1. ラブリサーチ
  2. 大人のエッチに関する記事一覧
  3. 勃たない

彼が勃たない・勃っても持続しないときの、女性側の正しい行動とは

Feedly登録

2015.08.24

女性と男性が抱き合っている写真

「若いのだから勃って当たり前」「最後までイケて当然」とお思いでしょうか。いえいえとんでもない!近頃は若年層のEDで悩む男性が急増しているんです。その原因の多くは心因性、つまり心に抱えたストレスが原因とされています。しかし、その原因を知らずに女性はこう思ってしまうのです。

「私のせいなの…?」

彼氏を励ましたいと頑張れば頑張るほど、望んだ結果とは裏腹に彼のアソコは下を向くばかり。これは女性のエッチ問題、強いては日本の少子化に由々しき問題といえるでしょう。

そこでラブリサーチで『セックスの際「なかなか起たず挿入できなかった」経験はありますか?』とアンケートを実施したところ、約61%の女性が「はい」と答えています。

エッチ・ラブタイムについてのアンケート

【女性に質問】セックスの際「なかなか勃たず挿入できなかった」経験はありますか?

回答時期:2015.06.11〜2015.06.19|144名が回答

はい
(91)
いいえ
(53)

【はいと答えた方】その時どのように対応しましたか?詳しく教えてください

»『はい』と答えた方のコメントを見る

彼氏の年齢によって心因性でない場合もありますが、それでも半数以上の女性に経験があるということは、経験のない人も「明日は我が身」と捉えなければなりません。 そこで今回は彼氏が抱える「勃たない!」シチュエーションでの、望ましい対応や考え方をご紹介したいと思います。

正しい行動1:応援しない


女性が元気のない彼氏を励ましたくなるのは母性…つまり「本能」といってもいいでしょう。しかしその励ましが自分のダメな部分を指摘されているように感じさせてしまい、勃たない彼氏にかえってプレッシャーを与えてしまうのです。望ましいリアクションのコメントがありましたので抜粋します。

・「キスをしたり、相手のプレッシャーにならないような雰囲気や言葉を言いました」
・「気分転換で全くエッチに関係ない別の話をしたりした」

エッチ以外のことで場の空気を変えるのは、とても好感が持てます。彼氏自身も「このままじゃマズいな…」と思っているはず。しかし口から出るのは「ごめん」のひと言。その謝罪がますます勃たない負のループを生み出してしまうのです。

正しい行動2:その日は寝てしまう


彼氏は頑張ってアソコに「勃て、勃つんだ!」と念を送っているはずです。そんな気負いすらストレス&プレッシャーになり、彼氏自身を追い込んでしまいます。そして彼が思うことはやはり「ごめん」。 彼氏に「ごめん」と謝らせないために、女性はどのような対応をしたらいいと思いますか?望ましいリアクションのコメントがありましたので、抜粋します。

・「その日はせずに抱きしめ合いながら眠った」

そうなんです。その日はもうエッチのことを考えないようにさせるんです。優しく微笑んで「こんな日もあるよ。今日は寝よう」と彼氏に伝えましょう。 しかしこのとき、ちょっとでもガッカリやムッとした雰囲気、または励ましの雰囲気が出てしまうと、彼氏の意識は申し訳なさや不甲斐なさから「ごめん」に向いてしまいます。ですのでこんな気持ちを持っていてください。

「勃たないのは、男性の生理現象ではよくあること。気にする必要ないよ」

こういう思いを持って伝える一言と持たな一言では、彼氏への気持ちの伝わり方が全然違います。

正しい行動3:挿入以外のプレイを楽しむ


寝てしまうという対応が諦めているようでイヤだ、不完全燃焼のままじゃカラダがムズムズして眠れない!という人もいるでしょう。そんなときはせめて彼氏のアソコから意識を遠ざけるようにします。望ましいリアクションをコメントから抜粋します。

・「私が満足するまでオーラルでしてもらった」
・「パートナーをマッサージして労った」

勃たないとき、彼氏の頭の中はもう一度勃たせることと、あなたへのフォローでいっぱいです。フォローの意識を利用しない手はありません。心ゆくまでたっぷり愛してもらいましょう。そのとき、「気持ちいい!」のリアクションは、いつもの2倍増しで。あなたが喜べば喜ぶほど、彼氏の意識は愛撫に集中します。その集中が勃起を促します。

NGな行動:気合だ、気合だ、気合だー!!


ここまで読めば想像はつくと思いますが、反対にとってはいけないリアクションをお伝えします。コメントの中にもムムム…?と思うものがありました。

・「お口で頑張るか、傷つかないように気をつけながら諦めた」
・「勃起するまでフェラします」
・「手と口でがんばった」

頑張る気持ちを彼に伝えるほど、勃起から遠ざかります。勃起するまでフェラするのも博打に近い感覚です。勃てばラッキーですが勃たなかったら彼氏の自尊心を強く傷つけ、次のエッチの際「もしかしたらまた勃たないかも…」と彼が考えてしまいます。これもまた勃たない心因になってしまうのです。

エッチは挿入だけではない


エッチをするとなると、男性はもちろんのこと、女性も挿入するか否かに意識が向きがちです。その意識を取っ払ってしまいましょう!エッチは挿入だけではありません。挿入しなくても気持ちよくなれる方法はいくらでもあります。お互いの理解を深めていけば、その答えも自ずと糸口が見つかるはずです。

ちなみに私も勃たない彼氏との交際経験があります。その時もやはり「挿入だけがエッチじゃないよ」と言い続け、挿入以外のリアクションを取りました。結果約半年で勃たない、中折れしてしまうといった現象が解消されました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

リュイールLP

▼ライター:小室友里さんプロフィール

小室友里さん

ラブヘルスカウンセラー。90年代を代表するAV女優として世界初のアダルトDVD作品を発売した。AV引退後は、舞台、海外作品を含む映画出演。ボーカリストとしても活動中。ライターとしてセックス関連のコラム、お悩み相談など寄稿。「セックスとはお互いを知ること」がモットー。
小室友里さんの記事一覧
小室友里さん公式ブログ

▼小室友里さんのサイトはこちら
▼小室友里さんのTwitterはこちら
▼小室友里さんのFacebookはこちら

関連ワード

LINE登録

エルラブ 帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

あなたの回答が記事になる!アンケート回答の募集

恋愛観・恋愛体験
【上京経験者に質問】上京したてのころ、恋愛にまつわる失敗経験はありますか?
恋愛観・恋愛体験
あり得ないシチュエーションでキスの経験はありますか?
エッチ・ラブタイム
【女性に質問】海外の方とラブタイムを経験した事はありますか?
エッチ・ラブタイム
【女性に質問】ラブタイムの時パートナーから「気持ちいい?」と聞かれた事はありますか?
【お知らせ】

2019/4/19
ゴールデンウィークの休業について

ジャムウツアー
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気の記事ランキング
  1. 「ときめき不感症」になってない!?運命の出会いに繋げるときめきトレーニング
    1位 「ときめき不感症」になってない!?運命の出会いに繋げるときめきトレーニング
  2. エッチ初体験は皆どうだった?痛かった?年齢や場所など統計を公開!
    2位 エッチ初体験は皆どうだった?痛かった?年齢や場所など統計を公開!
  3. 「俺のものになれよ…」俺様彼氏との秘密のプレイが刺激的な官能体感コンテンツ2選
    3位 「俺のものになれよ…」俺様彼氏との秘密のプレイが刺激的な官能体感コンテンツ2選
  4. そうだったの?1年で1番ラブグッズ(バイブ)が売れる月は?
    4位 そうだったの?1年で1番ラブグッズ(バイブ)が売れる月は?
  5. スリル満点!「さくらの恋猫」が叶えるあんなところでエッチ体験
    5位 スリル満点!「さくらの恋猫」が叶えるあんなところでエッチ体験
おすすめトピック

トピック一覧ページへ

新着情報

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top