1. ラブリサーチ
  2. コラム
  3. 遠藤加奈の Hの疑問&質問
  4. エッチに誘う

恋愛コラム Hの疑問、質問、ちょっとHな恋愛コラム

エッチの誘い方ってどうしてる?女子の本心は男性からのこんなセックスの誘い方を!

2008.03.10

イマドキの男性って…

カップル


あなたのちょっとした行動で、彼女にもっと愛される?!エッチに誘いやすくなる?コミュニケーション術第2弾!

男女平等が根づいてきた!などと言われる現在ですが、どうなんだろう?そう感じますか?

遠藤はあんまりそうは思わないなぁ。どちらかというと、弱い男性が増えた、ワガママな男性が増えた、お子様な男性が増えたと感じることも多々ありき。ちゃんと大人の男性もいますが。

もちろん古いタイプの「俺についてこい」タイプの男性もいます。でも「電車男」が本だけではなく、ドラマや映画であんなにヒットしたということは恋に臆病な男性が増えているんじゃないかしら?と思うんです。

まだまだ「女の子なんだから」と幼い頃にしつけられた女性が多い時代。

ジェンダーの壁はなかなか取り払うことはできません。女だって恋愛は怖いし、心や身体をさらけ出すのは怖いんです。

でも臆病なふたりが「怖い、怖い」と恋愛に飛び込めず、相手の様子を伺っているようじゃ、
いつまでたっても前に進めない!!エッチだってできません!エッチを誘えません!

ハァハァ。お分かりですか?この女性陣の嘆きを、分かってもらえましたか?

「セクシーな下着、着てくれないかな?」

女性


ホテルは男性に誘ってもらいたいし、エッチがしたいなんて口に出すのはちょっと怖い。手を繋ぐのも、キスをするのだって、ドキドキハラハラして、勇気を出して「手、つなご!」「チュウして!」って言っているんです。だからね、男も頑張ってよ。

「おら、ホテル行くぞ!」
「今夜、お前ん家いくからな。セクシーな下着着て待ってろよ」
なんて強引なこと言わなくてもいい。 「ホテル、行こうか?
「こういうセクシーな下着、着てくれると嬉しいな。着てくれないかな?」
と提案・誘う言葉をくれるだけでもいい。

せめてエッチのときくらいは、ちょっと勇気を出してあなたの本音を聞かせてよ。誘ってよ。彼女のいろいろな表情を見たい!という思いは本能的には誰しもにあるコトだから、オクテにならないで欲しいの!

たまにはケダモノのように、強く優しく抱きしめて欲しい!ガバッときて欲しい!そんな誘いが欲しい夜もあるのです。

真の男らしさや男気ってものは、よくわからないけれど大切なパートナーのそんな姿を目の当たりにしたら、私だったら惚れ直しちゃいそう!!

素直になれば愛される?!

カップル


もしかしたら、思いが通じ合っているのならば男性と女性、本音は同じなのかも。なんて考えたら、ちょっとドキドキ。(あんまりエッチなこと、考えられない?!誘うなんて恥ずかしい?)

たとえば…
「乱れてほしい」「エッチな遊びをしてみたい」「こんなエッチをしてみたい」
あなたがそう思っていると、女性もそう思っている、なんて。
(ちょっと強引でしょうか?)
でも少し、誘うのが簡単そうに思えてきました?

ローションプレイ、ラブグッズの使用やちょっとアブノーマルなソフトSMだって、興味持ってるかもしれないじゃない?「え??」って言われても、引きさがらないで。

「こんなに簡単にOK出したら軽い女だと思われるんじゃないかしら?」とビクビクして、とりあえずはじめは「NG」出す女だって多いんだから。

遠藤からのちょっぴり切実なお願い。「エッチのときは男から誘う!ね!お願い!」

遠藤加奈の Hの疑問&質問の恋愛コラム一覧

遠藤加奈(LC編集部)

LC編集部 遠藤 加奈 編集・ライター
1975年2月6日生まれ。みずがめ座 AB型
LC編集部として恋愛コラムを筆頭に、女性のお悩みに役立つコラムメルマガを執筆中。
好きなものは仕事の後のビール。

関連記事

【お知らせ】

2019/6/17
弊社6月25日(火)発送・お問い合わせ窓口の臨時休業について

キス診断
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気のコラムランキング
  1. <%data?clatTitl%>
    1位愛液について。出る仕組み・原因は知ってる?  
  2. <%data?clatTitl%>
    2位騎乗位のやり方をマスターして、自分も感じて楽しむ!  
  3. <%data?clatTitl%>
    3位男性の性感帯を知って彼を気持ちよくさせちゃお!  
  4. <%data?clatTitl%>
    4位コンドームのつけ方【女性のためのコンドーム教科書】  
  5. <%data?clatTitl%>
    5位クリトリス勃起って本当?  
新着情報

コラムカテゴリ

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top