1. ラブリサーチ
  2. コラム
  3. 性の扉
  4. 性の噂その5 ひとりエッチをする女性は性欲が強い!?

恋愛コラム 性の扉~性にまつわる噂のウソ・ホント~

ひとりエッチをする女性は性欲が強い!?性の噂の嘘・本当

2015.07.27

ひとりエッチをする女性は性欲が強い?

男性がひとりエッチをするのは当たり前。でも、女性についてはどうでしょう?
最近では女性用のかわいいひとりエッチグッズが発売されているものの、「ひとりエッチをする女性=性欲が強い」と見られてしまう風潮があることは、決して否めないはずです。

しかし、本当に性欲が強い女性しか、ひとりエッチをしないのでしょうか?また、そもそも女性のひとりエッチは、本当に性欲を満たすためだけにするものなのでしょうか?今回は、インターネットで語るのにピッタリのテーマ、「女性のひとりエッチにまつわる扉」を開きます。

ほとんどの女性がひとりエッチをしている

女性の写真

エルシーが2014年8月に行ったアンケートによると、全回答者397名中、「ひとりエッチをしたことがない」と答えた女性は27名、たったの7%しかいませんでした。「それは、女性のセクシャルな話題をたくさん取り扱っているサイトに来ている人たちへのアンケートなのだから、そうだろう」と言われてしまえばそれまでですが、顔の見えないアンケートだからこそ、見えてくる真実というのもあるはずです。

ちなみに、有名女性誌のアンケートでも、70%以上の女性が「ひとりエッチをする」と答えています。やはり、「女性のほとんどがひとりエッチを経験している」と言っても、なんら問題はないようです。

なぜ女性はひとりエッチをしたくなるのか

男性がひとりエッチをするのは、日々生産される精子を、定期的に放出するためといわれています。男性の精子は毎日新しく作られています。ですから、古いものはどんどん出していかないと溜まってしまい、交通渋滞が起きてしまうのです(渋滞を解消するため、眠っている間に出す=夢精が起こることもあります)。

女性の場合、卵子は生まれたときにすべてできあがっており、生まれた後に新しく作られることはありません。ですから、「ひとりエッチをして出さないと、渋滞が起きてしまう!」ということはないのです。それなのに、なぜ女性もひとりエッチをするのでしょうか?

実は、女性のひとりエッチには「自己防衛」という意味があります。女性はひとりエッチをすることにより、自分の体を守っているのです。「ひとりエッチで体を守る」と言われても、すぐにはピンとこないかもしれません。なぜ、女性のひとりエッチが体を守ることに繋がるのか?その理由は、女性の体から出る、あの液にありました。

女性のひとりエッチは、感染症から体を守る行為でもある

女性

女性の膣からは分泌液が出ています。「おりもの」と呼ばれることもありますね。この膣分泌液には、膣内を酸性に保つ働きがあります。

一部の例外はあるものの、ほとんどの菌や微生物は、酸性の環境下では生きていくことができず、死滅します。それは、性感染症の菌にも当てはまります。

ひとりエッチをすると、女性の膣内からは分泌液があふれ出てきます。膣内はいつも分泌液で覆われていますが、女性器の中でもっとも菌に触れやすい外陰部まではカバーできていません。

しかし、ひとりエッチをすれば、分泌液があふれて外陰部にも触れるため、殺菌と同様の効果が起こることになり、感染症を防ぐことができるというわけです。女性のひとりエッチ=体を守る意味があるというのは、こうした理由によるのです。

そのほか、「眠れないときに性器に触れると、リラックスして眠りにつきやすくなる」という説もあります。

もちろん、それ以外にも、排卵日近くに生殖の欲求が高まるからという理由でひとりエッチをすることもありますし、純粋に性欲が高まったからということもあるでしょう。けれども、女性のひとりエッチには、単に性欲を昇華させるだけではない理由もあることを、ぜひ覚えておいてください。

結論:女性のひとりエッチは性欲と必ずしも関係あるわけではなく、恥ずかしいことでもない

女性のひとりエッチは、必ずしも性欲と関係があるわけではなく、自分の体を守るという、大切な意味もあります。ですから、決して「恥ずかしいこと」だと、後ろめたい気持ちを持つ必要はありません

「ひとりエッチをするなんて、私ってはしたない…」と言葉攻めをし、興奮しながらひとりエッチをする分にはまったく問題ありませんが、「なんてはしたない!」と、本気で自分を責めることはないのです。

ひとりエッチをしたくなるのは、男女問わず健康な証拠。それくらいの気持ちで捉えてよいかもしれませんね。

カップル


性の扉の恋愛コラム一覧

山本尚恵

山本尚恵

PR会社、マーケティングリサーチ会社、モバイルコンテンツ制作会社などでの勤務を経て、2009年よりフリーランスのライターに転身。
おもに妊娠や不妊に関する執筆を手がけ、医師や専門家への取材も多数。2014年4月に発売された「不妊治療ステップアップベストガイド」の執筆を担当。

詳細を見る

関連記事

リビドーがあったなら

さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
平泉春奈さんコラボ企画

【平泉春奈さんコラボ】連載恋愛小説スタート!

人気のコラムランキング
  1. <%data?clatTitl%>
    1位前戯のテクニック!女性をトリコにさせる前戯のポイントは?  
  2. <%data?clatTitl%>
    2位気持ちいいセックスを体で感じてセクシーボディに!  
  3. <%data?clatTitl%>
    3位バストでも感じる!そう思っている女性ってたくさんいますよ!!  
  4. <%data?clatTitl%>
    4位女性の性感帯とは!?  
  5. <%data?clatTitl%>
    5位セックスのとき、彼女を感じさせるテクニックとは?  
新着情報

コラムカテゴリ

バックナンバー

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top