1. ラブリサーチ
  2. 大人のエッチに関する記事一覧
  3. パン旦那 セックスレス

「パン旦那」化する日本人男性が増加中!夜の夫婦関係にご注意

Feedly登録

2015.07.03

パンダ夫婦(パン旦那とパンダ妻)

近年少子化が社会問題になっていますが、その要因の一つとして夫婦間のセックスレスが挙げられています。そこでラブリサーチでは既婚女性500名を対象に「夫婦のセックス事情」についてアンケート調査をおこない、セックスレス解決の糸口を探しました。


夜「求められることが少ない」と感じていませんか?


「あなたはパートナーとセックスレスだと思いますか?」の問いに対し、「セックスレスだと思う」「少しセックスレスだと思う」を併せると半数を超える284名(56.4%)の女性がセックスレスだと感じていることがわかりました。
セックスはお互いの「したい」気持ちがあって初めて成立するもの。セックスレスになってしまうからには、夫婦どちらかのセックスに対する欲求が減少しているのかもしれません。

コメントを見る限り、「お互い忙しくタイミングが合わない」「したいけど子どもがいるから時間がない」というお互いにセックスをする余裕がないパターンと、「パートナーがセックスを望んでいない」「パートナーに性欲がない」という夫がセックスに対して消極的だというパターンが特に多いことがわかりました。

前者の場合、時がたち環境が変わることで解決できそうですが、問題は夫に性欲がない場合。夜になっても、一緒にベッドに入っても一向に誘ってこない…。これってある動物に似ていると思いませんか?1年に1回、3日~1週間しか発情期がないといわれている動物…。そう、パンダです!


近年「パン旦那」化が深刻に!


雄のパンダは皆食べることと寝ること、そして遊ぶことにしか興味がないのだそう。「あっ、うちの夫と同じかも」と思った方もいるのではないでしょうか。性欲のない夫はパンダと同じ状態、つまり「パン旦那」化しているのかもしれません。

しかし先ほど紹介したようにパンダの発情期は年に1回しかなく、元々交尾に興味を示さない生き物です。対して人間は本来1年中発情できることで知られています。人間なのにパンダ化…。これってなかなか深刻だと思いませんか?

夫婦は片方がパンダ化してしまうと、必然的にもう一方もセックスをする機会を逃し、パンダ化し、いずれはパンダ夫婦になってしまいます。

夫婦のパンダ化の遷移

現在のセックス頻度に不満があるのならば、あなた自身がパンダ化してしまう前に「パン旦那」を「旦那」にする必要があるのです。


夫の「パン旦那」化を止めるには?


すでにパンダ化してしまった夫を元に戻したい、夫のパンダ化を食い止めたいと考えているのならば、パンダが発情するタイミングから対処法を学びましょう。

1.トキメキを取り戻す
性欲がないと言われている雄パンダですが、雌パンダを「好き」だと思う気持ちが発情につながるのだそう。結婚し夫婦になると付き合い初めの頃のようなトキメキが失われてしまいがちですが、ラブラブだったころの話をしたり、すっぴんではなくメイクをした状態で仕事帰りの夫を出迎えるなどして、キュンとしてもらう瞬間を増やすことがパン旦那の衝動を促すきっかけになりそうです。

2.セクシーな雰囲気を演出する
パンダを発情させるために、飼育係の方はパンダの性交渉を映したビデオを見せることがあるのだとか。パンダ化している夫と一緒にそういったビデオを見ることはハードルが高いかもしれませんが、パン旦那には多少の刺激も必要。ビデオでなくても夫の肌に触れる、一緒にお風呂に入るなど直接的なアピールをすることで、脱・パン旦那のスイッチが入るかもしれません。

3.声と香りで彼を刺激する
雄パンダは雌パンダの発情期に合わせて発情すると言われています。つまり、女性からのOKサインを感じることで、衝動を突き動かされるというわけなのです。
あなた自身、夫に対して「忙しい」「疲れている」というサインを出しすぎていませんか?その言動が夫のパンダ化を招いているのかもしれません。
夫に「したい」という気持ちを察してもらうには、セクシーな雰囲気を演出する香水「リビドー」を纏い嗅覚を刺激したり、「キスのあとに熱い吐息をもらす」「マッサージなどで触れてもらったときに小さく声を出す」など聴覚にうったえるとよいでしょう。


いかがでしたか?人にはパンダと違い「発情期」というものは存在しませんが、こちらからアクションを起こすことでいつだって衝動を揺さぶることができるはず
夫婦でパンダ化してしまう前に、夫のパンダ化を食い止めることが幸せな家族づくり、すなわちセックスレス対策へと繋がっていくでしょう。

ストップパンダ化

リビドー広告LP

▼ライター:大野えりかさんプロフィール

1986年東京都生まれ。美容雑誌の編集プロダクションを経て、化粧品メーカーでコンテンツの企画、制作を担当。
美容ライター転身後は雑誌やテレビ、書籍等で活動を行う。
現在は女性向けコンテンツの執筆編集のほか、薬事法アドバイザーとしても活躍している。

関連ワード

LINE登録

エルラブ 帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

あなたの回答が記事になる!アンケート回答の募集

デート
初デートで「失敗した!」という経験はありますか?
デート
【女性に質問】初デートは、どこまでOK?

男性の皆さまへ♪あなたの回答が記事になる!アンケート回答の募集

恋愛観・恋愛体験
【男性に質問】彼女のわがままに幻滅したことはありますか?
【お知らせ】

2019/10/16
【プレゼント企画】リアル恋愛調査!失敗した体験談の募集について

創業祭
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気の記事ランキング
  1. 「素股」とは?やり方って?見た目がエッチでカップルに人気!?
    1位 「素股」とは?やり方って?見た目がエッチでカップルに人気!?
  2. セックスは何回できる?!1日の最高回数
    2位 セックスは何回できる?!1日の最高回数
  3. ひとりエッチで自分のカラダを知る!初心者のためのはじめてガイド
    3位 ひとりエッチで自分のカラダを知る!初心者のためのはじめてガイド
  4. 前戯なしで挿入!?「ファストセックス」で2人の愛を深める秘訣
    4位 前戯なしで挿入!?「ファストセックス」で2人の愛を深める秘訣
  5. 何度もイク女性は少数!絶頂の回数とオーガズムの深さの関係
    5位 何度もイク女性は少数!絶頂の回数とオーガズムの深さの関係
おすすめトピック

トピック一覧ページへ

新着情報

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top