1. ラブリサーチ
  2. 恋愛テクニックに関する記事一覧
  3. 旅行 忘れ物

彼との旅行で忘れ物…あなたの態度はどうする?


Feedly登録

2010.12.13

旅行の画像

ふたりで旅に出ようという、まさにそのとき、彼が旅に必要不可欠なものを忘れてきたことに気づいたら、どうしますか?あるいは、それが既に出発した旅先だったとしたら…。彼の落ち度を気にしない人がいる一方で、腹が立つ、悲しい、でも感情をあらわにしたところで解決にならないと、心のなかに葛藤の渦巻きがある人もありそうです。さて実際の態度・行動として、どういった対応をする人が多いのでしょう。


デートについてのアンケート

旅行先で彼が大事なものを家に忘れてきたら…?

回答時期:2010.11.05〜2010.11.14|283名が回答

気にしない
(158)
泣く
(2)
家に二人で取りに帰る
(85)
ひとりで取りに行かせる
(5)
不機嫌になる
(33)

そういう時、彼になんて言う?

»『気にしない』と答えた方のコメントを見る
»『泣く』と答えた方のコメントを見る
»『家に二人で取りに帰る』と答えた方のコメントを見る
»『ひとりで取りに行かせる』と答えた方のコメントを見る
»『不機嫌になる』と答えた方のコメントを見る

2人には1人は「気にしない」と回答


「気にしない」「泣く」「家にふたりで取りに帰る」「ひとりで取りに行かせる」「不機嫌になる」という選択肢のなかでは、「気にしない」が54.6%でトップでした。彼を責めるのではなく、“前向きで変わらない態度”で接する人が半数以上、という結果になりました。

2番目に多かったのは、「家にふたりで取りに帰る」で、全体の3割です。3番目は「不機嫌になる」で1割強、20~24歳に多くみられました。「ひとりで取りに行かせる」「泣く」と回答した人は少なかったことから、へこたれず彼と問題解決に当たる人が多く、感情を表したとしても「不機嫌」止まりであるということになります。


たいてのものは「どうにかできる」。それよりも旅を楽しく


「気にしない」派や「家にふたりで取りに帰る」派のコメントをみると、「大丈夫。何とかなる」「誰でも忘れ物をする。仕方ない」というふたつに集約されます。「海外旅行で旅券を忘れたというのでなければ、買って調達できるものがほとんど」「彼をとがめるよりも、これからの旅行が楽しいものになることが大切」というように、失敗を大きくとらえるのではなく、旅行全体の喜びを最大化することに焦点を当てる女性が多いことが分かります。

「不機嫌になる」派は、「旅行をすごく楽しみにしていただけに、とても悲しい」というように、気持ちが高揚した状態と落胆との落差に打ちひしがれるようです。このグループは20~24歳という若年層が多く、彼や、彼との旅行に対する夢や期待が大きい年頃であると思われます。


せっかくの旅行なので、ハプニングがあっても、思い出に残る楽しいものにしたいものです。視点や気分を変え、心にゆとりをもつことで、彼と過ごすその後を、充実した時間にできるかもしれません。そうなると、彼の忘れ物についても“大したことではなかった”と感じることでしょう。


リビドー広告LP

LINE登録

エルラブ 帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

夜の道具箱
さくらの恋猫進化
人気の記事ランキング
  1. 手コキとフェラの合わせ技!口と手の両方で彼を攻める手技テク(技)
    1位 手コキとフェラの合わせ技!口と手の両方で彼を攻める手技テク(技)
  2. セックスは1日に何回する?一晩での回数や年代別によるエッチの頻度について
    2位 セックスは1日に何回する?一晩での回数や年代別によるエッチの頻度について
  3. ひとりエッチの気持ちいいやり方!ナカイキのコツなど女性のための初心者ガイド
    3位 ひとりエッチの気持ちいいやり方!ナカイキのコツなど女性のための初心者ガイド
  4. 本当の名器って何?快感を与える膣の作り方と名器かを女性が調べる方法
    4位 本当の名器って何?快感を与える膣の作り方と名器かを女性が調べる方法
  5. あそこの大きさの秘密!男性の体格とペニスのサイズじゃ関係あるの?
    5位 あそこの大きさの秘密!男性の体格とペニスのサイズじゃ関係あるの?
おすすめトピック

トピック一覧ページへ

新着情報

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

バックナンバー

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top