1. ラブリサーチ
  2. 小説

小説

夜にこっそり読みたい恋愛官能小説。ドキドキ、キュンキュン、もぞもぞ。今夜はどの小説を読む?

858件中 21〜40件を表示

【蔦葛物語】第15話 巴取り(ともえどり) ~前編~

巴取りとは、現代で言うシックスナインのことである。二つ巴ともいう。平安時代には、すでにこの名が付いていたようだ。口を用いて性器を愛撫するかたちが発見されるとほ…

2001/01/01

【蔦葛物語】第16話 巴取り(ともえどり)~後編~

文(手紙)のことを、消息とも呼ぶ。電話やメールのない平安時代、離れた相手に意志を伝える、唯一の方法が消息であった。 郵便制度も、もちろんないから、自分の召人を…

2001/01/01

【蔦葛物語】第17話 御帳台(みちょうだい) 前編

平安時代の貴族階級では、実情としては一夫多妻であったが、制度的には一夫一妻であった。正式な婚姻は、双方の両親の話し合いで決められるのが普通であり、恋愛結婚は基…

2001/01/01

【蔦葛物語】第18話 御帳台(みちょうだい) 後編【蔦葛物語 第九夜】

御帳台とは、屋根のある、日本式の寝台である。屋根は障子で、床は畳、三方に几帳、正面に御簾が垂らしてある。 以前の回でも書いたが、高貴の女性が、この御簾を上…

2001/01/01

【蔦葛物語】第19話 心づくしの秋 前編

木の間より もりくる月の かげ見れば 心づくしの 秋は来にけり 詠み人知らずのこの歌は、月の美しさを歌った、最も早い時期の歌の一つである。「心づくし」とは…

2001/01/01

【蔦葛物語】第1話 蔦葛(つたかずら) ~前編~

平安の世の恋は、互いの顔も知らぬところからはじまる。侍女や召人たちから、聞くともなしに聞く噂。名も知らぬ姫君に、公達は名乗ることもせずに文を送る。時には歌を、…

2001/01/01

【蔦葛物語】第20話 心づくしの秋 ~後編~

『源氏物語』は、平安時代に紫式部が書いたとされる、世界最古の長編小説である。 主人公の、光源氏の君は、桐壺帝の皇子として生まれるが、占いの結果を受けて、皇…

2001/01/01

【蔦葛物語】第21話 紅葉狩の影で… ~前編~

被衣とは、女性が徒歩や騎馬で外出する際に、顔が見えないように被る、袿 (うちき)や単(ひとえ)のことである。後年には、被衣用に着物をあつらえるようになった。 …

2001/01/01

【蔦葛物語】第23話 紅葉狩の影で… ~後編~

紅葉狩りや桜狩り(花見)は、平安時代には、すでに行楽として確立していた。 『伊勢物語』百六段には、紅葉狩りで 「親王(みこ)たちの逍遥したまふ」さまが描かれて…

2001/01/01

【蔦葛物語】第24話 二日目、そして三日目 ~前編~

平安時代の双六は、現代のそれとはかなり違う。インドから伝来した双六は、どちらかというと、現代のバックギャモンに近いゲームである。 互いに黒と白の石を十五個ずつ…

2001/01/01

淡白エッチを脱出した女性

「本当に私のこと好き?」淡泊すぎる彼を野獣へと豹変させる方法

男性の「したい」スイッチを入れるには、嗅覚を刺激すべし! LCラブコスメが男性を対象におこなったアンケートでは、92%もの男性が「…

【蔦葛物語】第25話 二日目、そして三日目 ~後編~

平安時代の結婚には二種類あった。 一つは親同士の決めた結婚で、正式な儀式によって執り行われる。 本人同士の 恋愛による結婚は、一般には婿取り婚で、男性が三夜連…

2001/01/01

【蔦葛物語】第26話 後宮にて ~前編~

江戸時代の大奥は男子禁制の場であったが、平安時代の後宮は、男子も出入り する場所であり、文化サロンとしての機能 も果たしていた。 天皇の寵姫たちは、寵愛を求め…

2001/01/01

【蔦葛物語】第27話 後宮にて ~後編~

末摘花とは、源氏物語のサブヒロインの一人である。 「素晴らしく美しく、教養のある姫君が落ちぶれて暮らしている」 との噂を聞きつけた光源氏は、早速、夜這いしても…

2001/01/01

【蔦葛物語】第28話 清少納言の秘密 ~前編~

「枕草紙」で知られる清少納言は、優れた教養人として、中宮定子に仕えた女官であったが、同時に、ライフスタイルにうるさい、恋多き女でもあった。 ちょうど、「セック…

2001/01/01

【蔦葛物語】第29話 清少納言の秘密 ~後編~

中宮定子(一条定子)は、藤原道長の兄、道隆の娘で、一条天皇の寵愛が、最も篤かった女性である。 しかし、道長と道隆の政権抗争に巻き込まれ、一度は出家して、宮廷を…

2001/01/01

【蔦葛物語】第2話 蔦葛(つたかずら) ~後編~

平安時代、親子でもなければ、諱(いみな)を呼び合うことなどなかった。だから彼女も、「蔦葛の方」とだけ呼ばれている。 この時代、婚姻は通い婚であり、夫が妻の家…

2001/01/01

【蔦葛物語】第30話 権力者に無理やり… ~前編~

政治家としては藤原道長、文化人としては、清少納言・紫式部・和泉式部などが活躍したこの時代は、まさに平安文化・宮廷文化が花開いた時代であった。 時の帝は、一…

2001/01/01

【蔦葛物語】第31話 権力者に無理やり… ~後編~

「この世をば我が世とぞ思ふ望月の欠けたこともなしと思へば」 の歌で知られる藤原道長は、自分の娘を三代の天皇に続けて嫁がせ、自分の孫を後一条天皇として即位させた…

2001/01/01

【蔦葛物語】第32話 前立腺 ~前編~

肛門は、本来ペニスを受け入れる場所ではない。 日本には、少なくとも平安時代から、肛門性交を含む男色が存在したが、その技法の中には、スムーズにペニスを挿入するた…

2001/01/01

あなたの回答が記事になる!アンケート回答の募集

恋愛観・恋愛体験
【女性に質問】運命の出会いはあると思いますか?
恋愛観・恋愛体験
【上京経験者に質問】上京したてのころ、恋愛にまつわる失敗経験はありますか?
エッチ・ラブタイム
【女性に質問】ラブタイムの時、どちらの下着から脱ぎますか?
彼・パートナーとの関係
動物を飼っているパートナーと付き合ったことはありますか?
2019決算セール
さくらの恋猫進化
★注目!今だけの特別企画
専門家からじっくり学ぶ!
人気の記事ランキング
  1. 「ときめき不感症」になってない!?運命の出会いに繋げるときめきトレーニング
    1位 「ときめき不感症」になってない!?運命の出会いに繋げるときめきトレーニング
  2. エッチ初体験は皆どうだった?痛かった?年齢や場所など統計を公開!
    2位 エッチ初体験は皆どうだった?痛かった?年齢や場所など統計を公開!
  3. 「俺のものになれよ…」俺様彼氏との秘密のプレイが刺激的な官能体感コンテンツ2選
    3位 「俺のものになれよ…」俺様彼氏との秘密のプレイが刺激的な官能体感コンテンツ2選
  4. そうだったの?1年で1番ラブグッズ(バイブ)が売れる月は?
    4位 そうだったの?1年で1番ラブグッズ(バイブ)が売れる月は?
  5. スリル満点!「さくらの恋猫」が叶えるあんなところでエッチ体験
    5位 スリル満点!「さくらの恋猫」が叶えるあんなところでエッチ体験
おすすめトピック

トピック一覧ページへ

新着情報

トキメキ沢山!LCの無料H漫画&小説

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

LCとは
page top