よくいにん)が配合されていて、ビタミンCや、トラネキサム酸と併用するとさらにパワーアップが可能でです。

これ以外にも四物湯(しもつとう)の成分のはっている漢方薬は、すべてしみに効果があると考えられ、冷え、のぼせが合併する時は温清飲(うんせいいん)、全身倦怠感がある時は十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)、むくみがある時は、猪苓湯合四物湯(ちょれいとうごうしもつとう)などがおすすめです。

●しわ・たるみ
閉経前の場合、女性ホルモンのアップダウンで、肌の調子も変わります。月経前に、夜に少量のアルコールを摂取しただけなのに、朝、顔がいつもの倍くらいにむくんでしまった経験のある女性は多いでしょう。この朝のむくみは、夕方に向かってすこしずつ軽快しますが、夜更かしをするとまた出現しまいます。

この朝、表皮がむくみで突っ張り、夕方にかけて突っ張りがとれるという現象が繰り返されると、年齢を経るごとに小じわ出現の原因となるのです。よって顔がむくまないように生活することが、しわ対策に必要です。夜9時以降の飲酒・飲食は控え、早寝早起きの習慣をつけるのが、もっとも効果的です。

●むくみ・月経痛
でも時々は夜更かしもしたいもの、まず誰でもできる、即効的な漢方薬の使い方として、ついつい過度に飲酒してしまった夜は、就寝前に五苓散(ごれいさん)を一包飲んで寝る、という方法があります。これだけで翌日のひどい顔のむくみの予防になります。

じっくりとむくみの治療をしたい人のうち、むくみとともに月経痛や、冷えが合併するようなら当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) 、むくみに加えてストレスですぐ胃の調子が悪くなるならば胃苓湯(いれいとう)などがおすすめです。

気になる老化も漢方で対策

さて閉経を過ぎていよいよ熟年期に入ると、老化との本格的な戦いが始まります。小じわはしわになり、さらにたるみへと進行します。その際の強力な味方が、補腎剤という、腎気(先天的な生命エネルギー)を補充する漢方薬です。ひえの程度により、六味丸(ろくみがん)、八味地黄丸(はちみじおうがん)、牛車腎気丸(せいかごしゃじんきがん)などを使い分けます。これらの薬も、むくみを予防する効果があります。

●くすみ
くすみとは、皮膚に透明感やつやがなく全体的に黒っぽくなっている状態です血行不良や、新陳代謝の低下が原因とされていますが、この兆候を漢方的に解析すると元気がない気虚の状態ということになります。全身倦怠感や、眠気などがある場合は、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、胃の調子も悪い場合は、六君子湯(りっくんしとう)、ひえを感じる場合は、人参湯(にんじんとう) などがおすすめです。

●吹き出物
ストレスを受けていたりや働きすぎている時などに口元にプツッと吹き出物を1つ発見という経験はありませんか?そういう時は、胃もたれや、口内炎がなかなか直らなかったりしていませんか?そんな時は、半夏潟心湯(はんげしゃしんとう)や、黄連湯(おうれんとう)などで胃腸の熱をとると、不思議と顔の吹き出物もよくなっていきます。

漢方の名前がたくさん出て、ちょっと専門的になってしまいましたが…、無理なく気軽に対策して若々しく過ごしたいものです。

美肌は、健康のバロメータ、女性たるもの、いくつになっても美肌と言われたいものですよね。

関口先生のカラダ相談室のTOPに戻る
⇒関口先生のカラダ相談室のTOPに戻る

LCカラダ相談室の恋愛コラム一覧

関口由紀

横浜元町女性医療クリニック・LUNA理事長

1989年 山形大学医学部卒業。横浜市民病院臨床研修医を経て、1991年 横浜市立大学医学部泌尿器科助手。

その後横浜南共済病院、横浜市立港湾病院、横浜市立市民総合医療センター勤務を経て、2007年 横浜市立大学大学院医学部泌尿器病態学修了、客員准教授となる。

2009年 日本大学大学院グローバルビジネス研究科(MBA)修了
現在、横浜市立大学医学部付属病院で、女性泌尿器科外来を担当。
漢方に関しては、1994年より漢方の大家、丁宗鉄先生に師事し研鑽を行う。
2000年4月 日本東洋医学会専門医取得。
2004年4月 日本東洋医学会指導医認定。
2005年4月 横浜元町女性医療クリニック・LUNAを開設。
2007年3月 医療法人 LEADING GIRLSとして、新たなる出発。
2008年6月 婦人科を分院し、女性医療クリニックLUNA・ANNEXを開設。
2009年5月 骨盤底トレーニングンターとして、併設していたLUNA治療院を拡大。

詳細を見る

関連記事

【お知らせ】

2019/6/17
弊社6月25日(火)発送・お問い合わせ窓口の臨時休業について

キス診断
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気のコラムランキング
  1. <%data?clatTitl%>
    1位愛液について。出る仕組み・原因は知ってる?  
  2. <%data?clatTitl%>
    2位騎乗位のやり方をマスターして、自分も感じて楽しむ!  
  3. <%data?clatTitl%>
    3位男性の性感帯を知って彼を気持ちよくさせちゃお!  
  4. <%data?clatTitl%>
    4位コンドームのつけ方【女性のためのコンドーム教科書】  
  5. <%data?clatTitl%>
    5位クリトリス勃起って本当?  
新着情報

コラムカテゴリ

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top