1. ラブリサーチ
  2. 大人のエッチに関する記事一覧
  3. 性感帯

性感帯ランキング発表!あなたの性感帯は乳首?耳?あそこ?

Feedly登録

2011.05.11

キスするカップルの写真

セックスにおいては、男性も女性も“感じる場所”を愛撫されたいものです。互いの快感のツボを知っていて、効果的にアプローチすることができれば、ふたりの関係のよさ、深さ、確かさを実感することができます。その意味では、相性とは、あらかじめ与えられたものに限定されず、互いの努力によって高めることができるものだといえるでしょう。さて、女性の性感帯は、どんなところに集中しているのでしょう?また、知る人ぞ知る、意外な場所があるのでしょうか?


エッチ・ラブタイムについてのアンケート

次の中からエッチのとき、されると感じる行為を2つ教えてください。

回答時期:2008.06.14〜2008.06.16|280名が回答

キス
(120)
バストを揉まれる
(26)
乳首への愛撫
(133)
クリトリスへの愛撫
(173)
耳やワキなど特定部位への愛撫
(71)
その他
(14)

具体的に「コレをされると必ず感じる!」というエピソードがあれば教えてください。

»『キス』と答えた方のコメントを見る
»『バストを揉まれる』と答えた方のコメントを見る
»『乳首への愛撫』と答えた方のコメントを見る
»『クリトリスへの愛撫』と答えた方のコメントを見る
»『耳やワキなど特定部位への愛撫』と答えた方のコメントを見る

トップの「クリトリス」が6割以上というのは、想定内の結果であるように思われます。大雑把な言い方をすると、「クリトリス」を愛撫することにより、快感に導かれる女性が2人に1人以上、ということですから、男性としてはまず、その技術を磨きたいものです。2位の「乳首」について考えるうえで興味深いのは、「バストを揉まれる」が5位であり、1割にも満たないということです。“乳首を触られると感じる女性は多いけれど、胸全体に反応する女性は限られる”と解釈できます。3位の「キス」には、女性のカラダのいろんな部位へのものが含まれていました。


4位の「耳やワキなどの特定部位」について、具体的な内容をみていきましょう。まずは首(首筋/うなじ)が感じてしまう特定部位のNO.1でした。その次に多かったのが「耳」です。「耳」で感じるシチュエーションは、「息を吹きかけられる」「舐められる」「キスされる」「舌を入れられる」「カレの荒い息遣い」「穴に指を入れられる」など、バラエティに富んでいました。


前述の「バストを揉まれる」についても、数こそ少ないものの、この上なく感じる女性たちもいますし、結局のところ、一般論に惑わされることなく、彼女の感じる場所を愛撫するのが正解なのです。ただし、最初のHのときから、相手の弱い場所を見つけ出すのは難しいものです。したがって、多くの女性が確実に感じるスポットを攻めつつ、その人だけが感じる“とっておきのところ”をふたりで探していくとよいでしょう。


関連記事

リュイールLP

関連ワード

LINE登録

エルラブ 帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

あなたの回答が記事になる!アンケート回答の募集

恋愛観・恋愛体験
【女性に質問】こんなプロポーズがされたい!理想はありますか?
デート
初デートで「失敗した!」という経験はありますか?
エッチ・ラブタイム
恥ずかしいセックス失敗談はありますか?
エッチ・ラブタイム
キスとオーラルどちらが上手だと嬉しいですか?
エッチ・ラブタイム
駅弁エッチをしたことはありますか?
エッチ・ラブタイム
【女性に質問】初体験の時、エッチ前にシャワーは浴びましたか?
ジャムウセール
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気の記事ランキング
  1. 「素股」とは?やり方って?見た目がエッチでカップルに人気!?
    1位 「素股」とは?やり方って?見た目がエッチでカップルに人気!?
  2. セックスは何回できる?!1日の最高回数
    2位 セックスは何回できる?!1日の最高回数
  3. ひとりエッチで自分のカラダを知る!初心者のためのはじめてガイド
    3位 ひとりエッチで自分のカラダを知る!初心者のためのはじめてガイド
  4. 前戯なしで挿入!?「ファストセックス」で2人の愛を深める秘訣
    4位 前戯なしで挿入!?「ファストセックス」で2人の愛を深める秘訣
  5. 何度もイク女性は少数!絶頂の回数とオーガズムの深さの関係
    5位 何度もイク女性は少数!絶頂の回数とオーガズムの深さの関係
おすすめトピック

トピック一覧ページへ

新着情報

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top