1. ラブリサーチ
  2. 小説

小説

夜にこっそり読みたい恋愛官能小説。ドキドキ、キュンキュン、もぞもぞ。今夜はどの小説を読む?

844件中 1〜20件を表示

【蔦葛物語】第10話 美斗能麻具波比(みとのまぐはい) ~後編~

「『古事記』に諾冊二尊が美斗能麻具波比(みとのまぐはい)を為し給へりと云ふ事あり。「美斗」は御所(みと)(寝室)にて、「麻」はうまく、「具波比」はくひあひ(交…

2001/01/01

【蔦葛物語】第11話 几帳(きちょう)の綻び ~前編~

「吸茎」(きゅうけい)とは、フェラチオのことである。他に「口取り」、「雁が音」、「尺八」、「千鳥の曲」などとも言う。 日本でいつ頃からこの行為が一般化したの…

2001/01/01

【蔦葛物語】第12話 几帳(きちょう)の綻び ~後編~

基本的にワンルーム構造であった平安貴族の邸宅は、生活に便利なように、几帳をはじめとする、さまざまな屏障具(へいしょうぐ)で仕切って使われた。 屏風や障子(…

2001/01/01

【蔦葛物語】第13話 とりかへばや ~前編~

平安時代の女性の装束と言えば、まずは「十二単衣」(じゅうにひとえ)を想像されるであろう。袴、単(ひとえ)、袿(うちき)、打絹(うちぎぬ)、表着(うわぎ)、裳(…

2001/01/01

【蔦葛物語】第14話 とりかへばや ~後編~

「とりかへばや物語」とは、平安後期に成立した物語である。女性的な性格の男児と、男性的な性格の女児がいた。どちらが兄か姉かについての記述はないから、双子だったの…

2001/01/01

【蔦葛物語】第15話 巴取り(ともえどり) ~前編~

巴取りとは、現代で言うシックスナインのことである。二つ巴ともいう。平安時代には、すでにこの名が付いていたようだ。口を用いて性器を愛撫するかたちが発見されるとほ…

2001/01/01

【蔦葛物語】第16話 巴取り(ともえどり)~後編~

文(手紙)のことを、消息とも呼ぶ。電話やメールのない平安時代、離れた相手に意志を伝える、唯一の方法が消息であった。 郵便制度も、もちろんないから、自分の召人を…

2001/01/01

【蔦葛物語】第17話 御帳台(みちょうだい) 前編

平安時代の貴族階級では、実情としては一夫多妻であったが、制度的には一夫一妻であった。正式な婚姻は、双方の両親の話し合いで決められるのが普通であり、恋愛結婚は基…

2001/01/01

【蔦葛物語】第18話 御帳台(みちょうだい) 後編【蔦葛物語 第九夜】

御帳台とは、屋根のある、日本式の寝台である。屋根は障子で、床は畳、三方に几帳、正面に御簾が垂らしてある。 以前の回でも書いたが、高貴の女性が、この御簾を上…

2001/01/01

【蔦葛物語】第19話 心づくしの秋 前編

木の間より もりくる月の かげ見れば 心づくしの 秋は来にけり 詠み人知らずのこの歌は、月の美しさを歌った、最も早い時期の歌の一つである。「心づくし」とは…

2001/01/01

仲のいい男女

男はハンター!「付き合っても追いかけられる女」になるには●●を刺激せよ!

≪女性にQuestion!≫ 男性と出会った当初、「ちょっと困ったけど正直嬉しかったこと」は何ですか? A①:「頻繁にデートのお誘いが来て、…

【蔦葛物語】第1話 蔦葛(つたかずら) ~前編~

平安の世の恋は、互いの顔も知らぬところからはじまる。侍女や召人たちから、聞くともなしに聞く噂。名も知らぬ姫君に、公達は名乗ることもせずに文を送る。時には歌を、…

2001/01/01

【蔦葛物語】第20話 心づくしの秋 ~後編~

『源氏物語』は、平安時代に紫式部が書いたとされる、世界最古の長編小説である。 主人公の、光源氏の君は、桐壺帝の皇子として生まれるが、占いの結果を受けて、皇…

2001/01/01

【蔦葛物語】第21話 紅葉狩の影で… ~前編~

被衣とは、女性が徒歩や騎馬で外出する際に、顔が見えないように被る、袿 (うちき)や単(ひとえ)のことである。後年には、被衣用に着物をあつらえるようになった。 …

2001/01/01

【蔦葛物語】第23話 紅葉狩の影で… ~後編~

紅葉狩りや桜狩り(花見)は、平安時代には、すでに行楽として確立していた。 『伊勢物語』百六段には、紅葉狩りで 「親王(みこ)たちの逍遥したまふ」さまが描かれて…

2001/01/01

【蔦葛物語】第24話 二日目、そして三日目 ~前編~

平安時代の双六は、現代のそれとはかなり違う。インドから伝来した双六は、どちらかというと、現代のバックギャモンに近いゲームである。 互いに黒と白の石を十五個ずつ…

2001/01/01

【蔦葛物語】第25話 二日目、そして三日目 ~後編~

平安時代の結婚には二種類あった。 一つは親同士の決めた結婚で、正式な儀式によって執り行われる。 本人同士の 恋愛による結婚は、一般には婿取り婚で、男性が三夜連…

2001/01/01

【蔦葛物語】第26話 後宮にて ~前編~

江戸時代の大奥は男子禁制の場であったが、平安時代の後宮は、男子も出入り する場所であり、文化サロンとしての機能 も果たしていた。 天皇の寵姫たちは、寵愛を求め…

2001/01/01

【蔦葛物語】第27話 後宮にて ~後編~

末摘花とは、源氏物語のサブヒロインの一人である。 「素晴らしく美しく、教養のある姫君が落ちぶれて暮らしている」 との噂を聞きつけた光源氏は、早速、夜這いしても…

2001/01/01

【蔦葛物語】第28話 清少納言の秘密 ~前編~

「枕草紙」で知られる清少納言は、優れた教養人として、中宮定子に仕えた女官であったが、同時に、ライフスタイルにうるさい、恋多き女でもあった。 ちょうど、「セック…

2001/01/01

あなたの回答が記事になる!アンケート回答の募集

恋愛観・恋愛体験
【女性に質問】プレゼントは、「サプライズでもらう」のと「一緒に買いに行く」のどちらがよいですか?
恋愛観・恋愛体験
【女性に質問】メイク中の顔を、彼に見せられますか?
美容・ボディケア
【女性に質問】口元で最も気になるのはどこですか?
エッチ・ラブタイム
【女性に質問】セックスのとき、男性の体毛は気になりますか?

男性の皆さまへ♪あなたの回答が記事になる!アンケート回答の募集

恋愛観・恋愛体験
【男性に質問】彼女のキス顔を見て幻滅したことはありますか?
恋愛観・恋愛体験
【男性に質問】彼女からキスをおねだりされると嬉しいですか?
グレープ2018
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気の記事ランキング
  1. 『混浴温泉』ってどんなところ?デートでの楽しみ方と注意点
    1位 『混浴温泉』ってどんなところ?デートでの楽しみ方と注意点
  2. 濡れ過ぎじゃない!彼の興奮が止まらなくなるほど感じるセックスの秘密【PR】
    2位 濡れ過ぎじゃない!彼の興奮が止まらなくなるほど感じるセックスの秘密【PR】
  3. これぞ一体感!締まりが良ければ彼氏のアソコのこんなことまでわかる!
    3位 これぞ一体感!締まりが良ければ彼氏のアソコのこんなことまでわかる!
  4. セックスで感じなくて気持ちよくないのはなぜ?エッチの時に膣内で気持ちよくなる方法
    4位 セックスで感じなくて気持ちよくないのはなぜ?エッチの時に膣内で気持ちよくなる方法
  5. 女性には4種類のオーガズム(オルガズム)がある!それぞれのオーガズムを解説!
    5位 女性には4種類のオーガズム(オルガズム)がある!それぞれのオーガズムを解説!
おすすめトピック

トピック一覧ページへ

新着情報

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

バックナンバー

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
page top