1. ラブリサーチ
  2. 恋愛テクニックに関する記事一覧
  3. ハロウィン デート

ハロウィンのコスプレデートに適した衣装やオススメスポットは?

Feedly登録

2014.10.31

秋のデート

日本国内でのハロウィン熱は年々上昇しており、イベントとして浸透しはじめてからわずか数年で「世界で一番ハロウィンが盛り上がっている国」とまでいわれるようになりました。
子どもではなく大人が楽しむという独自の文化を築いた日本のハロウィンですが、クリスマスやバレンタイン同様、カップルのイベントとして仮装デートを楽しむのはアリなのでしょうか。

デートについてのアンケート

ハロウィンのコスプレデートはアリですか?

回答時期:2014.10.17〜2014.10.31|116名が回答

あり
(62)
なし
(54)

それはなぜですか?詳しく教えてください

»『あり』と答えた方のコメントを見る
»『なし』と答えた方のコメントを見る

ラブリサーチのアンケート「ハロウィンのコスプレデートはアリですか?」ではちょうど半数にあたる50%の女性が「アリ」と回答し、ハロウィン当日も恋人と過ごすことでより素敵な1日になるという意見が集まりました。
しかし、友人や仲間と盛り上がるための仮装というイメージが強いせいか、ハロウィンに「恋人とコスプレデート」というのはいまいちしっくりきませんよね。

そこで、「アリ」と答えた方の意見から、ハロウィンのコスプレデートに適した場所や過ごし方について考えていきたいと思います。

ハロウィンデートは自宅かテーマパーク

今回のアンケート結果から、「アリ」を答えた方のハロウィンデートの場所は「自宅」「遊園地やテーマパーク」の2か所に絞られました。それ以外のデート定番スポットであるレストランや公園、繁華街という回答は一切なく、「街中ではどうかと思いますが、テーマパーク内でなら非日常的な気分を味わえていいと思います」「マンネリになりがちなお家デートも、仮装してハロウィンパーティーすればワクワクするかも」というように、友人と過ごすハロウィンと恋人と過ごすハロウィンには仮装する目的に違いがあるようです。

そう。恋人とのハロウィンには友人とするように仮装して街中を闊歩したり、他の仮装集団とハイタッチを交わすようなアクティブさは必要ないのです。
女性がハロウィンデートに求めているのは「マンネリ防止のための非日常感」。ふたりでお菓子を交換しあったり、いつもとはまた違う可愛らしさやセクシーさを演出することで彼とラブラブな時間を過ごしたいと考えているようです。

ですから、「彼の前で血のりを使ったゾンビメイクや、ウケを狙った奇抜なファッションは極力避ける」「彼が喜びそうなナースや婦人警官のコスチュームを選ぶ」という意見にもあるように、女性らしさを感じさせる衣装を選ぶのがハロウィンデートのお約束と言えるでしょう。

「ナシ」の理由は恥ずかしいから!?

また、ハロウィンのコスプレデートはナシと答えた方の意見で多く見られたのが「恥ずかしい」「照れ臭い」という意見。
その理由として挙げられるのは大きく分けて「彼はそういうのが好きじゃないから、自分だけ盛り上がるのは恥ずかしい」という彼の性格に配慮したものと、「ハロウィンをするような年齢ではないから、彼に白い目で見られそう」という年齢による抵抗感からくるものの2パターン。

つまり、コスプレデート自体が嫌というよりは、「彼が受け入れてくれ、一緒に盛り上がってくれるならばやってみたい」ということなのかもしれません。 たしかに、彼が「仮装なんてしなくていいよ」とイベントに対して否定的だと、女性側としても「友達と盛り上がるからいいや」となってしまいますよね。

ハロウィンも大切なイベント

とはいえ、クリスマスやバレンタイン同様、ハロウィンも恋人と過ごす大切な季節のイベントとして楽しみたいもの。彼が乗り気でないのなら、そういう気分になるよう、うまく誘導すればいいのです。
そこで彼とのんびりくつろいでいるときを狙って、「ハロウィンだから愛いコスチューム買ったんだ」とセクシーな衣装を恥ずかしそうに出してみるのはいかがでしょうか。

メイド服を着て、彼のためにキッチンに立ったり、婦人警官の格好をしながら無防備にテレビを観る彼女の姿は彼の目に魅力的に映るはず。そして、彼があなたの仮装姿に反応を見せたとき、「男性用のコスチュームもあるんだけど…」と、切り出してみましょう。
恥ずかしがりながらも彼が袖を通してくれればしめたもの。そのあとは2人でお菓子を食べたり、ホラー映画を観たりとハロウィンのデートを満喫しましょう。

いつもとは違う姿を見せるのは恥ずかしいものですが、恥ずかしさと快感は紙一重と言われています。今年のハロウィンは恋人とコスプレデートに挑戦し、非日常デートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

リビドー広告LP

▼ライター:大野えりかさんプロフィール

1986年東京都生まれ。美容雑誌の編集プロダクションを経て、化粧品メーカーでコンテンツの企画、制作を担当。
美容ライター転身後は雑誌やテレビ、書籍等で活動を行う。
現在は女性向けコンテンツの執筆編集のほか、薬事法アドバイザーとしても活躍している。

関連ワード

LINE登録

エルラブ 帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

あなたの回答が記事になる!アンケート回答の募集

恋愛観・恋愛体験
【上京経験者に質問】上京したてのころ、恋愛にまつわる失敗経験はありますか?
恋愛観・恋愛体験
あり得ないシチュエーションでキスの経験はありますか?
エッチ・ラブタイム
【女性に質問】海外の方とラブタイムを経験した事はありますか?
エッチ・ラブタイム
【女性に質問】ラブタイムの時パートナーから「気持ちいい?」と聞かれた事はありますか?
【お知らせ】

2019/4/19
ゴールデンウィークの休業について

ジャムウツアー
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気の記事ランキング
  1. 「ときめき不感症」になってない!?運命の出会いに繋げるときめきトレーニング
    1位 「ときめき不感症」になってない!?運命の出会いに繋げるときめきトレーニング
  2. エッチ初体験は皆どうだった?痛かった?年齢や場所など統計を公開!
    2位 エッチ初体験は皆どうだった?痛かった?年齢や場所など統計を公開!
  3. 「俺のものになれよ…」俺様彼氏との秘密のプレイが刺激的な官能体感コンテンツ2選
    3位 「俺のものになれよ…」俺様彼氏との秘密のプレイが刺激的な官能体感コンテンツ2選
  4. そうだったの?1年で1番ラブグッズ(バイブ)が売れる月は?
    4位 そうだったの?1年で1番ラブグッズ(バイブ)が売れる月は?
  5. スリル満点!「さくらの恋猫」が叶えるあんなところでエッチ体験
    5位 スリル満点!「さくらの恋猫」が叶えるあんなところでエッチ体験
おすすめトピック

トピック一覧ページへ

新着情報

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top