1. ラブリサーチ
  2. 小説

【蔦葛物語】第14話 とりかへばや ~後編~


Feedly登録

2001.01.01

「とりかへばや物語」とは、平安後期に成立した物語である。女性的な性格の男児と、男性的な性格の女児がいた。どちらが兄か姉かについての記述はないから、双子だったのかもしれない。

彼らはその性格のまま成長し、男児は女房として宮廷に出仕、女児も若君として宮廷に出仕する。そしてそれぞれ、正体を知った相手と恋に落ち、女児はついに身ごもってしまい、男児も正体がバレそうになって、窮地に陥る。

結局彼らは、互いに入れ替わって、男児は若君として、女児は姫君として、それぞれ栄達と幸せをつかむという物語である。

生まれ持った性格よりも、生まれ持った性別の方が勝利するというこの結末は、ジェンダーが多様化した現代においては、物足りなくも感じられる。しかし、物語が今の形にまとめられるまでには、幾度もの改変を経ているので、あるいは二人が、それぞれ内面の性別に従って幸せをつかむエンディングも、存在したかもしれない。

***

私は、侍女の装束に身を包んだ拾(じゅう)をじっと見る。恥ずかしげな拾が、本当に可愛い。

「とても男の子には見えないわ」

私が言うと、

「私は男の子にございます」

口を尖らせる拾が、本当に可愛い。私は、拾の背中に回り込むと、そっと拾を抱き締め、その男性自身に手を伸ばした。

「そうね。ここは確かに男の子だわ」

そこは、私の手の中でむくむくと大きさと硬さを増していった。

「ああ、奥方さま…」

「女の子の格好をして、ここをこんなにしているなんて、なんていけない子かしら」

私がちょっと強めに彼自身を握りしめると、拾の全身がびくっと震えた。竿を握り、ゆっくりと上下に動かす。先端からにじみ出た汁を手のひらにつけ、亀頭を撫でさする。

「いけません、奥方さま、このままでは…」

「そうね。このままだと、袴が汚れてしまうわね。だけど…」

私は、彼の耳たぶを、軽く噛みながら囁く。

「汚しておしまいなさい。そして、あの、何も知らない女に、洗わせてやりましょうよ」

「あっ!!」

ほとばしったものは、私の手と、拾の袴を濡らした。私は、拾に見せつけるようにして、指に粘り付く拾の情熱のほとばしりを、舐めて見せた。

(つづく)

▼ライター:DENNY喜多川さんプロフィール

LINE登録

エルラブ 帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

夜の道具箱
さくらの恋猫進化
人気の記事ランキング
  1. 手コキとフェラの合わせ技!口と手の両方で彼を攻める手技テク(技)
    1位 手コキとフェラの合わせ技!口と手の両方で彼を攻める手技テク(技)
  2. セックスは1日に何回する?一晩での回数や年代別によるエッチの頻度について
    2位 セックスは1日に何回する?一晩での回数や年代別によるエッチの頻度について
  3. ひとりエッチの気持ちいいやり方!ナカイキのコツなど女性のための初心者ガイド
    3位 ひとりエッチの気持ちいいやり方!ナカイキのコツなど女性のための初心者ガイド
  4. 本当の名器って何?快感を与える膣の作り方と名器かを女性が調べる方法
    4位 本当の名器って何?快感を与える膣の作り方と名器かを女性が調べる方法
  5. あそこの大きさの秘密!男性の体格とペニスのサイズじゃ関係あるの?
    5位 あそこの大きさの秘密!男性の体格とペニスのサイズじゃ関係あるの?
おすすめトピック

トピック一覧ページへ

新着情報

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

バックナンバー

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
LC採用
page top