1. ラブリサーチ
  2. 小説

【蔦葛物語】第13話 とりかへばや ~前編~


Feedly登録

2001.01.01

平安時代の女性の装束と言えば、まずは「十二単衣」(じゅうにひとえ)を想像されるであろう。袴、単(ひとえ)、袿(うちき)、打絹(うちぎぬ)、表着(うわぎ)、裳(も)、唐衣(からぎぬ)と、重ねて着るので、十二単衣と呼ばれた。本当に十二枚着ているわけではない。

この十二単衣、またの名を裳唐絹(もからぎぬ)は正装であって、ハレの日や、宮廷に出仕する時などに、身分の高い女性が着るものであった。

平時の衣装は、袿姿(うちきすがた)と呼ばれるもので、袴の上に単、その上に何枚か袿を重ね、一番上の袿は、豪華なものを着る。

***

「回ってみせて」

私に言われるままに、拾(じゅう)はくるくると回ってみせた。重なった袿が、拾が回るのにつれて、ひらひらと舞う。

「よく似合っているわ」

拾は顔を赤くした。その長髪は、もちろんカツラだ。

「これでどこからどう見ても、立派な侍女ね」

どうしてこんなことになったのかというと、こういうことだ。中将の君からの文には、ただ短歌が一編、書かれているだけであった。

「時鳥(ほととぎす) なくやさ月のあやめ草 あやめもしらぬ 恋もするかな」

はじめての文としてはぶしつけなくらい、直接的な恋の歌であった。信じられないが、中将の君は、私に恋をしたらしいのだ。文には、高価な香が焚きしめてあった。中将の君は、どうやら本気らしい。それからというもの、敷物や腰掛け、厨子(ずし)など、高価な贈り物が、毎日届けられた。

おろおろするばかりの私のもとへ、ついに侍女が

「明日より出仕いたします」

と来るに至って、私は一つの決意をした。侍女が来れば、私の身の回りの面倒は、侍女がみることになる。今までのように、拾に身の回りのことをしてもらう訳にはいかなくなるから、拾と自由に戯れることもできなくなる。そんなのはいやだ。

その時、私に天啓が訪れた。拾を、私の侍女にしてしまえばいいのだ。中将の君のつかわした侍女にも働いてもらうが、そうすれば今まで通り、拾と一緒に居られる。

そんなわけで、侍女の格好をさせられた拾は、恥ずかしげに立っていた。と、

「ごめんくださいまし」

中将の君のつかわした侍女がやってきた。私は何気なく、彼女に拾を紹介した。

「この子は拾。私の身の回りの世話は、基本的に彼女がするから、あなたは家のことをやってちょうだい」

「蝶と申します。かしこまりました」

蝶と名乗った侍女は、拾の正体に何の疑いも抱くことなく、自分の仕事をはじめた。

(つづく)

▼ライター:DENNY喜多川さんプロフィール

LINE登録

エルラブ 帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

さくらの恋猫進化
人気の記事ランキング
  1. 手コキとフェラの合わせ技!口と手の両方で彼を攻める手技テク(技)
    1位 手コキとフェラの合わせ技!口と手の両方で彼を攻める手技テク(技)
  2. セックスは1日に何回する?一晩での回数や年代別によるエッチの頻度について
    2位 セックスは1日に何回する?一晩での回数や年代別によるエッチの頻度について
  3. ひとりエッチの気持ちいいやり方!ナカイキのコツなど女性のための初心者ガイド
    3位 ひとりエッチの気持ちいいやり方!ナカイキのコツなど女性のための初心者ガイド
  4. 本当の名器って何?快感を与える膣の作り方と名器かを女性が調べる方法
    4位 本当の名器って何?快感を与える膣の作り方と名器かを女性が調べる方法
  5. あそこの大きさの秘密!男性の体格とペニスのサイズじゃ関係あるの?
    5位 あそこの大きさの秘密!男性の体格とペニスのサイズじゃ関係あるの?
おすすめトピック

トピック一覧ページへ

新着情報

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

バックナンバー

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top