1. ラブリサーチ
  2. 大人のエッチに関する記事一覧

食欲の秋ならぬ性欲の秋? 秋に特化したセックス術

Feedly登録

2001.01.01

「食欲の秋」「読書の秋」「ファッションの秋」など色々ありますが、あなたにとって今年の秋は何がメインテーマですか? まだ決まっていない人には、「性欲の秋」がオススメです。

■人肌恋しさを誘う秋
今年の夏は大変な猛暑でした。そのため、男性も女性も「この暑いなか、他者とベタベタしたくない!」と、性欲減退気味だったように見受けられます。

しかし秋になり、肌寒さを感じるようになってくると、人肌恋しくなるもの。そう考えると、秋の入り口には大いなるセックスチャンスが潜んでいるといって良いでしょう。

■殿方はパンストがお好き?
人肌恋しくなっている男性を上手に誘惑してこそセックス美人です。秋らしいセックスアピールといったら、なんといってもパンストでしょう。

繰り返すようですが、今年の夏は大変な猛暑でした。そのため、パンストなんぞ穿く気になれない生足女性がほとんどだったはず。

男性にとって、女性の生足も魅力的ですが、同じくらいパンストを着けた女性にも魅了されるものです。なぜならパンストは、男性にとって「一度でいいから破ってみたい」、禁断のアイテム!

実際のプレイで破るか否かは別として、デートにパンストを強調したファッションで赴くことで、男性の想像力を掻き立てる効果は充分にあるでしょう。

■殿方はブーツもお好き?
秋といえば、サンダルやミュールから、ブーツへと移行する季節です。パンストと並んでブーツもまた、男性にとっては欲情を掻き立てられるキラーアイテム! 

ブーツは、女性の脚を美しく魅せる効果があるので、脚フェチ男性にとってはたまらないのでしょう。「ブーツを履いたままの状態でセックスしたい」と夢見る男性は意外と多いです。さらには、匂いに関心を持つ男性もいれば、「ブーツで踏まれたい!」とハードな願望を持つ男性も。

これまた、実際にブーツ着用セックスに挑戦するか否かは別として(土足厳禁のホテルもありますし)、ブーツを履いてデートに赴くことで、男性の想像力を掻き立てましょう。

■殿方は華やかランジェリーがお好き?
夏場は薄着にあわせて、アウターに響かないモールドブラがメインだった女性がほとんどでしょう。モールドブラは、シンプルイズベストなデザインで、色もベージュや黒などだいぶ控えめ。

つまり男性は、何ヵ月もレースやカラフルなランジェリーを目にしていないということになるのです。秋服は、それなりに厚みがあるので、アウターを気にせずレース付きの下着や華やかな色のランジェリーが楽しめる季節。

オシャレなランジェリーは、男性を楽しませるだけでなく、自分自身のエッチモードをアップさせるにもひと役買ってくれるでしょう。

関連記事

▼ライター:菊池美佳子さんプロフィール

菊池美佳子さん

1977年3月17日生まれ。20代の頃に様々なナイトワークを経験、男女の性愛について身をもって学ぶ。 引退後はコラムニストに転身。
菊池美佳子さんの記事一覧

LINE登録

エルラブ 帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

あなたの回答が記事になる!アンケート回答の募集

恋愛観・恋愛体験
【女性に質問】運命の出会いはあると思いますか?
恋愛観・恋愛体験
【上京経験者に質問】上京したてのころ、恋愛にまつわる失敗経験はありますか?
エッチ・ラブタイム
【女性に質問】ラブタイムの時、どちらの下着から脱ぎますか?
彼・パートナーとの関係
動物を飼っているパートナーと付き合ったことはありますか?
2019決算セール
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気の記事ランキング
  1. 「ときめき不感症」になってない!?運命の出会いに繋げるときめきトレーニング
    1位 「ときめき不感症」になってない!?運命の出会いに繋げるときめきトレーニング
  2. エッチ初体験は皆どうだった?痛かった?年齢や場所など統計を公開!
    2位 エッチ初体験は皆どうだった?痛かった?年齢や場所など統計を公開!
  3. 「俺のものになれよ…」俺様彼氏との秘密のプレイが刺激的な官能体感コンテンツ2選
    3位 「俺のものになれよ…」俺様彼氏との秘密のプレイが刺激的な官能体感コンテンツ2選
  4. そうだったの?1年で1番ラブグッズ(バイブ)が売れる月は?
    4位 そうだったの?1年で1番ラブグッズ(バイブ)が売れる月は?
  5. スリル満点!「さくらの恋猫」が叶えるあんなところでエッチ体験
    5位 スリル満点!「さくらの恋猫」が叶えるあんなところでエッチ体験
おすすめトピック

トピック一覧ページへ

新着情報

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
page top