1. ラブリサーチ
  2. 大人のエッチに関する記事一覧
  3. 官能小説 恋

~連続官能小説 鼓膜で感じさせて~ 第一話-02「紗香の恋活」


Feedly登録

2017.03.29

感じる女性

長く付き合って来た元彼と別れてから、ここ二年ほどのあいだ、男日照りの紗香である。

紗香もアラサーだったし、付き合っていた男との結婚を意識しないではなかった。正直、付き合いも長いものだから、いつかは結婚するものと踏んでいた。おそらく相手も途中まではそうだったはずだ。

では何で別れたのかというと、ズルズルとぬるま湯に浸かるかのごとき時間を過ごしすぎて、メリハリを失ったというか、タイミングを逸したのだった。結局それはつまるところ、お互いの本当の必要性が分からなくなってしまったとも言える。

ちょっとのズレのつもりが、本当は決定的な隔たりとなって二人の間にそびえていたのを、五年も気付かずにいた。いや、気付かない振りをし続けたという、今思えば何とも痛々しい話なのだ。

もし一度別れて、やっぱりかけがえのない大切な人だった、とでも気付けるのなら、荒治療的に互いの存在の大きさを再確認出来た、という美談にもなろうが、別れまでうやむやで、残念極まりない感じに終わったのだった。
悲しい、辛い、とかいう心に刺さるような感情とはちょっと違った。今まで存在していたものがなくなって、ちょっと寂しいくらいの、うすら寒い希薄な感情が時折もたげるくらいだ。そんな関係だったことを改めて認識させられて、さらに情けなさに拍車をかける。

長過ぎた春を、恋が愛に変わったと、勝手に美化し錯覚していただけだった。本当はどんどん色褪せて、愛に変わるずっと前に、恋の成分さえフェードアウトしていたのも気付かなかったなんて。
本当はどこかで薄々感じていたのかもしれないが、お互い別れるエネルギーも勇気もなくて、惰性でしがみついていた。互いにこんな不幸なことはないだろう。五年もの若さを費やして気付くとは。

それ以来、なんだか男の人とは縁がない。もう一度向き合える人と出会えるような気がしないのだ。それに紗香自身がやたらと臆病になっている。三十歳を目前にして、もう一度別れる結果になったら、きっと立ち直れない

だが、枯れっぱなしというのも問題だとは思っている。まだギリギリ二十代なのだから。その証拠に体は正直だ。欲求不満は素直に現れてくる

電話口でバリトンボイスに欲情してしまったという、あの事件以来、妄想スイッチが入らないように、女として潤いを再び!と、努めて休みには恋愛ドラマや恋愛映画のDVDを見るようになった。だが、不幸な恋愛もどきに長い間さらされて、紗香はもう自分がどうやって恋愛をしていたかさえ思い出せない

だから休みに恋愛映画を見ても、ビール片手につまみをかじりながら、
「おいおい、そんなことあるはずないじゃん!」
なんて突っ込んでばかりいる。

切ない場面で号泣出来れば、それなりに心がすっきりできるだろうに。脳が恋愛に不感症になっているので、ストレスがたまる。心がモヤモヤしたもので一杯になっているのを改めて認識する。紗香の中にじっと降り積もって来た未消化な感情、満たされないもの。それは、ここ二年ほどのあいだ男日照りの欲望も一緒に含まれた形だ。恋愛不感症なのに、体は妙に敏感になってしまっている

寝る前に、恋愛映画で見た濃厚なキスシーンを思い出すと、やたらと体の芯が火照って来る。耳もとで囁かれる塚原のバリトンボイスを思い出す。ゆっくりと耳を、鼓膜を、なぶるように甘く囁くバリトンが、紗香の脳をだんだんとピンク色に染めていく。

彼の唇が、紗香の耳たぶを甘噛みし、耳の縁を舐める。ねっとりと、そしてわざとらしく唾液のねちっこい音を立てながら。その舌がまるで生き物のようにゆっくりと焦らしながら、首筋を伝い鎖骨の辺りまでおりてくる。しっとりとした唇と舌が、紗香の薄い皮膚の柔らかさを楽しむように、含み、ねぶる。

考えただけで背中はゾクゾクしっぱなしで、紗香の芯からジュンと熱い蜜がしたたるのがわかる。もじもじと太股をこすりあわせる動きをしながら、ブラトップの裾からそっと手を入れ、ゆっくりと臍の辺りから撫でるように、肌に触れるか触れないかのソフトなタッチでせり上がる。その手を塚原の手だと想像して。

塚原さんは女性を抱くとき、どういうふうに触れるんだろう?

紗香の指先が胸の頂きに触れる。プックリと膨らんできたそれをつまみ、転がす。初めはゆっくり、だんだん強く。それから音楽でも奏でるようにはじく。強弱をつけて、そしてさらにちょっとだけ乱暴に。
興奮で固く膨らんだ赤い実は、強弱の刺激を全て快感に変換して、紗香の脳を痺れさせる。

「んっ……ぁん」

あまりの快感に、思わず鼻にかかった甘い吐息が漏れる
きっと塚原さんは膨らんだ私の敏感な赤い実を、巧みに舌で舐め、転がし、唇も使って責め立てるに違いない。もしかしたら甘噛みもするかもしれない。
そう思うと、中からトロリと密が溢れた。もう我慢出来なかった。

一人でエッチする女性

右手をそっとショーツの中に差し入れ、やわやわと優しく、茂みをゆっくりかき分ける。きっと塚原さんならそうするはず。前の男とのことはうろ覚えだけれども、やたらとまだ見ぬ塚原に、こんな風な勝手な想像ばかりが先行する。
そしてゆっくり私の太股を割って……太股の肉感を楽しみながら、蕾を隠した花弁に舌を伝わせて……こんなふうに?

紗香の指が花弁の継ぎ目を伝う。快感への期待に、もう溢れんばかりに潤って、密壺からこぼれてきた密が、紗香の指にまとわりつく
塚原さんが……舌で割れ目をなぞりながらたっぷり焦らした後に……花弁を剥いて……私の花芯を舌で愛撫して……
紗香の指が生き物のようにうごめく。どんどん密が溢れてくる。臀部の方へも伝って、ショーツにシミを作る。火照るからだは薄紅色に染まり、熱病に冒されたように求めてしまう。快感に身を任せると、火照った下半身が溶けて行きそうだった。
花弁を剥いて、熱く充血した花芯を指の腹で弄ぶ。蜜の粘性が滑りを加速して、さらにジンジンと敏感な快感をダイレクトに紗香の脳へ伝える。

「あぁん、気持ちいぃ……」

指の動きは繊細に、小刻みに、それでも大胆さと強さを増す。紗香は知らぬ間に快感の揺らぎの中で、大きく太股を開いた恥ずかしい格好になっていた。
クチュ、クチュクチュ……粘りのある卑猥な音が紗香の耳を犯す。はしたないとわかっていても、興奮と快感を一気にトップギアへ誘う。

「ん……んっ!んんっ!!」

ビクビクビクっ、と下腹部の深い部分で強い痙攣が起こり、ぎゅうっと中が引き込むように強く収縮する。エアーセックスだから搾り取る相手もないのに。さらに律儀に、女の性に忠実に貪欲に絞りとろうと、収縮し痙攣し続ける。女である自分の象徴のようなこの子宮が、紗香には愛おしかった。
あとはもう覚えていない。心地よい満足の中で、眠りに溶けるように落ちて行った。

独り寝の慰めは、虚しいといえば虚しいのかもしれないが、体は正直なもので、肉体的な満足とほどよい筋肉運動の後で、ぐっすりと心地よい深い眠りが得られるのだった。おかげで週明けに大抵お肌はツルツルだ。ある意味紗香の女の潤いは、部分的にだが満たされてはいた。

※次回短編小説は4/5(水)更新です。お楽しみに!

★【連続官能小説】>>
『鼓膜で感じさせて 第一話「声の誘惑」』
⇒『連続官能小説 鼓膜で感じさせて』まとめ読み!

★もっと読める!短編官能小説>>
『「官能小説」に関するまとめ』はコチラ!

漫画TOP

▼ライター:緋鹿 折さんプロフィール

緋鹿 折さん

某国立大学理学部卒業。医学博士。

LINE登録

エルラブ 帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

ジャムウセット
さくらの恋猫進化
人気の記事ランキング
  1. 手コキとフェラの合わせ技!口と手の両方で彼を攻める手技テク(技)
    1位 手コキとフェラの合わせ技!口と手の両方で彼を攻める手技テク(技)
  2. セックスは1日に何回する?一晩での回数や年代別によるエッチの頻度について
    2位 セックスは1日に何回する?一晩での回数や年代別によるエッチの頻度について
  3. ひとりエッチの気持ちいいやり方!ナカイキのコツなど女性のための初心者ガイド
    3位 ひとりエッチの気持ちいいやり方!ナカイキのコツなど女性のための初心者ガイド
  4. 本当の名器って何?快感を与える膣の作り方と名器かを女性が調べる方法
    4位 本当の名器って何?快感を与える膣の作り方と名器かを女性が調べる方法
  5. あそこの大きさの秘密!男性の体格とペニスのサイズじゃ関係あるの?
    5位 あそこの大きさの秘密!男性の体格とペニスのサイズじゃ関係あるの?
おすすめトピック

トピック一覧ページへ

新着情報

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

バックナンバー

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top