1. ラブリサーチ
  2. 小説

【蔦葛物語】第14話 とりかへばや ~後編~

Feedly登録

2001.01.01

「とりかへばや物語」とは、平安後期に成立した物語である。女性的な性格の男児と、男性的な性格の女児がいた。どちらが兄か姉かについての記述はないから、双子だったのかもしれない。

彼らはその性格のまま成長し、男児は女房として宮廷に出仕、女児も若君として宮廷に出仕する。そしてそれぞれ、正体を知った相手と恋に落ち、女児はついに身ごもってしまい、男児も正体がバレそうになって、窮地に陥る。

結局彼らは、互いに入れ替わって、男児は若君として、女児は姫君として、それぞれ栄達と幸せをつかむという物語である。

生まれ持った性格よりも、生まれ持った性別の方が勝利するというこの結末は、ジェンダーが多様化した現代においては、物足りなくも感じられる。しかし、物語が今の形にまとめられるまでには、幾度もの改変を経ているので、あるいは二人が、それぞれ内面の性別に従って幸せをつかむエンディングも、存在したかもしれない。

***

私は、侍女の装束に身を包んだ拾(じゅう)をじっと見る。恥ずかしげな拾が、本当に可愛い。

「とても男の子には見えないわ」

私が言うと、

「私は男の子にございます」

口を尖らせる拾が、本当に可愛い。私は、拾の背中に回り込むと、そっと拾を抱き締め、その男性自身に手を伸ばした。

「そうね。ここは確かに男の子だわ」

そこは、私の手の中でむくむくと大きさと硬さを増していった。

「ああ、奥方さま…」

「女の子の格好をして、ここをこんなにしているなんて、なんていけない子かしら」

私がちょっと強めに彼自身を握りしめると、拾の全身がびくっと震えた。竿を握り、ゆっくりと上下に動かす。先端からにじみ出た汁を手のひらにつけ、亀頭を撫でさする。

「いけません、奥方さま、このままでは…」

「そうね。このままだと、袴が汚れてしまうわね。だけど…」

私は、彼の耳たぶを、軽く噛みながら囁く。

「汚しておしまいなさい。そして、あの、何も知らない女に、洗わせてやりましょうよ」

「あっ!!」

ほとばしったものは、私の手と、拾の袴を濡らした。私は、拾に見せつけるようにして、指に粘り付く拾の情熱のほとばしりを、舐めて見せた。

(つづく)

▼ライター:DENNY喜多川さんプロフィール

関連ワード

LINE登録

エルラブ 帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

あなたの回答が記事になる!アンケート回答の募集

恋愛観・恋愛体験
【女性に質問】運命の出会いはあると思いますか?
恋愛観・恋愛体験
【上京経験者に質問】上京したてのころ、恋愛にまつわる失敗経験はありますか?
エッチ・ラブタイム
【女性に質問】ラブタイムの時、どちらの下着から脱ぎますか?
彼・パートナーとの関係
動物を飼っているパートナーと付き合ったことはありますか?
2019決算セール
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気の記事ランキング
  1. 「ときめき不感症」になってない!?運命の出会いに繋げるときめきトレーニング
    1位 「ときめき不感症」になってない!?運命の出会いに繋げるときめきトレーニング
  2. エッチ初体験は皆どうだった?痛かった?年齢や場所など統計を公開!
    2位 エッチ初体験は皆どうだった?痛かった?年齢や場所など統計を公開!
  3. 「俺のものになれよ…」俺様彼氏との秘密のプレイが刺激的な官能体感コンテンツ2選
    3位 「俺のものになれよ…」俺様彼氏との秘密のプレイが刺激的な官能体感コンテンツ2選
  4. そうだったの?1年で1番ラブグッズ(バイブ)が売れる月は?
    4位 そうだったの?1年で1番ラブグッズ(バイブ)が売れる月は?
  5. スリル満点!「さくらの恋猫」が叶えるあんなところでエッチ体験
    5位 スリル満点!「さくらの恋猫」が叶えるあんなところでエッチ体験
おすすめトピック

トピック一覧ページへ

新着情報

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
page top