1. ラブリサーチ
  2. 大人のエッチに関する記事一覧
  3. セックス 好き

セックスは好き?嫌い?


Feedly登録

2011.04.01

カップルの画像

今回の調査内容は、ずばり「セックスは好きですか?」です。ちょっと余談になりますが…驚いたことに日本は、1年間での性交渉相手の人数では、かなり高い位置にランクインします。現実だと思いますが、どういうことなのかは、あまり考えたくないような気がしますね。1番多く今いるパートナーとの関係を持つ国は、フランスだそうです。まさに恋の国ですね。さて、アンケートはどのような結果になったのか見てみましょう。


「好き」と答えた人が718人と9割以上、「嫌い」と答えた人は僅か9人という結果になりました。「どちらともいえない」という答えの人も274名いました。他の動物とは違い、人間の場合は、子孫繁栄を目的とする一瞬のできごとではなく、変わらぬ愛の確認であったり、大事な思い出であったり、精神安定やストレス発散レジャーや楽しみとしてなど、さまざまな面を求めるようになってきていますので、「好き」と答えた人の理由も、きっとさまざまだと思います。


★さまざまな調査結果から見た現代男女の傾向★
Durex社の調査によると、日本の性交渉回数は年間平均48回と、世界的に見てもかなり少ない数字になっています。回数以外にも、重要度は38%、満足度は15%と、ちょっと低めの数字が並んでいます。しかしながら、前述の通り、1年間の性交渉相手の人数は、上位にランクインしているので、やはり驚きですね。
また、Harris Interactiveによる調査では、女性の46%、男性の30%が「2週間ネットに接続できないよりも、2週間セックスをしない方がマシ」と回答し、現代人らしい回答が出ています。更に、日本の20歳~34歳の草食系男子を対象にした調査では、「生活の中では何を重要視しているか」のアンケートの回答で、「自分1人の時間」を重要視していると答えた人68%に対し、「恋人」については31%と、半分の数字になりました。 好きで興味はあっても、機会は減少傾向という「袋とじ女子」増加を後押しするような時代の流れを感じますね。


他の動物とは違い、人間の場合は、変わらぬ愛情の確認や、大事な思い出、精神安定やストレス発散、女性として(または男性として)の自信アップ、レジャーや楽しみ、など、さまざまないい面があります。フランス人のように、今のパートナーに集中して、心から愛を育むことができると、さらに「好き」と答える人が増えていくかも知れないですね。

リュイールLP

▼ライター:晴香葉子さんプロフィール

作家・エッセイスト・心理カウンセラー
日本心理学諸学会連合認定心理学検定1級。株式会社リトルクローバー代表取締役 株式会社MSブレイン顧問
カウンセリング実績1万時間を超え、鋭くもあたたかい心理解説が評判になり、テレビ番組や心理テストの監修も手掛ける。著書は75万部を超え海外でも出版。10月テレビ『アッコにおまかせ』(TBS)心理コメント担当。

▼晴香葉子さんのサイトはこちら

LINE登録

エルラブ 帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

夜の道具箱
さくらの恋猫進化
人気の記事ランキング
  1. 手コキとフェラの合わせ技!口と手の両方で彼を攻める手技テク(技)
    1位 手コキとフェラの合わせ技!口と手の両方で彼を攻める手技テク(技)
  2. セックスは1日に何回する?一晩での回数や年代別によるエッチの頻度について
    2位 セックスは1日に何回する?一晩での回数や年代別によるエッチの頻度について
  3. ひとりエッチの気持ちいいやり方!ナカイキのコツなど女性のための初心者ガイド
    3位 ひとりエッチの気持ちいいやり方!ナカイキのコツなど女性のための初心者ガイド
  4. 本当の名器って何?快感を与える膣の作り方と名器かを女性が調べる方法
    4位 本当の名器って何?快感を与える膣の作り方と名器かを女性が調べる方法
  5. あそこの大きさの秘密!男性の体格とペニスのサイズじゃ関係あるの?
    5位 あそこの大きさの秘密!男性の体格とペニスのサイズじゃ関係あるの?
おすすめトピック

トピック一覧ページへ

新着情報

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

バックナンバー

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top