1. ラブリサーチ
  2. コラム
  3. 下着美人は恋美人
  4. 男性とランジェリーショップ

恋愛コラム 下着コンシェルジュ大鳥居舞のコラム『下着美人は恋美人』


男性とランジェリーショップへ!二人の恋愛モードをMAXにする誘い方

2009.02.23

ランジェリーショップに行っていますか?

皆さんは、どのくらいの頻度でランジェリーショップに行っていますか?

洋服を買うときはシーズンを意識して買うと思いますが、ランジェリーも同じようにシーズンごとに買っていますか?

下着は目に見えない存在だからあまりシーズンが意識されませんが、洋服と同じように、春、夏、秋、冬というシーズンで新商品が出ていることがほとんどです。シーズンに合わせて、もちろん使っている素材も変えていますし、レースや刺繍のデザイン、カラーも変えています。

バレンタイン、クリスマスなどのイベントシーズンは、イベントを意識した商品を出しています。それを考えると、ランジェリーショップにはいつも新しい商品が並んでいるのです。

ランジェリーショップに頻繁に行く=下着美人!?

ランジェリーショップに頻繁に行く=下着美人!?

ランジェリーショップに頻繁に行っている女性は間違いなく下着美人と言えます。なぜなら、ランジェリーショップには女性の愛と夢がいっぱい詰まっていますから。


下着は昔から、宝石と同じ存在だとヨーロッパで言われているように、女性をキラキラ輝かせてくれて、女性であることの満足感を満たしてくれるものなのです。
それによって女性が美しくいられる魔法のアイテムなのです。

ですから、実際には下着をたくさん買っていなかったとしても、ランジェリーショップに行くことが好きな人は、魅力的な女性が多いのです。



男性とランジェリーショップで、2人の恋愛モードをMAXに!

ランジェリーショップで、2人の恋愛モードをMAXに!

ある雑誌のアンケートデータで、“女性と一緒にランジェリーショップに行きたいですか?”という質問に対して8割の男性が“一緒に行きたい”と回答していました。

ただ、願望はあったとしても、実際に一緒に買いに行ったことがある人はほとんどいないのです。

女性も、本当は一緒に買いに行って選んで欲しいと思っていても、いざお誘いするとなると、なかなか言えないもの。付き合いが長いカップルだからこそ言いづらいのが、ランジェリーショップへのお誘いです。


ただ、そこで小悪魔下着美人は、男性をお誘いすることができるのです。


「私に似合う下着を一緒に選んで欲しいの」


と言われて嬉しくない男性はいないハズです!

ランジェリーショップは、2人の恋愛モードをMAXにするベストスポットなのです。彼との距離をもっと縮めたいと思う人は、是非、ランジェリーショップにお誘いしてみては?


また、最近、気持ちが恋愛モードにならない、とか、恋愛がうまくいかない、という人は男性に訴える魅力が軽減しているかもしれません。そんなときも、自分の気持ちを恋愛モードにスイッチするためにランジェリーショップに行ってみましょう。


高級ブティックに入るとき、気持ちが引き締まり、そしてラグジュアリーな気分になりませんか?

それと同じことで、ランジェリーショップには女性を魅力的に変えてくれる力があるのです。



下着コンシェルジュ 大鳥居舞の『下着美人は恋美人!』
⇒下着コンシェルジュ 大鳥居舞の『下着美人は恋美人!』のTOPページに戻る

下着美人は恋美人の恋愛コラム一覧

大鳥居舞(山田奈央子)

下着コンシェルジュ。
大手下着メーカーで下着の企画・開発・MDを行った後、国内メーカー・インポートランジェリーの販売も経験。世界初の下着コンシェルジュとして、世の中の女性にもっと下着を楽しんで欲しい想いで下着セミナーを開催し、雑誌、TV、インターネットなどでも下着のアドバイスを行う。

下着コンシェルジュとして内面美の追求を行いながら、美容の会社である有限会社Silky Styleを2006年に設立。代表取締役就任。現在、山田奈央子として雑誌やWEBで多数執筆中。

詳細を見る

関連記事

さくらの恋猫進化
人気のコラムランキング
  1. <%data?clatTitl%>
    1位前戯のテクニック!女性をトリコにさせる前戯のポイントは?  
  2. <%data?clatTitl%>
    2位気持ちいいセックスを体で感じてセクシーボディに!  
  3. <%data?clatTitl%>
    3位バストでも感じる!そう思っている女性ってたくさんいますよ!!  
  4. <%data?clatTitl%>
    4位女性の性感帯とは!?  
  5. <%data?clatTitl%>
    5位セックスのとき、彼女を感じさせるテクニックとは?  
新着情報

コラムカテゴリ

バックナンバー

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top