1. ラブリサーチ
  2. 大人のエッチに関する記事一覧
  3. 愛液,膣分泌液

愛液とはいったい何か?味やニオイ、濡れない原因からヌレヌレの量になる方法


Feedly登録

2020.05.25

女性の下半身

この記事はこんな人におすすめです

  • 濡れないで挿入時に痛みを感じることが多い方
  • 愛液不足で濡れにくいことが多くて悩んでいる人
  • より感じやすい体になりたいと思っている人

パートナーとのセックスのときに、なかなか濡れなくて愛液不足について悩んでいませんか。ラブリサーチが行った『いつもより「濡れない」と感じる日はありますか?』というアンケートでは、「(濡れにくい日が)ある」と答えた人は78.1%。「ない」と答えた人に比べて2.7倍多い結果になりました。

エッチ・ラブタイムについてのアンケート

【女性に質問】いつもより「濡れない」と感じる日はありますか?

回答時期:2014.08.18〜2014.08.29|238名が回答

ある
(186)
ない
(52)

「濡れない」と感じる日はどのように対処しますか?

»『ある』と答えた方のコメントを見る
»『ない』と答えた方のコメントを見る

コメントを見てみると「ない」と答えた人は「いつも感度が良くてすぐに濡れる」というケースが大半を占めています。一方、「ある」と答えた人の対処法には、マンネリを解消するために場所を変えたりラブグッズを使ったりして感じにくさを解消しているというコメントが目立ちました。

女性の腟内の濡れやすさというのは、腟内に分泌される愛液によって決まっているわけですが、「愛液が足りないな」と感じるのはなぜなのでしょうか。今回は私たちがあまりよく知らない愛液の基本、愛液が分泌されるメカニズム、愛液を増やす方法についてお話していきたいと思います。この記事が愛液不足を解消するきっかけとなり、彼とのエッチがより良いものになれば幸いです!

愛液とは?その基本をQA方式で解説!

愛液で濡れない

彼とエッチをしたり、エッチな気分になったりすると出てくる愛液。ご自身の経験から、ほとんどの人は愛液の存在自体は知っているかと思います。しかし、改めて考えてみると「愛液って何だろう…?」と知らないことばかりのはずです。そこでまずは愛液の基本について、質問形式でお答えできればと思います。

Q1.愛液って何?主な成分は?

愛液はラブジュースなどとも呼ばれますが、専門用語でいうと「腟分泌液(ちぶんぴつえき)」といいます。その正体は、セックスや愛撫によって膣壁(ちつへき)と呼ばれる部分から分泌される腟液(ちつえき)です。この膣液には血管から漏れてきた血漿成分(血液の液体成分)や、子宮頚管粘液などが含まれることがわかっています。

Q2.愛液にはどんな役割があるの?

愛液の一番の役割は、セックスにより妊娠しやすくすることです。愛液が多く分泌されれば、ペニスの挿入はスムーズになりますし、膣内がアルカリ性に寄るので精液が子宮に届きやすくなります。本来、膣内は細菌を殺すため酸性状態になっていますが、セックス中は愛液で満たしてアルカリ性に寄せているんですね。

Q3.愛液はおりものとは違うの?

愛液とおりもの(下り物)は異なるものです。おりものは性的な興奮などと関係なく女性器から分泌される物質の集まりのことです。おりものには妊娠しやすくする役割もありますが、主には女性器の中に細菌が入らないようにする役割を担っています。つまり、女性器の中を清潔な状態に保ってくれているのです。

Q4.愛液が分泌される仕組みを教えて!

愛液はセックスや愛撫、妄想といった性的刺激を受けた際によく分泌されます。特に愛している彼とエッチをして快感を得ると愛液はたくさん分泌されます。一方、嫌な相手とのセックスでも愛液が分泌されるのですが、これは腟内を傷つけないようにするための防御反応だといわれています。決して無理やりのセックスで「感じやすい」のではなくて、あなたの体が傷つかないように本能で守ってくれているのです。

Q5.愛液の色やニオイ、味は?

まず愛液の色に関してですが、本来は無色透明をしています。エッチ中は少し白く濁ることもあるのですが、これは単にピストンなどにより愛液が泡立っているから。エッチの気持ち良さとは基本的に関係ないといわれています。しかし、ニオイや味は、エッチの気持ち良さが関係している可能性もあるようです。

Q6.なぜ愛液の味は変化するの?蜜の味になるのは本当?

愛液はセックス中アルカリ性

もともと愛液は酸性の状態になっていますが、興奮すると愛液が分泌されてアルカリ性に寄ります。アルカリ性は苦みがするので、酸っぱさはなくなり苦みを強く感じるようになります。また、愛液は「蜜の味」といいますが、甘く感じることはありません。しかし、彼があなたのことを好きで、あなたの愛液もおいしいと感じてくれることはありますよ。

Q7.愛液の量には個人差があるの?

濡れやすさには体質なども関係しているため、個人差があります。興奮してもほとんど濡れないという人もいれば、男性と一緒にいるだけでパンツにシミができるくらい濡れてしまう人もいます。経験豊富なある男性に聞いたところ「10人中3人は濡れやすい」とのことで、やや濡れにくい人が多いのかもしれません。ちなみに濡れやすい人の中にも、その体質をコンプレックスに思っている人がいるとのことです。

関連記事

男性には愛液の好みやまんこの味に好みがある?

愛液で濡れない

男性が女性の愛液のことをどう思っているのか気になる人も多いはずです。これには男性の価値観もあるのですが、中には濡れ具合や味、ニオイなどを気にする方も見られます。特に女性のアソコを舌で舐めたりするクンニの時には「マン汁の味がイイ…!」、「匂いが合わない…」などいろいろな感想を持つようです。

また、愛液による濡れ具合を重視している男性は多いといいます。濡れ具合は感度のバラメーターであり、彼女がたくさん濡れていればそれで幸せを感じる男性もたくさんいます。女性の濡れやすさには体質や雰囲気などさまざまな要因が関係するので、もし濡れにくいなら原因に合わせた対応をするのがおすすめです。

愛液分泌のメカニズム!なぜ濡れにくくなるの?

冒頭でも少し説明しましたが、愛液が分泌されるのはエッチや妄想などによって性的興奮が高まるからです。しかし「ある日はよく濡れるのに、ある日はあまり濡れない…」なんていうお悩みもあるかと思います。そこで愛液が分泌されるメカニズムとなぜ濡れにくくなるのか詳しく解説します。

濡れない理由1:ホルモンバランスの乱れ

愛液の分泌量には、ホルモンバランスが関係しているとわかっています。寝不足などにより自律神経が乱れている人や、仕事などでストレスを抱えている人、過度のダイエットで生理が止まっている人は、愛液の分泌量が少なくなる傾向にあります。また、年齢も関係しており、ホルモン量が減少する更年期以降では愛液の分泌量が減るということも報告されています。

濡れない理由2:冷え性や水分不足など

また、愛液の分泌量には、エッチの時の体調なども関係しています。特に濡れ具合と関係してくるのが、体の冷え、むくみ、水分不足などといわれています。冷えやむくみがある場合は、血流が悪くなっている可能性があり、膣周辺の血管が拡張しにくくて濡れにくいかもしれません。また、水分不足の状態だと膣内に出せる愛液の量が減ってしまい、やはり愛液が分泌されにくいといいます。

濡れない理由3:エッチのムードがよくない

愛液は性的興奮によって分泌されるものなので、もしかしたら彼とのエッチ中に十分に興奮できていないかもしれません。エッチ中に興奮するポイントは、会話、愛撫などの前戯、挿入などさまざまありますが、何かが物足りなくて濡れにくくなっているのかも…。または、少しエッチの流れがマンネリ化していて濡れにくくなっている可能性も考えられます。

濡れない理由4:体質などが関係しているかも?

「エッチで感じているのに何を試しても濡れにくい」という人は、体質的に濡れにくいという可能性が考えられます。汗をかきやすい人もいればそうでもない人がいるように、愛液が分泌されやすい人もいれば愛液が分泌されにくい人もいます。ただし、ある程度体質によるところもありますが、必ずしも濡れないというものでもありません。少しずつ体質を改善していけば、濡れやすくなれるともいいます。

濡れない時の対処法!どうしたら愛液は出やすくなる?

愛液で濡れない

それでは「どうしても濡れない」という時にはどうしたらいいのでしょうか。まずは濡れにくさに対してコンプレックスを持たないために「濡れなくても大丈夫…!」と思うようにしましょう。それから十分に愛液が分泌されて濡れやすくなるために、以下のことに取り組んでみるのが良いですよ!

濡れやすくなる方法1:筋トレやストレッチ

自宅でできる軽い筋トレやストレッチをすることで、滞っていた血流を良くする働きが期待できます。また、体を動かすことで気分もリフレッシュ!精神的にも良い作用が期待できるようになります。

体を循環する血液は、特にふくらはぎの筋肉がポンプの働きをして心臓に押し返されています。「カーフレイズ」といったつま先立ちする筋トレなどをして、ふくらはぎなどの筋肉をしっかり動かしてあげるようにしましょう。時間があるなら、ウォーキングなどに取り組んでみるのも良いですよ。

濡れやすくなる方法2:冷え性対策と適度な水分補給

女性の場合は、知らず知らずのうちに体が冷えていることも多いです。例えば、オフィスでのデスクワークでは体を動かさないため、体の芯から冷えてしまう原因になります。冷房や冷たい飲み物などを控えるのはもちろんですが、体温を上げるためにお風呂にゆっくり浸かる、温かい食事を食べるなどもおすすめです。また、水分補給はできる限り温かい飲み物や常温の飲み物で行うと良いでしょう。

濡れやすくなる方法3:栄養バランスのとれた食事

不規則な生活や偏った栄養バランスの食事を続けるのはNGです。例えば、揚げ物や酸化した油をたくさん使っている外食メインの食事を続けていると、血行が悪くなりやすいといわれています。野菜やキノコ類といった繊維質の多い食事を続けることと、温かい食事を摂ることがポイントになります。

濡れやすくなる方法4:オナニーをする

愛液の分泌のしやすさは、性的刺激に対する感じやすさと強い関係があります。つまり、エッチ中にあまり濡れていない理由は、挿入や愛撫の気持ちよさがわからないからかもしれません。そのようなときはオナニー(ひとりエッチ)をして、性的刺激に対する感度を高めておくのも一つの手です。

女性の身体には乳首、クリトリス、Gスポットなどさまざまな性感帯があります。しかし、これらを触られて気持ちいいと感じるかどうかには個人差があります。オナニーをすることで徐々に刺激になれて、気持ちいいと感じられるようになります。それに伴い愛液の分泌量も少しずつですが増えてくるでしょう。

参考画像

濡れやすくなる方法5:エッチ中の緊張をほぐす

エッチ中に緊張しているあまり、血管が収縮して愛液が分泌されにくくなっている場合があります。そのような時は、まずはリラックスすることです。ただ、リラックスしようと思えば思うほど、体は緊張してしまうのも事実です。ですので、体の力を抜いて楽しもうとするのが良いかと思います。

ゆっくり前戯に時間をかけたり、アロマなどのリラックスできる香りを焚いたり、パートナーとのコミュニケーションを楽しんだりするとよいでしょう。焦りすぎると余計に濡れにくくなってしまうので、焦らずゆっくりと時間をかけるつもりでセックスに臨んでください。

濡れやすくなる方法6:ラブグッズを使う

もしかしたら彼とのエッチに満足していなくて濡れにくくなっている可能性もあります。そのような場合には、「LCピンクローター」やバイブの「スカイビーンズ」などのラブグッズを使うのもおすすめです。今までにない快感が得られるため、エッチ中にたくさん愛液が出てくるかもしれませんよ。

また、どうしても「濡れないことが怖い…」というのなら、「LCハーバルローション」などのラブローションをそばに置いておくのもおすすめです。いつでもローションを使えるようにしておくだけで、気持ち的に余裕ができるはずですし、実際に使ってみたらきっと濡れ具合のアップにつながりますよ。

関連記事

もし愛液のことで困ったことがあったら?

愛液で濡れない

ここまでは愛液を多く出すための方法を説明してきましたが、愛液に関するお悩みは濡れ具合のほかにもニオイや味などもあるでしょう。愛液のニオイや味は日ごろの生活習慣やエッチの時の体調によって変わるため、先に紹介した濡れやすくなる方法に取り組むことで改善していくことが多いです。

しかし、愛液の異臭…。つまり、デリケートゾーンの異臭などが続く場合は、もしかしたら性感染症などのトラブルが起きているかもしれません。また、痛みやムズ痒さなどがある場合も同様です。愛液に関する不安があれば、一度、婦人科などの先生に相談してみるほうがいいかと思います。

愛液はたくさん出るようになる!

エッチ中の濡れにくい、濡れやすいは、パートナーとの相性だけではなく、体質や食生活、運動習慣などさまざまな要因によって変わります。

まずは体を冷やさないようにして血液循環を良くすることや、適度な運動や十分な睡眠をとってホルモンバランスを整えることが、濡れやすくて感じやすい体を作るポイントになります。美容と健康にも重要なことなので、これらのことを実践してみてくださいね。

リュイールLP

♥ 人気・注目のタグ(別サイトへジャンプ)

▼ライター:山下真理子さんプロフィール

山下真理子さん

女医、タレント/山下真理子先生
岡山県出身。医師免許取得後は、医療だけではなく、美容、タレント、モデルとして幅広く活躍している。
著書に「あなたの魅力が10倍増すセックス」「夜のお悩み相談クリニック」の他、写真集「診て感じるクリニック」がある。 ファッション誌やラジオ番組、バラエティ番組にも数多く出演。
山下真理子さんの記事一覧

関連ワード

LINE登録

エルラブ 帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

夜の道具箱
さくらの恋猫進化
人気の記事ランキング
  1. 手コキとフェラの合わせ技!口と手の両方で彼を攻める手技テク(技)
    1位 手コキとフェラの合わせ技!口と手の両方で彼を攻める手技テク(技)
  2. セックスは1日に何回する?一晩での回数や年代別によるエッチの頻度について
    2位 セックスは1日に何回する?一晩での回数や年代別によるエッチの頻度について
  3. ひとりエッチの気持ちいいやり方!ナカイキのコツなど女性のための初心者ガイド
    3位 ひとりエッチの気持ちいいやり方!ナカイキのコツなど女性のための初心者ガイド
  4. 本当の名器って何?快感を与える膣の作り方と名器かを女性が調べる方法
    4位 本当の名器って何?快感を与える膣の作り方と名器かを女性が調べる方法
  5. あそこの大きさの秘密!男性の体格とペニスのサイズじゃ関係あるの?
    5位 あそこの大きさの秘密!男性の体格とペニスのサイズじゃ関係あるの?
おすすめトピック

トピック一覧ページへ

新着情報

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

バックナンバー

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top