1. ラブリサーチ
  2. 大人のエッチに関する記事一覧
  3. 両イキ

未知の絶頂「両イキ」をマスターする方法!これは「中でイク」以上の快感?


Feedly登録

2018.10.01

両イキする女性

この記事はこんな人にオススメです

  • 両イキできるようになりたい!
  • イク種類の違いを知りたい
  • 両方で「イク」感覚をハッキリ掴みたい

今よりもっと気持ちいい、未知のオーガズムがあるのなら、体験してみたいですよね。中イキと外イキ、その2つを同時に感じる「両イキ」ができれば、その願いは叶うかもしれません。特に中イキについては、ある程度の経験がないと感覚が掴みにくいオーgズムです。

ラブリサーチが実施した『中イキを経験したことがありますか?』というアンケートでは、「経験あり」との回答が40.8%。半数以上の方が、中イキを難しく感じているようです。

エッチ・ラブタイムについてのアンケート

【女性に質問】「中イキ」を経験したことはありますか?

回答時期:2015.06.04〜2015.06.12|147名が回答

はい
(60)
いいえ
(87)

【はいと答えた方】クリトリスでイク感覚とどう違いましたか?また中イキのコツがあれば教えてください

»『はい』と答えた方のコメントを見る
»『いいえ』と答えた方のコメントを見る

この記事では、「両イキ」のコツとステップをご紹介しています。両イキをマスターできれば、セックスがもっと満足感に溢れたものになること間違いナシですよ!

「両イキ」とは

「両イキ」とは、挿入中の快感である「中イキ」と、クリトリスへの刺激で得られる快感「外イキ」が、同時にやってくること。セックスで挿入中、「膣イキ」が近づいて来そうなときに、相手にクリトリスを同時に触ってもらいながらイクようにすると両イキできる可能性があります。

その両イキを感じるために、まずは「中イキ」と「外イキ」それぞれの感覚を掴むステップからはじめてみましょう。

しっかり「イク」感覚を身に着けることができれば、もっと満足感のあるエッチにすることができるはず。中でも、「両イキ」ができれば、病みつきになるほどの快感を味わうことができることでしょう。

「外イキ」をマスターする方法

「外イキ」は、クリトリスへの刺激で得られるオーガズムのこと。クリトリスは刺激に敏感ですので、比較的マスターしやすいかもしれません。

・「外イキ」をマスターする方法 ~ひとりエッチ編~

「外イキ」の感覚を掴みたいなら、まずは、ひとりエッチでチャレンジしてみましょう。感じるコツは、自分を「気持ちよくしてあげる」というイメージで、クリトリスを刺激すること。

クリトリスは触ることで自然と快感を得られる場所ですが、「触れば勝手に気持ちよくなる」とは思うのはNG。人によって気持ちいい触り方が異なるので、焦らしたり、強弱をつけたりしながら、より自分が敏感に感じる方法で、「外イキ」を目指しましょう。

足をピンと伸ばして足に力を入れながら触ったり、ローションなどを使って滑りをよくしたりすると、イク感覚を掴みやすいようです。小さなローターを使って、刺激してみるのもいいかもしれません。

・「外イキ」をマスターする方法 ~彼とのエッチ編~

彼とのエッチでは、指や舌で気持ちよくしてもらうのがベターです。触り方を意図して刺激するひとりエッチのときとは違い、相手がどんな刺激を与えてくれるか、予想ができません。その予想できない刺激を、「快感に繋がる」という意識で受け入れましょう

ひとりエッチのときに「外イキ」の感覚が掴めていれば、安心して彼の愛撫も受け入れることができるはず。恥ずかしがらず、彼に触られていることに集中してみましょう。

「中イキ」をマスターする方法

「中イキ」は「外イキ」に比べると、難易度が少し高め。でも、「中イキ」をマスターできれば、彼が挿入している間、何度もイってしまう連続イキも可能になります。

・「中イキ」をマスターする方法 ~ひとりエッチ編~

ひとりエッチのときは、Gスポット(お腹側の膣壁)やポルチオ(子宮口の手前付近)の位置を確かめることが第一ステップになります。

膣の形や大きさ、Gスポットの位置は、人によって違います。バイブやディルドなどを使って、焦らずじっくり、ココというポイントを探しましょう。特にポルチオは、クリトリスとは違い、一度刺激しただけで気持ちよくはなりにくいもの。何度も刺激を試して、快感に繋がる感覚を掴みましょう

・「中イキ」をマスターする方法 ~彼とのエッチ編~

彼とのエッチでは、もちろん彼のペニスが、「中イキ」へと導いてくれるのが理想的。とはいえ、ここでも焦りは禁物です。ペニスの大きさや形も人それぞれ違うので、自分と彼とでピッタリの場所を探しましょう。

ぜひ、いろいろな体位でチャレンジしてみてください。一般的な正常位やバックではなく、ちょっと違った体位のほうが、Gスポットやポルチオへの刺激をしやすいこともあります。速さや強さよりも、角度や体位をゆっくり試してもらうよう、彼におねだりしてみるのもおすすめです。

「両イキ」できる方法

「外イキ」「中イキ」の感覚が掴めてきたら、いよいよ「両イキ」に挑戦。基本はそれぞれのイキ方と同じですが、「両イキ」はタイミングも大切になってきます。

・「両イキ」する方法 ~バイブで外と中を同時に刺激~

バイブには、中を刺激してくれると同時に、クリトリスへの刺激もしてくれるものがあります。初めに、クリトリスへの刺激で、快感を受け入れる準備をしましょう。濡れてきたら、バイブを挿入して、まずは「中イキ」の感覚を意識します。

「中イキ」の感覚が高まってきたら、少しずつクリトリスへの刺激も増やしていき、「中イキ」のタイミングでクリトリスへの刺激も一気に強くします。同時にイク感覚が掴めてくると、ひとりエッチでも「両イキ」が上手にできるようになるはずです。

・「両イキ」する方法 ~挿入中、クリトリスに触れてもらう~

彼とのエッチなら、挿入中、彼にクリトリスを触ってもらうのがおすすめ。「中イキ」の感覚が近づいて来たら、おねだりしてみるのもいいかもしれません。

回数を重ねていけば、少しずつ刺激の順番やタイミングを彼にわかってもらえるかもしれません。「中イキ」も「外イキ」も、彼のコントロールに任せられるようになれば、感じることにたっぷり集中できるようになるでしょう。

両イキのまとめ

「両イキ」は、彼まかせでは難しいもの。自分のイク感覚をしっかり掴んで、彼とのエッチ中にいろいろ試してみましょう。

イク回数を重ねていけば、少しずつ刺激の順番やタイミングをパートナーにわかってもらえるかもしれません。「膣イキ」も「外イキ」も、相手のコントロールに任せられるようになれば、意識せずに「両イキ」できるようになります。気持ちいいポイントやタイミングを共有できれば、「外イキ」「中イキ」「両イキ」3つのオーガズムを自由自在に味わえるようになるはずです。

おすすめクリトリスバイブ

♥ 人気・注目のタグ(別サイトへジャンプ)

▼ライター:はろ。さんプロフィール

はろ。さん

10代の頃から様々なタイプの男性と経験があり、男性心理を理解して満足させるのが得意。ネガティブな経験も経て、デリケートな心を大切に、すべての女性が幸せになれることを願いながら、恋愛やエッチに関するコラムを執筆中。

関連ワード

LINE登録

エルラブ 帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

あなたの回答が記事になる!アンケート回答の募集

エッチ・ラブタイム
【女性に質問】同棲中のセックスの頻度はどれくらいですか?
エッチ・ラブタイム
元カレとセックスをしたことはありますか?
エッチ・ラブタイム
【女性に質問】セックスの練習の経験はありますか?
エッチ・ラブタイム
【女性に質問】パートナーは後戯(アフターセックス)を充分にしてくれますか?

男性の皆さまへ♪あなたの回答が記事になる!アンケート回答の募集

恋愛観・恋愛体験
【男性に質問】キスをする際、パートナーのキス顔を気にしますか?
恋愛観・恋愛体験
【男性に質問】女性に対し「経験豊富」だなと感じたことはありますか?
さくらの恋猫進化
人気の記事ランキング
  1. 手コキとフェラの合わせ技!口と手の両方で彼を攻める手技テク(技)
    1位 手コキとフェラの合わせ技!口と手の両方で彼を攻める手技テク(技)
  2. セックスは1日に何回する?一晩での回数や年代別によるエッチの頻度について
    2位 セックスは1日に何回する?一晩での回数や年代別によるエッチの頻度について
  3. ひとりエッチの気持ちいいやり方!ナカイキのコツなど女性のための初心者ガイド
    3位 ひとりエッチの気持ちいいやり方!ナカイキのコツなど女性のための初心者ガイド
  4. 本当の名器って何?快感を与える膣の作り方と名器かを女性が調べる方法
    4位 本当の名器って何?快感を与える膣の作り方と名器かを女性が調べる方法
  5. あそこの大きさの秘密!男性の体格とペニスのサイズじゃ関係あるの?
    5位 あそこの大きさの秘密!男性の体格とペニスのサイズじゃ関係あるの?
おすすめトピック

トピック一覧ページへ

新着情報

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

バックナンバー

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top