1. ラブリサーチ
  2. コラム
  3. 遠藤加奈のセックスコラム
  4. キステクニック

恋愛コラム 女性のためのセックステクニック・エッチなラブコラム

キステクニック、キスで大事なことは?

2008.03.09

キスは愛を確かめあえちゃう行為

カップル

今さら、バレンタインじゃないと女から告白なんてできないわっ、なんて歳ではありませんが、バレンタインじゃないと、自分から「エッチしよ」とか「私のカラダ、あげちゃう」なんていうのは、言えないって人は多いと思います。

だけどエッチの前にもっと大切なものが1つありますよねっ。エッチの前に絶対するもの。そしてエッチをしなくても、ラブラブならばそれだけで体の芯がとろけてきちゃう素敵なもの。そう、キスです。ペッティングをはじめちゃったら、そのまんまエッチへ突入って感じですが、キスは違う。挨拶代わりにも、エッチできない場所でも、キスは愛を確かめあえちゃう行為ですよね。

キスをするに当たって大事なこと

恋人同士が付き合いはじめて、エッチをするにはまだ早いとか、エッチをするにはもう少し様子をみたいとか、これから恋をはじめましょうという合図にも、キスは大事な要素になってきますよね。
そんなとき、とってもステキなキスができたらどんなに楽しい恋の幕開けになることでしょう。

キスをするに当たって大事なこと。まずは清潔であること。タバコを吸う女性は気をつけましょうね。ヘビースモーカーの男性は気にしないことのほうが多いでしょうが、タバコを吸わない男性はかなり敏感にヤニのニオイを感じとります。
もちろん歯周病や虫歯は治しましょうね。

キスのうまさは、力を抜いて、ふわっとさせて…

カップル

で、テクニックです。ソフトなキスのときは、唇がカサカサしていないこと。さかむけているようならば、ちょっと舐めておきましょう。できるだけ力を抜き、ふわっとさせておくと、柔らかくって気持ちのいいキスになるでしょう。

ディープキスは気持ちのいいポイントを攻める

激しいキス。つまりディープキスをするときは、むにゅむにゅと舌をからませるだけでなく、気持ちのいいポイントを攻めてあげましょう。
舐めて気持ちのいい場所は、上顎、歯茎、舌の裏側、唇の両端です。上顎はちょっと舌の短い人は大変かもしれないけど頑張って。ゆっくりと舌全体を這わせたり、舌をとがらせて小刻みにチロチロ動かしたりすると変化がでてきます。

次にキスのときに、吸って気持ちのいい場所。これは上唇、下唇と舌。あんまり強く吸うと痛がる場合もあるので、様子をみながら優しく吸い上げて。吸い上げたあと、唇で優しく甘噛みしてあげるとよりグッド。ちなみに甘噛みして気持ちいいのも、上唇、下唇と舌です。

また効果的に使って欲しいのは、唇の裏側。唇はたいてい乾いていますが、濡れてつるんとしているところで、唇をはさんであげるととても気持ちがいいものです。

加奈の流血事件

キスもセックスと同じ。はじめから上手な人なんていないんです。何回も失敗して、何回も練習して、上手になっていくんです…。というのも、加奈、この記事書いていたら、昔、彼氏が加奈の舌を吸い過ぎて、舌の裏側の筋が切れてしまって、流血騒動になってしまったのを思い出しちゃったんです。それにしても痛かったなぁ。

そしてしばらく傷が治らなくて、熱いものや辛いものがNGで、「どーしたの?」と友達に聞かれるたびに、赤面していたのを思い出しちゃったんです。そんな痛い思い出も今となっては、昔の恋の幸せな思い出に変化しているんですけどねっ!

遠藤加奈のセックスコラムの恋愛コラム一覧

遠藤加奈(LC編集部)

LC編集部 遠藤 加奈 編集・ライター
1975年2月6日生まれ。みずがめ座 AB型
LC編集部として恋愛コラムを筆頭に、女性のお悩みに役立つコラムメルマガを執筆中。
好きなものは仕事の後のビール。

関連記事

【お知らせ】

2019/6/17
弊社6月25日(火)発送・お問い合わせ窓口の臨時休業について

キス診断
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気のコラムランキング
  1. <%data?clatTitl%>
    1位愛液について。出る仕組み・原因は知ってる?  
  2. <%data?clatTitl%>
    2位騎乗位のやり方をマスターして、自分も感じて楽しむ!  
  3. <%data?clatTitl%>
    3位男性の性感帯を知って彼を気持ちよくさせちゃお!  
  4. <%data?clatTitl%>
    4位コンドームのつけ方【女性のためのコンドーム教科書】  
  5. <%data?clatTitl%>
    5位クリトリス勃起って本当?  
新着情報

コラムカテゴリ

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top