1. ラブリサーチ
  2. 恋愛テクニックに関する記事一覧

使い捨てはNG…素敵なご縁を呼ぶのは細長い傘のフォルムだった

Feedly登録

2019.10.11

関東は台風19号の話題で持ち切りですが、みなさんは対策はできていますでしょうか?

今朝も、傘をもって家を出ましたが、今夜から風も強くなりそうで、「壊れませんように」なんて今から祈っています。ちょっと高いやつなので・・・(笑) 。

そんなことで今日は傘に関する私のうんちくです

意外と多い!? 「傘にお金をかけない主義」

いまや、100円ショップでも傘が購入できる時代です。100円ショップとまでいかなくとも、コンビニでも数百円で傘が売られています。むろん、お安いだけあって、壊れやすいという弱点は否めません。

けれども、壊れたところで、腹を立てる人はほとんどいないでしょう。「数百円だったのだから、まぁ仕方ない」と、諦めがつくはずです。

また、電車や外出先に忘れてくることも多いアイテムなので、あえて数百円の傘を使い続けている人もいるでしょう。忘れてきたら、次に雨が降ったとき買えばいいという感覚でしょうか。

合理的ではありますが、ここではあえて、「ちゃんとした傘」を持つことをオススメします。「ちゃんとした傘」を持つことには、意外なメリットが隠されているんです。

傘を大事にしない思考は、人間関係にも影響を及ぼす!?

筆者も数年前までは、ビニール傘派でした。もともと、「外出時の持ち物は極力少なめに!」をモットーとしており、天気予報が「曇りのち雨」だとしても、家を出る瞬間に雨が降っていなければ、傘は持たずに出かけていました。

天気予報が当たり、雨が降ってきたら、100円ショップかコンビニでビニール傘を買う…たかだか数百円の出費ですから、まったく気になりません。ここだけの話、帰り道の途中で雨があがれば、カフェなどお店の傘立てに、こっそり傘を置いてくることもありました。

いま思えば、なんとも非常識でお恥ずかしい限りですが、当時は「私が置いてきた傘が、誰かの役に立つかもしれないじゃん!」と、ずいぶん強引な考え方をしていたのです。

そういった思考回路は、人間関係にもネガティブな影響をもたらすんですよね。

傘を大事にしない筆者は、人間関係も大事にしない性格になっていきました。「●●さんとのご縁が途絶えても、人恋しくなったら、どこかで新しいご縁を拾えばいいや」と、1つ1つのご縁をぞんざいに扱うようになっていたのです。

「数百円のビニール傘をカフェに置いてきても、また雨が降ってきたら、どこかで新しく購入すればいいや」という感覚と一緒ですね。

1つの人間関係に固執・執着しないという意味合いでは悪くないのでしょうけど、ちょっとでも面倒とかイヤとか感じたら、すぐに人間関係を手放してしまうって、よく考えたらもったいないですよね。

恋愛も仕事も、良いことばかりではなく、面倒やイヤなことがつき物です。面倒やイヤなことが起きるたびに、放り投げてしまっては、何事も長続きしないでしょう。

「ちゃんとした傘」で意識改革!?

3年前に一念発起し、ちゃんとした傘を持つようになってからは、人間関係に対する意識がガラリと変わりました。

「せっかくお金をかけて購入した傘なのだから、どこかに置いてくることがないように」という、ものを大切にする意識が、人間関係も大切にする意識へと応用されたのでしょう。

「せっかくのご縁なのだから、簡単に手放したりしないように」と、自然に思えるようになったのです。

また、雨の日を楽しむ気持ちも芽生えました。雨は、誰にとっても嫌なものです。近所のコンビニへ行くだけでも、億劫と感じてしまいます。

そういったネガティブな感情が、ちゃんとした傘を持つことで、多少は軽減されているようにも感じます。これって、恋愛や仕事にも応用できますよね。

「乗り気になれない事柄に対して、小っちゃな楽しみを見出す」って、素敵なことです。

「人数合わせで誘われた合コン、乗り気になれないけど、鍋料理が美味しいお店って部分は楽しみ」とか、「今週末の休日出勤、乗り気がしないけど、同僚の私服姿を見ることができるのは楽しみ」とか。

筆者は、ライターであると同時に、占い師でもあるのですが、職業柄、風水に詳しい人との接点が多いのですが、風水師さんたちは皆、「傘、大事!」と口を揃えます。

じつは、3年前に傘へ対する意識が変わったのも、風水師さんの影響でした。

細長い傘のフォルムは、人とのご縁を巻きつけるアイテムなんですって。男女のご縁や、ビジネス上での人脈を欲している人は、是非ちゃんとした傘をお持ちくださいね。

P.S. 台風の時は、傘は逆に危険なので、どうしても外出しなくてはいけない用事がある方はカッパを着ていきましょうね!

▼ライター:菊池美佳子さんプロフィール

菊池美佳子さん

1977年3月17日生まれ。20代の頃に様々なナイトワークを経験、男女の性愛について身をもって学ぶ。 引退後はコラムニストに転身。
菊池美佳子さんの記事一覧

LINE登録

エルラブ 帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

あなたの回答が記事になる!アンケート回答の募集

恋愛観・恋愛体験
自分は「運がいいほうだ」と思いますか?
恋愛観・恋愛体験
彼に振られる夢を見た経験はありますか?
恋愛観・恋愛体験
男性に頭をポンポンとされるのは好きですか?
恋愛観・恋愛体験
付き合って1年以内にマンネリを感じたことはありますか?
エッチ・ラブタイム
前立腺責めをしたことはありますか?
彼・パートナーとの関係
彼の気持ちがわからない時の解決方法は?
ジャムウ
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気の記事ランキング
  1. 「素股」とは?やり方って?見た目がエッチでカップルに人気!?
    1位 「素股」とは?やり方って?見た目がエッチでカップルに人気!?
  2. セックスは何回できる?!1日の最高回数
    2位 セックスは何回できる?!1日の最高回数
  3. ひとりエッチで自分のカラダを知る!初心者のためのはじめてガイド
    3位 ひとりエッチで自分のカラダを知る!初心者のためのはじめてガイド
  4. 前戯なしで挿入!?「ファストセックス」で2人の愛を深める秘訣
    4位 前戯なしで挿入!?「ファストセックス」で2人の愛を深める秘訣
  5. 何度もイク女性は少数!絶頂の回数とオーガズムの深さの関係
    5位 何度もイク女性は少数!絶頂の回数とオーガズムの深さの関係
おすすめトピック

トピック一覧ページへ

新着情報

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top