1. ラブリサーチ
  2. コラム
  3. 遠藤加奈の恋愛&デート
  4. エッチの誘い方

恋愛コラム 恋愛・デートのちょっとHなラブコラム

エッチの誘い方

2008.02.28

たまには積極的になってみるべし!

カップル

エッチしたいけど相手がなんだかその気を見せない日、意中の彼をもう一息で落とせそうなとき、付き合っているのになかなか彼が誘ってくれないとき…。

そんなとき、やっぱりどうしても「したい」という思いが募って仕方なくなることがありますよね。定番では「終電なくなっちゃった」や「今日は帰りたくない気分」というセリフがありますが、ちょっとそれじゃひねりがないかな?と思ったりしませんか?

それに使い古されたストレートじゃない言葉って、言うのに意外と勇気がいったりするんですよね。「終電なくなっちゃった」に変わる決めゼリフって何かあるのかなぁ?ふと思ったそんな疑問から、今日はオリジナルの「誘い技」考えてみました。

直球勝負は控えるべし!

そう言えば、かなり昔の人気ドラマ「東京ラブストーリー」で、リカ(鈴木保奈美)がカンチ(織田裕二)に「セックスしよ!」と言ったセリフは一時期とっても話題になりましたが、そこまでストレートな言葉はやはりちょっぴり勇気がいるもの。
ま、ドラマの世界ですから現実に言われた男性も、ちょっと引いてしまうかと…。

酔った勢いで「したくなっちゃった」とか「今日、うちに泊まりなよ」と言うのもいいかもしれないけれど、本気で大切に思っている男性にはそんなことしたくないですよね。男性が女性を誘うセリフに似ていて、なんだか女性らしさが少ないように思います。

自分から告白するときでも、誘うときでも、やっぱり本気でぶつかって、相手にも本気で抱いて欲しい。それが乙女心ってものじゃないかしら?

どんなときでも意外性を持つべし!

カップル

そこで…
「終電なくなっちゃった」に代わるセリフは、ずばり「ギャップ」で決まる!と思いました。相手の性格や自分のキャラによってかなりかわるでしょうが、ポイントは「意外性」ではないかと思うんです。

例えば、しっかり者で仕事もバリバリこなす、という評価のある女性が「今日は、ひとりで寝るの寂しい気分なの」なんて言ったら、どんな男性でもグッとくるんじゃないかしら?

逆に、控えめであまり目立たない女性が「帰っちゃイヤ!」と強い口調で言ったら、これもまた魅力的。可愛らしく甘えん坊な女の子が「帰っちゃイヤ!」というのもそれなりに可愛らしいけれど、ギャップがあるほうが、本気度が高いように伝わると思うんです。

女性から見ても、がっしりしていてリーダーシップをとるような兄貴的存在の男性が、メールなんかで赤ちゃん言葉とか、甘えてます!みたいなことを言うときに感じる意外性と同じなんでしょうね。

自分を理解して、ギャップを打ち出すべし!

わたし?わたしはね…。
内緒にしておきたいんだけど、特別サービスで教えちゃいましょう。

いつもサバサバした性格で、ものごとをはっきり言うと思われているので、相手の袖なんかをひっぱりながら、照れ臭そうに「あのね、ちょっとお願いごとがあるんだけど…」なんて言いながら、それとなくエッチしたいんだよ、ってことを付き合い初めの頃は伝えたりしてましたね。
いや、本当は心の奥底では照れ屋なので、素直にスパッと言えないだけなんですけどね(笑)。

ま、そんなこんなで今のわたしと彼があるわけですが。自分のキャラをじっくり見定めて、ギャップ効果が出るような、グッとくるセリフを「その日」に備えて、よ~くよくよく考えてみてくださいね!

遠藤加奈の恋愛&デートの恋愛コラム一覧

関連記事

クリスマス

★注目!今だけの特別企画

  • 恋煩悩
  • アンダーヘア革命
  • コンドームXmas
  • クリスマス2016
  • ラブグッズ
  • 憧れの名器を作る方法って?
  • 今月

人気のコラムランキング

  1. 1不感症の原因を知って、悩まないセックスをしたい!
  2. 2経済とセックスの移り変わり その2 江戸時代の結婚とセックス
  3. 3社内恋愛は秘密がいっぱい!社内でH経験したい?
  4. 4性感アップ!“感じやすい体”を目指しましょう!
  5. 5キス講座で学んで実践して…最後は伝授しちゃう?!

コラムカテゴリ

おすすめトピック

トピック一覧ページへ

読むラブコスメ『アミューズメントLC』
ラブリサーチの最新情報をお届け♪メルマガ無料登録はこちら
LCNewアプリ
LCとは

鉄板!ラブテクニック特集♪

専門家からじっくり学ぶ!

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

エルラブ

楽しい!学べる!LC動画

バックナンバー

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

新着情報

page top