1. ラブリサーチ
  2. 小説

【蔦葛物語】第11話 几帳(きちょう)の綻び ~前編~


Feedly登録

2001.01.01

「吸茎」(きゅうけい)とは、フェラチオのことである。他に「口取り」、「雁が音」、「尺八」、「千鳥の曲」などとも言う。

日本でいつ頃からこの行為が一般化したのかは定かではない。平安時代に書かれた「日本霊異記」には、天竺(てんじく、インド)でのエピソードとして登場するから、その頃はまだ珍しかったのかもしれない。

いずれにせよ、江戸時代の文献には、普通に出てくるので、その頃には一般化していたのは確かである。

カトリックがフェラチオをタブーとしたので、欧米ではフェラチオは変態的行為とみなされることもある。またその影響か、戦前の日本では、フェラチオは商売女の技術とされ、素人が行うのは恥ずかしいこととされていたようだ。

***

私の口の中で、拾(じゅう)のものが次第に、大きさと硬さを取り戻していく。あれほど何度も果てたのに、すぐにたくましさを取り戻すのは、若さゆえであろうか。

「ああ、奥方さま…」

先端の割れ目にちろちろと舌を這わせると、せつない声と、わずかにしょっぱい津液(しんえき、カウパー氏腺液)が洩れた。

私は容赦せず、そのまま裏筋に舌を這わせた。びくびくと拾のものと、拾の体がそれぞれに脈動する。それが面白くて、私は今度は、音を立てながら、強く吸った。

拾と私は、もう一ヶ月も、このただれた暮らしを続けている。

夫はあれ以来訪ねて来ない。拾が集めてきた噂によると、「妻に追い出された情けない男」として、夫は世間の笑いものになっているようだ。

幸い、私と拾のことは、噂になってはいなかった。さしもの夫も、これ以上恥を重ねるのはしのびなく、口をつぐんでいるのだろう。

いつまでこの幸福な生活が続くのか、私は考えないようにしていた。たくわえは残り少ない。

いっそ京を離れようか、との思いも頭をよぎるが、地方に行ったとて、生活できるあてがあるわけでもない。

「蔦葛のお方さまのお宅は、こちらでしょうか」

問う声に、拾はあわてて体を離し、服を整えて出て行った。

(つづく)

▼ライター:DENNY喜多川さんプロフィール

LINE登録

エルラブ 帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

夜の道具箱
さくらの恋猫進化
人気の記事ランキング
  1. 手コキとフェラの合わせ技!口と手の両方で彼を攻める手技テク(技)
    1位 手コキとフェラの合わせ技!口と手の両方で彼を攻める手技テク(技)
  2. セックスは1日に何回する?一晩での回数や年代別によるエッチの頻度について
    2位 セックスは1日に何回する?一晩での回数や年代別によるエッチの頻度について
  3. ひとりエッチの気持ちいいやり方!ナカイキのコツなど女性のための初心者ガイド
    3位 ひとりエッチの気持ちいいやり方!ナカイキのコツなど女性のための初心者ガイド
  4. 本当の名器って何?快感を与える膣の作り方と名器かを女性が調べる方法
    4位 本当の名器って何?快感を与える膣の作り方と名器かを女性が調べる方法
  5. あそこの大きさの秘密!男性の体格とペニスのサイズじゃ関係あるの?
    5位 あそこの大きさの秘密!男性の体格とペニスのサイズじゃ関係あるの?
おすすめトピック

トピック一覧ページへ

新着情報

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

バックナンバー

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top