1. ラブリサーチ
  2. 小説
  3. 三日月の夜、星になりたい6話

連続官能小説『三日月の夜、星になりたい』第6話~エッチのシミュレーション~

Feedly登録

2018.11.22

ベッドインする美知留と凪

美佳子は夫と別居したままパート先に実家から通い始めた。あのノーパンで面接に行こうとした会社に採用されたのだ。男性用化粧品の営業。存分に営業力を発揮して仕事を楽しんでいる。美佳子は毎晩寝る前、美知留に恋の手ほどきレッスンをするが凪との付き合いにはいい顔をしない。

「何回かデートしたからって本気になっちゃだめ。よりによって俳優の卵なんて好きになっちゃうなんてねえ。売れたら周りは敵だらけ。役者だからさ、言葉もうまいしね。薄っぺらい愛の台詞がペラペラ出てくるんじゃない?」

「もう、おねえちゃん、セミナー行って見つけろって言ったのおねえちゃんじゃない。せっかく見つけたんだから応援してよ」

「ほかのビジネスマンの名刺ももらったんでしょ。地に足がついた職業の男はいなかったの?」

「ええ?そんな硬いこと、おねえちゃんが言う?いいじゃない。顔も好みだし。誠実そうだし」

「誠実?それは芝居よ。んなわけないじゃない。アイドル顔なんでしょ」

美佳子はほかを探せと言い切る。

「キスだけにしときなさいよ」

「やだ。キスとセックスはワンセットって言ってたくせに。そろそろときめくようなエッチ体験していいでしょ、私もおねえちゃんみたいに色っぽくなりたいよ

「そのアイドル顔が過去のしょぼいエッチ体験を忘れさせてくれればいいけど」

「だから、どうすればいい?ホテル誘われたら…そろそろ…

美佳子は説得をあきらめたのか、クスっと笑って肩をすくめる。

「しょうがないわね。耳たぶと肩にキスして、そのあと乳首攻めてみて。それでどんな声出すか確かめて。無表情だったら主導権をあっちに渡す。美知留が徹底的にM女になる」

「むずかしいね。そんなこと冷静にできるかな」

相手が攻めたいタイプか、女に攻められたいタイプか見極めなさい。攻める男なら、あなたのアソコを舐めたくなるから、きれいに洗っときなさいよ」

ついに凪とお泊りデートの約束をした。前日、美知留はセックスの準備に精を出す。美佳子に言われたことを順を追って思い出す。お風呂でムダ毛の処理をする。美佳子が言うようにいろんな所を舐められたらどうしよう。

ジャムウ・ハーバルソープでアソコを洗う美知留

臭いの元を泡い流せる「ジャムウ・ハーバルソープ」を泡立てて、アソコに泡を乗せる。ほんわりした柔らかい泡が気持ちいい。中指を使って少しアソコを愛撫してみる。

「あんっ」

キュっと腰骨が立つ。ここに凪の一部が入ると想像するだけで、入り口がグイっと締まる気がする。足の指やワキを舐める男もいると美佳子に聞いたので、臭いが気になる足やワキにもジャムウの泡を乗せる。白く小さい足の小指を凪は口に含んでくれるだろうか。3分間泡パックをしている間、ふくらはぎを少しでも細くしたいと、熱心にマッサージした。

ぬるめのお湯に肩までつかり、両手でおっぱいを持ち上げる。親指の腹でグっと押すとキュルッと指を持ち上げるほどの弾力。

「ああ、ドキドキする…何年ぶりに男の人におっぱい触られるんだろう

過去二回の黒歴史をきっと凪が塗り替えてくれる、期待でおっぱいが震えた気がした。ういういしい薄桃色の乳首が凪にキスされるのを早く早くと待ち構えている。

洋風居酒屋で待ち合わせ。凪はまた二十分ほど遅れてやって来た。ウェブ用の写真撮影が長引いたと言う。またも完璧な笑顔を見せる。口角を上げる角度も眉毛のカーブも美知留好み。きれいなアイドル顔。時間がルーズだからと美知留は怒ることもない。きれいな顔でゴメンとあやまられると苛立ちは即刻かき消される。

「お疲れ様。凪くん」とグラスを突き出す。こんな猫なで声がとっさに出るんだと自分で驚く。男に甘える声、媚びる声、理帆が電話でよく相手の男に発している女声。

予想通り、三時間後、二人はシティホテルのベッドの上にいた。少し狭いセミダブルのベッド。何度もシミュレーションしたはずなのに美知留はガチガチに緊張していた。

ベッドインする美知留と凪

薄灯りの中で凪の動きがはっきり見える。舞台を見ているような気になる。シャツを脱いだ凪の胸板は思ったより厚くガシッとしている。王子様。きれい。見つめているだけで酔ってしまう。耳たぶと肩と…あれ、どの順番にキスすればよかったっけ。混乱してぎこちない動きになる。凪が動揺している美知留のバスローブをバっと脱がせ、胸のてっぺんを噛み付くようにガブリと頬張る。待ち望んだキスのはずなのに。

「あっ、痛い…」

美知留の声が聞こえないのか、凪は今度は美知留のアソコの入り口を指でこじ開け、いきなり入ってこようとする。

「うそ!」

(つづく)

<バックナンバー一覧はこちら

関連記事

●イラスト:フジワラアイ

ジャムウLP

ムーンライトノベルズ小説コンテスト

▼ライター:三松真由美さんプロフィール

三松真由美さん

恋人・夫婦仲相談所所長、通称すずね所長・コラムニスト

元主婦マーケティングの会社経営。
夫婦仲に悩む女性会員1万2千名を集め「ニッポンの結婚・夫婦仲」を真剣に考えるコミュニティを展開中。「ED」「セックスレス」「アンチエイジング」「再婚」「若い世代のエッチ」などのテーマを幅広く考察。

マスコミ取材も多く、恋愛・夫婦仲コメンテーターとして着実に歩んでいる。日本性科学会会員。ED診療ガイドライン制作委員。著書「新・抱かない男の見分け方」(スターツ出版)他多数。

▼三松真由美さんのサイトはこちら

関連ワード

LINE登録

エルラブ 帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

あなたの回答が記事になる!アンケート回答の募集

恋愛観・恋愛体験
【女性に質問】自分の恋愛に自信はありますか?
恋愛観・恋愛体験
【女性に質問】猫っぽい男性(ツンデレ、セクシー、陰キャラ)と付き合ってドキドキしたエピソードはありますか?
恋愛観・恋愛体験
【上京経験者に質問】上京したてのころ、恋愛にまつわる失敗経験はありますか?
エッチ・ラブタイム
彼へのボディタッチからエッチな展開になったことは?
彼・パートナーとの関係
動物を飼っているパートナーと付き合ったことはありますか?
フルーツパーラー
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気の記事ランキング
  1. そうだったの?1年で1番ラブグッズ(バイブ)が売れる月は?
    1位 そうだったの?1年で1番ラブグッズ(バイブ)が売れる月は?
  2. エッチ初体験は皆どうだった?痛かった?年齢や場所など統計を公開!
    2位 エッチ初体験は皆どうだった?痛かった?年齢や場所など統計を公開!
  3. 「俺のものになれよ…」俺様彼氏との秘密のプレイが刺激的な官能体感コンテンツ2選
    3位 「俺のものになれよ…」俺様彼氏との秘密のプレイが刺激的な官能体感コンテンツ2選
  4. フェラのとき「おいしい?」と聞かれたらどうする?彼が喜ぶ「おいしい」の返答3つ
    4位 フェラのとき「おいしい?」と聞かれたらどうする?彼が喜ぶ「おいしい」の返答3つ
  5. スリル満点!「さくらの恋猫」が叶えるあんなところでエッチ体験
    5位 スリル満点!「さくらの恋猫」が叶えるあんなところでエッチ体験
おすすめトピック

トピック一覧ページへ

新着情報

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
page top