1. ラブリサーチ
  2. 大人のエッチに関する記事一覧
  3. 足ピンオナニー

「足ピンオナニー」の正しいやり方!イキやすくなるコツとイケなくなる注意点

Feedly登録

2020.02.24

女性

ラブリサーチのアンケートによれば、『オナニーで必ずオーガズムを感じることができる』と回答したのは320名中60.0%でした。

セックスに比べて自分の意志で快感をコントロールしやすいオナニー(ひとりエッチ)の場合でも、「毎回イケる」という女性は6割に留まっているようです。

そこで今回は、オナニーでもイキにくい初心者の女性でも、オーガズムを感じやすくなる「足ピンオナニー」の正しいやり方をご紹介します。この「足ピンオナニー」は、間違ったやり方をするとセックスでイキにくくなるので注意点もあります。

ひとりエッチについてのアンケート

【女性に質問】ひとりエッチで必ずオーガズムを感じることはできますか?

回答時期:2014.09.11〜2014.09.30|328名が回答

はい
(200)
いいえ
(128)

オーガズムを感じる為にしていることがあれば教えてください

»『はい』と答えた方のコメントを見る
»『いいえ』と答えた方のコメントを見る

足ピンオナニーとは何?

足ピンオナニーって何?

足ピン(脚ピン)とは、その名前の通り、両足をピンと伸ばして、上手に下半身の筋緊張を得ること。足ピンオナニーとは、この両足をピンとまっすぐに伸ばした姿勢でするオナニーのことを言います。実はこの体勢こそが、女性のオーガズムに深く関わっているのです。

女性のオーガズムは、太ももやお尻の筋肉を上手に使うのがポイントとなります。足ピンであれば内股に力が入るため、スムーズに快感を高めることができます。

この足をピンと伸ばすことで、自然と内腿の筋緊張が得られて、股の間がきゅっと引き締まります。これを足をしっかりとじた姿勢で行うと、クリトリスが刺激され、より性的快感を得やすくなります。クリトリスはとてもデリケートな器官なので、指やおもちゃなどで直接クリトリスを触れるよりも、「足ピン」のほうが焦らすような適度な刺激が加わり、オーガズムを感じやすくなるのです。

足ピンでイキやすい理由

女性のオーガズムは、男性のそれに比べて、内股やお尻の筋肉をうまく使うことで、より到達しやすくなります。そのため、オーガズムに必要な筋肉を鍛えたり、よりオーガズムに達しやすいような筋緊張が得られる体勢をとることで、オーガズムを感じやすくなります。

小さい頃からオナニーをしている女性は、無意識のうちに「足ピン」でオナニーをしていることがほとんどです。しかし大人になってセックスを経験してからオナニーを始めた女性の場合、「セックスの体位」を意識しすぎて、イキにくい姿勢でしていることがあります。

セックスでは「挿入のしやすさ」から開脚で足を曲げる姿勢が多いですが、これだと下半身に力を加えにくく、疲れやすくなるのです。オナニーでオーガズムを目指すなら、セックスの体位は一旦リセット。足ピン派にシフ トチェンジしていきましょう。

ただし、「オナニーではイケるのに、セックスではイケない」という場合は、この足ピンオナニーのやり方を間違っている場合もあるので、注意も必要です。正しい足ピンオナニーのやり方を学びましょう!

足ピン(脚ピン)オナニーのやり方

ここでは、足ピンオナニーでオーガズムを感じるポイントを順番に説明していきます。

  • 1.ベッドにあおむけの姿勢で横になり、やや閉じ気味に両足をまっすぐ伸ばします。太もものあいだに握りこぶしが1つ分入るぐらいのスペースを空けるのが目安。
  • 2.クリトリスやGスポットなどの性感帯を刺激しながら、快感の高まりにあわせて太ももやお尻に力をいれます。お尻の穴をキュッと締めるイメージを持つと分かりやすいでしょう。
  • 3.オーガズムに到達しそうになったら、つま先をピンと伸ばすようにしてさらに下半身に力をくわえていきます。個人差はありますが、イク直前は一瞬呼吸を止めるという方も多いです。

いきなりオーガズムを目指そうとはせず、「この姿勢のほうがリラックスできる」「ここに力を入れるとアソコが気持ちよくなる」など自分の体と対話するつもりで試してみて下さいね。

足ピン(脚ピン)オナニーの注意点

女性の足

女性をオーガズムの快感へと導いてくれる足ピンオナニーですが、この体位に慣れてしまうと普段のセックスでイキにくいと感じることがあります。セックスでは足を曲げたり開脚したりしていることがほとんどなので、なかなか足ピンしにくいですよね。そのため下半身に力が入りにくく、思うように快感を高めることができない方もいるようです。

その場合は、男性に協力してもらい、体位を工夫してみるといいでしょう。最初は普通に挿入し、タイミングを見計らって足ピンができる体位へと変えていきます。正常位であれば、挿入をしたまま女性が両足をまっすぐ伸ばします。

この体位なら浅めの挿入になるため、男性の早漏予防も期待できます。ただしペニスが抜けやすい体位でもあるので、あまり激しいピストン運動はおすすめしません。クリトリスを一緒に刺激するほか、キスやボディタッチなどでゆったりとしたプレイを楽しむようにしましょう

また、足ピンオナニーをしているとき、イキそうになる瞬間に脚を開いてみたり、オナニーをする場所を変えたりと、気分転換を試みてみるのも足をピーンとしないとイケなくなる対策になります。ただし、足ピンオナニーをしないように気持ちばっかり焦ってしまうと、オナニーでもオーガズム自体感じることが難しくなってしまうこともありますので、そこまで無理しないようにしたいです。

足ピン(脚ピン)オナニーは危険?

足ピンオナニーは女性の体の仕組みに沿う態勢・姿勢、つまり理にかなったやり方です。ところが、ネットで「足ピンオナニー」と検索すると、足ピンオナニーをおすすめしない、足ピンオナニーを矯正する、足ピンオナニーを改善する情報が多く見受けられます。

確かに足ピンオナニーでしかオーガズムを感じられなくなるのは、オナニーやセックスのバリエーションを損なうかもしれませんが、それだけの理由で足ピンオナニーをやめる必要はないのでは無いかと思います。

大切なのはオナニー法の使い分け

大切なのはオナニー法の使い分け

足ピンオナニーでオーガズムに達して、心も体もリラックスできたのなら、オナニーの目的を果たしたと言えます。足ピンオナニーを無理にやめようとしてオーガズムに達しなかったり、オナニーに消極的になってしまうことの方が問題です。

大切なのは足ピンオナニー以外にもオーガズムに達するアプローチを知ることです。

例えばラブグッズを使ったオナニーをしてみましょう。指では不可能な刺激も、ラブグッズなら可能です。ラブグッズで刺激し続ければオーガズムを我慢できずに絶頂を迎えてしまうでしょう。

ラブグッズを使いながらオーガズムの予感がしたら、下半身をリラックスして足ピンをしない心の準備をしておきましょう。足を曲げたままが難しいようでしたら、脚を開いて”いつもと違う姿勢で”オーガズムを迎えます。これを繰り返すことで足ピンでも別の姿勢でも、オーガズムに達するようになるでしょう。

足ピンオナニーでイケない場合の改善案

足ピンはイキやすい体勢ではありますが、それでもイクことが出来ない方もたくさんいるでしょう。男性と違って女性の場合は、物理的な刺激よりも精神的な状態の方が、イクためにとても重要な要素となります。
例えば、実家などでは親の目が気になって集中できなかったりするので、慣れるまでは一人で誰も人が入ってこない環境がオススメです。スマホもマナーモードにしておいて、オナニー以外のことを何も考えなくて良い状態を作りましょう。

そして環境が整ったら、あとは妄想したり女性向けアダルトビデオを見たりして、気分を高めるとイキやすくなりますよ。どうしても周りの雑音などが気になってしまう人は、イヤホンをつけると良いでしょう。

足ピンを、彼とのセックスで行う場合

足ピンを、彼とのセックスで行う場合

足ピンは、オナニーだけではなく、彼とのセックスにも取り入れることができます。いつもの体位に一工夫して、マンネリ防止にもいかがでしょうか。

足ピンセックスの体勢

いきなり両足を伸ばした体勢はなかなか難しいですが、最初は普通に挿入して、タイミングを見計らって徐々に足ピン体位に変えていくのがオススメです。オススメは正常位。挿入をしたまま、女性が足を開脚した状態から、ゆっくりと両足をまっすぐ伸ばします

足ピンセックスで意識するポイント

いきなり足ピン体勢に変換すると体勢自体を崩してしまいやすいので、お互いにコミュニケーションをとりながら変えていくようにしましょう。

しっかりと下半身に力を入れることに集中しながらも、性感帯で感じている性的快感からは意識を外さないことです。とくに、クリトリスを意識するとオーガズムに達しやすいかもしれません。

足ピンセックスの注意点

あまりにもやりすぎると、筋肉痛になってしまいます。筋肉痛になってもなお負荷をかけ続けると、筋肉損傷の原因になるのでやりすぎには注意です。

また、足をピンとすることで、ペニスが抜けやすくなってしまうので、高速のピストン運動はおすすめしません。スローセックスを意識しながら足ピンセックスを楽しんでくださいね。

膣圧を鍛えるとイキやすくなる!

膣圧を鍛えて、感度に磨きをかけよう!

足ピンオナニーに加えて、「骨盤底筋トレーニング(膣トレ)」をするとさらに感度に磨きがかかり、オーガズムを得やすい体質になります。

骨盤底筋とは、膀胱や膣、子宮といった臓器を支えている筋肉のこと。この骨盤底筋の力が弱いと、尿漏れや骨盤のゆがみにつながります。膣トレでは、尿道や膣を締めたり緩めたりする運動で、衰えてしまった骨盤底筋を強化することができます。

膣トレを始めると、「セックスで感じやすくなった」「中イキができるようになった」などラブタイムでもうれしいできごとが起こるようです。膣トレの方法がわからないと言う方は、膣のエクササイズができる『LCインナーボール』がおすすめ。可愛らしい水色のボールをリラックスした状態でゆっくりと中へ…。はじめのうちは1個、慣れてきたら2個と調整しながら膣や下腹部に力を入れて締め付けるだけ!

感じる体は1日にして成らず。愛する彼に愛撫されてバツグンに感じる自分を想像しながら、「感じるカラダ」に近づいていきましょう。

ラブグッズLP

♥ 人気・注目のタグ(別サイトへジャンプ)

▼ライター:岩崎みさとさんプロフィール

1988年生まれ。セックスライター。女性のオナニー研究家。女性目線でセックスの楽しみ方を綴ったブログ「PINKY」は50万PV/月を獲得している。

▼岩崎みさとさんのサイトはこちら
▼岩崎みさとさんのTwitterはこちら

関連ワード

LINE登録

エルラブ 帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

あなたの回答が記事になる!アンケート回答の募集

恋愛観・恋愛体験
【女性に質問】学生時代、付き合って初めてのキスのタイミングで多かったのは?
恋愛観・恋愛体験
【女性に質問】告白の返事を保留にされた後、付き合えた経験はありますか?
恋愛観・恋愛体験
【女性に質問】相手にさりげなく好意を伝え、遠回しに告白したことはありますか?
恋愛観・恋愛体験
以前は結婚願望がなかったのに、後に結婚したくなったことはありますか?
恋愛観・恋愛体験
幼馴染と付き合った経験はありますか?
恋愛観・恋愛体験
【女性に質問】別れないけれど、同棲を解消したという経験はありますか?
美容・ボディケア
【女性に質問】あなたは色気を磨きたいですか?

男性の皆さまへ♪あなたの回答が記事になる!アンケート回答の募集

男性向けアンケート
【男性に質問】デートの日に彼女が生理になったら、予定通りデートしますか?
男性向けアンケート
【男性に質問】意中の女性に何回目のデートで告白しようと思いますか?
おうち時間のススメ
さくらの恋猫進化
★注目!特別企画
平泉春奈さんコラボ企画【平泉春奈さんコラボ】連載恋愛小説!
人気の記事ランキング
  1. 手コキとフェラの合わせ技!口と手の両方で彼を攻める手技テク
    1位 手コキとフェラの合わせ技!口と手の両方で彼を攻める手技テク
  2. セックスは1日に何回できる?一晩でのエッチの最高回数と月平均
    2位 セックスは1日に何回できる?一晩でのエッチの最高回数と月平均
  3. ひとりエッチの気持ちいいやり方!ナカイキのコツなど女性のための初心者ガイド
    3位 ひとりエッチの気持ちいいやり方!ナカイキのコツなど女性のための初心者ガイド
  4. 本当の名器って何?快感を与える膣の作り方と名器かを女性が調べる方法
    4位 本当の名器って何?快感を与える膣の作り方と名器かを女性が調べる方法
  5. あそこの大きさの秘密!男性の体格とペニスのサイズじゃ関係あるの?
    5位 あそこの大きさの秘密!男性の体格とペニスのサイズじゃ関係あるの?
おすすめトピック

トピック一覧ページへ

新着情報

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

バックナンバー

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top